マツダオールスターゲーム第2戦はテレビでしっかり見てました。
球場上空を飛んでいる飛行船とか、ヘタクソなCGの花火とか、TBSの演出はしょぼかったですが、くだらんタレントとか浴衣姿の女子アナを引っ張り出さないだけマシかな。

5本のホームランが広島の夜空に打ち上がるオールスターらしい試合でしたが、2回のおかわり君のレフトへの超特大同点アーチは凄かったです。
ネットがなければどこまで飛んでいたんでしょうか?

3回に井端選手のタイムリーでセリーグが勝ち越すも、4回に松中選手の一発で同点に追いつきましたが、すぐさま宮本選手の一発でセリーグが再び勝ち越しました。
しかし5回にサブロー連選手の一発で同点に追いつき、6回に松中選手の今日2本目となる2ランで勝ち越しました。

9回にパリーグが2点を加え、7-4でセリーグに勝ちました。
マツダスタジアムは盛り上がっていたし、ホームランがどんどん打ち上がっていたものの、登場した狗鷲戦士が草野選手だけだし、ノーヒットだったのでどこか寂しい感じがしますが、交流戦で真剣勝負って見られるし、出れば必ず何かやらかしてくれた新庄選手が引退したので、オールスターへのワクワク感が薄くなっているような気がします。

●セリーグ4-7パリーグ○
勝ち:杉内
負け:吉見

MVPは2本のアーチを打ち上げた松中選手が選ばれました。
2試合を通じてを通じて活躍した選手に贈られるマツダアクセラ賞は赤松選手が選ばれましたが、活躍したのかなあ?