今日は、毎年恒例の松島校区の夏祭りでした。

ぞう組の子どもたちが、夏の歌『うみ』『おばけなんてないさ』の2曲をステージで披露しました。

 

 

これまで本番のステージに向けて歌の練習をしてきた子どもたち。

「どうやったらきれいな声がでるかな?」「遠くのお客さんにも聞こえるようにはどうしたらいいかな?」などと、自分たちで考えながら積極的に練習をしてきました。

 

 

そしていよいよ当日。

保育園を出発して松島小学校に向かっているときは、少しドキドキした表情を浮かべていました。

 

 

 

ステージに上がると、少し緊張しながらも2曲の歌を堂々と披露して、

成長した姿を見せてくれた子どもたち。

少しの時間でしたが、楽しんで参加することができました。

 

 

 

 

 

 

担当:岡本・目代