絵画造形教室 ~ぞう組~

テーマ:
今回は、古着などの布を使って鳥を作りました。
 
 まず初めにキャンバスを選びました。今回のキャンバスは、木の枠に布が貼ってあるもので「かわいいー!」と言って選んだものを友達同士で見せ合いをしていました。

 キャンバスに額縁を作りました。細長く切られた布をキャンバスの隅にボンドで貼りました。はみ出した布はハサミで切り、きれいな額縁が出来ていました。「この色ママの好きな色ー!」や「ママに上手なの見せたい!」と言っている子もいました。やり方がわかると子ども達は集中して取り組んでいました。





 次に古着の切れ端やポケット、ファスナーやボタンなどを使い、鳥を作りました。色んな模様の布やボタンを選び、鳥の写真を見ながら体、羽、顔、足を作っていき、ボタンを目にしてみたり、鳥の羽になるように布を丸く切ったり、子ども達一人ひとりが考えて、世界に一羽だけの美しい鳥が出来ていました。






 子ども達が真剣に取り組んでいる姿をみて、布選びもすぐに決まるこもいれば、悩んで組み合わせてみて選ぶ子もいて、ただの布がどんどん鳥になっているのを見て、見ていた私も面白く、楽しく感じました。一人ひとりの個性が出た作品になっています。


 出来た作品は玄関や2階の部屋に飾るので降園時などに是非ご覧ください。