絵画造形教室 ぞう組

テーマ:

今日はぞう組の絵画造形教室を行いました。

 

今回は、土粘土を使って小物入れを作りました。

 

 

「宝物を入れるための入れ物を作ってみましょう!」と言われると「宝物持ってる!」「どうやって作るの?」と、興味津々な様子で、作り方を聞いていました。

 

四角い段ボールの台に、土粘土を貼り付け、周りに細く伸ばした粘土で枠を付けていきました。

 

 

少し難しい作業でしたが、友達同士で教えあって作っている姿が見られました。

 

形ができたら、飾り付けをしました。猫の耳を付けたり、取手を付けたりし、「できたら何入れようかな?」「もう少し大きめにしようかな!」など、大きさや形を自分たちで考えながら、作っていました。

 

形ができると、色を塗りました。好きな色を1色塗る子や、色んな色を塗っている子など、思い思いの作品が出来上がりました!

 

先生から「みんな、何入れるの?」と聞かれると、「ひみつ~!」と答えていました。

「早く乾かないかな~」と、完成するのが楽しみな様子でした。

作品は、玄関に飾りますので、ぜひご覧下さい。

担当:西田