真の国際人 | キウイ通信

キウイ通信

ニュージーランド気まぐれ留学レポート


テーマ:
私は中学生のとき、緒方貞子さんの大ファンでした。
将来は、こんなかっこいい人になりたい、って思ってた。

特に深い理由があったわけではなく、
小学生が「セーラームーンになりたい」っていうのと同じ感覚で
「緒方さんみたいになりたい」って言ってた。

あのとき、緒方さんの何に憧れたのか、今ふり返ってみると(なんかすごい偉そうだ笑)

・まず、日本人で女性で国際的な舞台で通用する人間性と語学力

・さらに、問題の根本に立ち向かうことができる
(国連難民高等弁務官就任直後、クルド難民を救った話から)

・そして何より、世界に対して当事者意識があること

特に最後の「世界に対しての当事者意識」は、この前のテレビ番組のインタビューを見てて、やっぱりここがふつーの日本人と違う、と改めて思い直しました。

「日本の国際貢献?あのね、日本が世界の外にいて、外の世界に対して何かやってあげる、ってのは勘違いですよ。相互依存の時代で、日本は世界の中にいる。そこからくる責任分担じゃないですか?」

というようなことをおっしゃってました。

真の国際人ってこういう人だな、と思いました。

まゆさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス