犬や猫にも糖尿病があります。

 

今回は犬の糖尿病について解説します。(猫ちゃんも大まかには同じです)

糖尿病治療の雰囲気だけでもお伝えできたら、と思いますニコニコ

 

糖尿病治療のポイント

1. 糖尿病の症状は「多飲多尿」

(たくさんお水を飲んで、おしっこをたくさんします。半端ではない量です)

2.  飼い主さんに「インスリン注射」を打ってもらいます

(自宅で注射を打ってもらうのが、特徴的です)

3. 一日の「血糖値を測定」しながら、インスリン量を調整します

 

<実例紹介>

シュナウザーのFちゃん(女の子)はまさに「多飲多尿」を主訴に来院しました。

血液検査をしてみると血糖値が542!(正常は120以下)で、

尿中にも糖がでています(だから糖尿病と言います)

 

糖尿病は血糖値を下げる「インスリン」というホルモンが枯渇する病気なので、

単純にインスリンを投与するのが治療になります。

飲み薬ではなく、注射薬しかないので、飼い主さんに自宅で注射してもらいます。

 

インスリンを吸って

 

一日二回、背中に注射します

注射はそれほど難しくないです。飼い主さんもすぐにできるようになります。

細い針なので痛みもほとんどありません。

 

糖尿病治療は、状態に合わせてインスリンの量を調整するのが大切です

 

時々、昼間お預かりをして、3時間おきに採血をして血糖値を観察します

 

青線は治療前の血糖値曲線(一日の血糖値の推移)です

一日を通して400を超えています

 

赤線は治療後の血糖値曲線です

一日を通して250以下であり、良好な血糖値を維持できていますグッ

 

糖尿病は、自宅での注射や、定期的な検査が必要です。

飼い主さんのご負担は少なくないですが、

良好に管理できれば天寿を全うできる病気です。

 

Fちゃん、これからも頑張りましょう!拍手

他にも治療中の飼い主さんがいらっしゃいましたら、是非がんばってくださいね。