勝手に気功スピリチュアル診断

ゆるみ気功教室、スーパーヒーリング、ヒーラー養成講座の気功師前島豊が気功家ならではの感性を使い、パワースポット他日常のあんな事やこんな事を
「勝手に気功スピリチュアル診断」
しちゃいます^^


テーマ:

今日はヒーラー養成上級講座でした。


今日の受講生はヒーリングとか、整体とかを専門にやっている方でもなんでもなく、

全くの初心者だったのですが、とても「気を扱うセンス」のある方で、

今日上級が終わってみると、かなり本格的なヒーラーになっていました!!


中級を受けられて1ヶ月ほど経ってからの上級受講でしたので


「中級受けてからヒーリング、試してみましたか?」


と尋ねたところ、会社の同僚や知人の肩こり、腰痛、頭痛を

いとも簡単に治してしまったようで、本人も驚いていました^^


上級では「症状の根本原因をさぐるためのリーディング」を学びます。


過去のトラウマや環境の変化、今なぜこの症状が出ているのかを


カラダの氣の質や氣の動きからリーディングして行きます。


と、言ってしまうと何か特別な能力かと思われがちですが、

誰でも潜在的に感じているもので、その潜在意識で感じているものが

表層意識に上らないので「分からない」と思っているだけなのです。


上級講座ではその潜在意識を表層意識に上らせる練習をします。


それによって特種能力だと思われていたものが、誰でも簡単に出来るようになる

コツがつかめるようになります^^


以前、上級講座を受けた人の話しを聞くと


上級を受けた翌日、ある人をリーディングすると、突然


「3年1組」と言う教室に掛かっている看板(?)札(?)が見えたそうで、


「3年1組が見えたんですけど、何ですか?」


と尋ねたところ


「あぁ、昨日3年1組の同窓会があったんです」


と答えられたそうです(笑)


リーディングをした人も

「リーディングは特種な人だけが出来るものだと思っていましたが、

本当に誰でもコツを掴めば出来るようになるんですね」


と言っていました^^


ヒーラー養成講座は「氣を取り扱うコツ」が山盛りの講座です。


誰でも簡単に「特殊能力」だと思われている現象が自分でもわかるように

なりますので、興味のある方はお問い合わせ下さいね^^




でも日本がこんな事↓になってしまったら、そうも行きませんが・・・











勝手に気功スピリチュアル診断











珍しいJRのタイプミス(本日⇔日本)だそうです(笑)

(7月1日追記)この画像は画像編集ソフトで編集した

ジョーク画像だそうです。
訂正してお詫び申し上げますm(_ _)m
通りすがりさん、ご指摘ありがとうございました。


ではみなさんにとって

「日本が終了するまで、ずっと元氣」でありますように!!(笑)


-------------------

THEM 前島豊

オフィシャルサイト

http://qi-them.com

them@hkg.odn.ne.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回よりだいぶ間が空いてしまいましたが、ゆるみ気功生徒さんで

合気道指導員Kさんの今日の「気づき日記」 twitterまとめです。


ゆるみ気功と武道と言うカテゴリーで、kさんが

気功と武道を通して気づいた事のつぶやき(twitter)

をまとめています。


前回 は(3/21~3/29)でしたので、今回は(4/5~5/10)分になります!


-------------------------------------

テーマタイトル・感情を「出力して客観視する」、「ゆるむ」ということ


4/5
おはようございます。 最近ずっと「怒り」について考えていることがあるのですが、どうやってツイートしようか考えようとPCでいろいろ書いているうちに何となく解決してしまいました 笑


