黄砂が影響?ヘッドライトの黄ばみと小傷 2018 | ヘッドライト黄ばみと強力な汚れを一発除去する職人

ヘッドライト黄ばみと強力な汚れを一発除去する職人

ヘッドライトのレンズ表面にこびり着いた強力な黄ばみや汚れを除去し、レンズの輝きを復元させる方法を公開


テーマ:

年々黄砂の飛来量が増加している日本ですが、3月~5月にかけてがピークになります。

 

特にGWあたりは毎年酷い有様です。
飛来量が多いと視界が物凄く悪くなります。

 



 
黄砂が飛来すると、車のボディー表面に黄砂が薄っすら降り積もり雨が降ると汚れが目立ちます。
ほんの少しの雨でも黄砂が際立ち洗車したくなります。

 



 

黄砂はその名の通り砂ですが、粒子が大きいものもあれば花粉よりも粒子もあり厄介なんです。
車のボディー表面に付着した黄砂を洗車するときに、ゴシゴシすると一発で洗車キズになります

 

高圧洗浄機でしっかりと黄砂を落としてから、ゴシゴシやる必要があるんですね

 

ノーブラシ洗車機だと短時間で落とせます

 
車のボディーもそうですが、ヘッドライトレンズに付着した黄砂も同じことが言えます。
ゴシゴシやると、ボディーよりもキズがつきやすいのでより注意が必要です

 

手洗い洗車をするときは、たっぷりの水をかけて洗車しましょう


 

たっぷりの水かけがない状態でこのようにゴシゴシやるとキズがつきます


 

キズがつくと、ヘッドライトの黄ばみを進行させてしまいます。

車のボディーにガラスコーティングしてると黄砂が飛来しようが、雨が降ろうが気になりません。

 

 

高圧洗浄機や水洗いで綺麗に汚れを落とせるからです。

車のボディー・ヘッドライト ともにガラスコーティングをおすすめします

ヘッドライト黄ばみとり職人 ガラスコーティング保護さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス