絵画造形教室 ~きりん組~

テーマ:

今回の絵画造形教室は「乗り物を版画で作ろう!」という事で紙版画とボールペン版画をしました。

 

まず、車・トラック・バスの中から描きたい乗り物を選びました。

 

始めに画用紙いっぱいに鉛筆を使って車体から描きました。描き終えると鉛筆の線に沿ってハサミで切りました。

紙を動かしながら真剣に切っていました!

 

 

次に小さい画用紙に丸を描いて、はさみで切りタイヤを作りました。

「トラックだけタイヤの数が多いね!」など話しながら大きなタイヤや小さなタイヤを作りました。

 

そして、自分の描いた車に合うように画用紙を切りながら窓を作りました。

「大きい窓にした!」「窓の形はこうしよう」等、思い思いに作っていました。

 

 

最後にドアやミラー、ライトなどの備品や車の模様を自分好みに画用紙で作り、運転手や乗車している人をボールペンで描きました。

これで乗り物が完成!

 

 

続いて赤・黄・青の好きな色を選んでローラーやバレンを使って版画をしていきました。

ローラーで色を付けたり、バレンをゴシゴシしてどんな絵が完成するのかとても楽しみな様子でした。

 

 

出来た作品を画用紙に貼り付け、周りにクレヨンで虹や星、風景を描きました。

個性溢れる作品が出来上がりました。

 

 

これまでの絵画造形教室を通して、ハサミを使って細かいところまで切ったりできるようになってきただけではなく、

先生の話しを静かに聞いたり、自分が考えたことを表現しようとしたりなど

様々な面が成長してきていると感じられました。

 

作品は保育園に飾るので是非ご覧ください。

                                                   担当:野 田