第4回もりんぴっく

テーマ:

 本日は、第4回もりんぴっくを行いました。

 

 

 プログラム1番開会式では、はじまりの言葉を園児を代表してぞう組が言いました。

「今から第4回もりんぴっくを始めます」と元気よく、もりんぴっくがスタートしました。

 

 

 

 

 プログラム2番準備体操では、「ようかい体操第一」を踊りました。

朝一番でしたが、とても元気に体を動かしのびのびと体操をしました。

 

 

 プログラム3番ぞう組かけっこでは、トラックを一周走り、ゴールで保護者にギューっと抱きしめてもらいました。

ぞう組の走りはとても白熱して、ぞう組らしい立派な走りでした。

 

 

 

 プログラム4番りす組かけっこでは、大好きな保護者の元まで一生懸命に走りました。泣きながら走る子や笑顔で走る子などそれぞれで可愛らしかったです。

 

 

 

 プログラム5番玉入れでは、こあら組~ぞう組までの子どもたちが異年齢で4グループに分かれて行いました。

一生懸命に玉を投げ、かごに入れていました。玉の片付けも協力してできました。

 

 

 

 プログラム6番りす組とこあら組の遊戯では、「チェッコリ」を踊りました。子どもたちが、楽しく口ずさみながら踊っていました。途中、動物になりきって模倣する姿も上手でした。

 

 

 

 

 プログラム7番ひよこ組親子競技では、大好きなおもちゃを目指してハイハイや歩いてそれぞれゴールしました。

 

 

 

 

 プログラム8番こあら組かけっこでは、元気に返事をして保護者の元まで走り、笑顔でハグをしてもらいました。

 

 

 プログラム9番保護者競技では、「サイコロダッシュ」を行いました。サイコロを転がし、出た目の数でコーンを回り、次の人にバトンを繋いでいきました。どのチームも全力で走り、熱い戦いが繰り広がりました。多くのご参加ありがとうございました。

 

 

 プログラム10番では、「ブルブルブルドッグ」を踊りました。ブルドッグになりきって身体をたくさん揺らして踊りました。「ワンワン」と鳴き声を真似している姿が可愛らしかったです。

 

 

 プログラム11番りす組親子競技では、発達に合わせた4つの障害を親子で協力して乗り越えました。緊張して、泣いてしまう子もいましたが、保護者としっかり手を繋いでゴールすることができました。

 

 

 プログラム12番こあら・うさぎ組親子競技では、動物になりきり、保護者と一緒にゴールをしました。

 

 

 

 プログラム13番カードめくりでは、こあら~ぞう組までの子どもたちが異年齢で4グループに分かれて行いました。それぞれ、自分のチームのイチゴやバナナにカードをめくって、対決することができました。

 

 

 プログラム14番きりん・ぞう組親子競技では、キャタピラ―を行いました。保護者と協力してキャタピラ―で前に進みました。

 

 

 

 プログラム15番うさぎ組かけっこでは、名前を呼ばれると元気に「はい!」と返事をしていました。コース間違いや転倒もありましたが、最後まで走りきることができました。

 

 

 

 プログラム16番きりん組かけっこでは、名前を呼ばれると元気一杯返事をして、ゴールまで一生懸命に走っていました。

 

 

 プログラム17番うさぎ~ぞう組遊戯では、「ブンバボーン」を踊りました。色々な動物になりきって楽しく踊っていまいした。「ブンバボーン!」と声に出して踊っていた姿は可愛かったです。

 

 

 

 プログラム18番ぞう組リレーでは、ぞう組と保護者と職員でバトルリレーを行いました。

皆、真剣勝負でバトンを繋ぐことができました。

 

 

 

 

 プログラム19番閉会式では、頑張った子どもたちにプレゼントがありました。メダルを園長先生から首にかけてもらうと満面の笑みを浮かべたり、オリンピック選手のようにメダルを噛むポーズをする子たちもいました。

開会式と同じく園児を代表してぞう組が終わりの言葉「これで第4回もりんぴっくを終わります」と言い、閉会しました。

 

 

 

 

 

 今日はお忙しい中、第4回もりんぴっくに参加して頂きありがとうございました。いつもとは、違った角度から見る子どもたちはいかがでしたか?環境の変化についていけず泣いてしまう子なども見られましたが、皆とても頑張りました。笑顔もたくさん見ることができました。

 

 

 

職員一同