今日は、観劇会で『しょうじょうじのたぬきばやし』を上演していただきました。

朝から子ども達は、「今日は劇があるね」、「楽しみ」と笑顔で登園していました。

 

劇の準備が整い、2階へ移動すると普段と違う室内の様子に子ども達の表情は期待でいっぱいでした。

劇団の方が、パペット劇や約束事をすると大きな笑い声がでて、和やかな雰囲気で始まりました。

 

 

上演中は、歌を歌ったり、人形の動きに驚いたりしながら観ていました。

また、物語の中のたぬき達の動きに夢中になって、手拍子をして楽しみました。

 

最後は、劇団員の方の紹介があり、みんなでお礼を言って終わりました。

劇が終わり部屋を移動するときは、扉口に人形たちがお見送りをしてくれ、子ども達はとても興味津々に触っていました。とても楽しい時間を過ごすことができました。

劇のお話の中で、悪いことをした時は、心を改めて素直に謝ることや、周りを思いやる優しい気持ちが大事だと教えてくれました。

今後も園では、劇の内容を生かして子ども達の優しさや感性を育てられるようにしていきたいと思います。

 

担当:米田