やはり「出力して客観視する」という行為は大事ですね!笑


怒りの解決のコツは「流す」のと「観察する」を上手く組み合わせて実行することかと思います。


今までは「流す」ことのみ考えていたので「流れないものはどうすんだ!」と苦しんでいましたが、じっくり観察してみるとほとんどくだらないものであることに気づきました。


4/6
居合というのが今でも日本に根付いているのは「真剣」を扱うからだと予想しています。


武道でも格闘技でもいくら実践を想定しても実戦はない。形稽古ではどうしてもリアルな緊張感は薄れてしまう。それを強制的に体験させるのが真剣なのではないか。


少しでも扱いを誤れば自分を殺す。

リアルな緊張感を刀から強制的に意識させられる。しかしガチガチに緊張していては刀は抜けない。


適度な緊張と気のゆるみ。


これを身体に根付かせる、そのための居合でないか。


とこれは居合を全く経験したことのない私の勝手な想像ですので、どなたかご意見あれば教えてください。


4/7
おはようございます。 昨日喫茶店で隣の席の女性が英語の個人レッスンを受けていました。


また夜は中華街で食べたのですが中国人の方が白人の外国人を連れてきていました。


なぜか昨日は英語を耳にすることが多かったのですが、以前なら英語を聞くと多少のストレスを受けていました。


しかし昨日はなぜか英語が心地よく感じる。

「あぁ~やっぱりネイティブの発音は綺麗だなあ」とか「外国に来たみたいだなあ」とか、「もっと聴いていたい」という気持ちが自然に湧いてくるのです。


イラつき、怒りは熱いやかんに触ってしまった時のように自分の意識とは無関係に瞬時に起こるときがあります。

今回はいつもなら怒りの反応を反射神経でしてしまうような局面なのにその反応が出なかった。


毎日少しずつ自分が変化しているのを感じます。


4/10
昨晩は友人と飲んでいました。最近、以前よりもお酒に弱くなった気がします。

というのも、特に体調が悪いわけではないのに酔っ払うのが早い。


普段と同じように飲んでいるのに少量のお酒でも酔っ払ってしまい、気持ち悪くなって戻してしまうことも。身体が受け付けなくなってきたのかもしれません。


先ほど仕事の打ち合わせをしたあとランチで蕎麦屋に行ったのですが私が花巻そばを注文しようとした瞬間、相手も「オレは花巻で」と言い、私が「だし巻き卵も頼んでいいですか」と聞こうとする前に「だし巻き卵も下さい」と注文してくれました。これにはちょっと感動してしまいました。


昨晩飲み過ぎたこともあり、スーパー銭湯に来ています。


ここには塩分が多く含まれているお気に入りの温泉があるのですが、入って3分ほど経った時に両腕全体にず~んと重たい圧力を感じました。


考えてみれば塩が入っている分、通常の風呂より比重が重くなっているからでしょう。


これは皮膚で比重を感じられるようになった、ということなのでしょうか…。


ちなみにその後脚のくるぶしのあたりにも重みを感じました。


4/11
おはようございます。すっかり朝晩に気功やヨガをやることが習慣になったようです。


遅く起きたり帰りが遅くてできなかった次の日はムズムズするようになりました。


1日頭を洗わなかった翌日のようなムズムズ 笑 身体をゆるめるのって気持ちいいですね。


合気道には「ゆるめる」という感覚はないように思います。


「力を抜く」という表現はよく使いますが、微妙に違うもののようです。


まだこの「ゆるむ」という感覚の認識も怪しい限りなのでこれがどう自分の合気道にリンクしてくるか未知数ですがとても楽しみです。


今日もこれから打ち合わせです。

以前仕事で雅楽を聞く機会がありました。


その時教えていただいたのが「打ち合わせ」という単語が雅楽の演奏者がそれぞれの楽器を「打ち合わせ」て調子を合わせたのに由来しているということ。それぞれの弾きかた、奏でかたに全体が合わせていく。


全体はひとつずつの集合なのにひとつが全体に合わせ、全体にひとつが合わせる。この本来の意味に合わせて観察していると仕事の打ち合わせもとても面白いです。


それぞれの意見がぶつからないように、かつ全体でひとつの方向へ進めていく。

この視点に気づいてから仕事がとても楽になりました。


おはようございます。昨晩も自宅でヨガをしましたがその時ふと「お香の香りを嗅ぎたいなあ」と思ったので香を焚きました。


以前もたまに香を焚くことはあったのですが、うまく表現できないのですが昨晩のように「嗅ぎたい」とは思ったことがなく、不思議な気分でした。


とても嗅ぎたくて香りを吸い込んだあとの気持ちよさを求めている。しかし「欲しい!」というような衝動的なものではなく、穏やかな欲求?のように感じました。不思議です。


昨日の合気道の稽古では久しぶりに杖技をやりました。掛け声をかけながらの型があるのですが、自分の「イチ!ニィ!」の掛け声が前よりよく通る声になっていて自分でびっくりしてしまいました。


4/25
たまーに「連絡しなきゃなあ」と思いながらも呑気に放っておくと先方からタイミングよく連絡がくることがあります。テレパシーですかね?笑


4/27
合氣道で型稽古をしていると自分の動きがせっかちなのが晒されてしまいます。でも日常では周囲を「せっかちだなあ」と感じます。静で動く。初心に還ったような気がします。笑


5/3
合気とか気功を科学的に解明したくなるのもわかりますが、どこまでいっても解明しきれないものがある、あってほしいと密かに思ってしまいます。不思議なもの、神秘的なものだからこそ惹きつけられる。そんな気がしました。


5/7
昨晩ヨガをしていて思いついたことです。

ヨガのポーズの中には「有り得んっ!!」と思えるようなものがありますね。

私は特に前屈や胸を反らせるようなポーズが苦手です。そしてこれらの苦手なポーズに共通しているのは「呼吸が浅くなる」ということです。


そこでふと思ったのですが、「体形的にキツい」というのは「自分に不利な状況」とでも言えるのではないか。

つまり、そのような状況下でも呼吸を落ち着かせていく。平生を保てるように整えていく。それを目指すのがヨガの目的のひとつなのではないか。


私はまだヨガでの師はおりませんのでにわか知識しかありませんが、ヨガにも様々な呼吸法があるようです。しかし大事なのは呼吸の仕方ではなく、どのような体勢でも深い呼吸をする、気持ちいい呼吸ができるように自分を作っていくことなのではないかと思いました。


5/10
昨日は仕事でとある業界にながくいらっしゃった方にアドバイスをいただいたのですが、そのアドバイスがあまりに的確であるのにもかかわらず瞬時に出されるのに驚きました。仕事も武道も長く同じことを繰り返すことの大切さを改めて感じました。


-------------------------------------

ゆるみ気功での重要なファクターとして


「観察する」と言う行為があります。


常に自分のカラダで感じた感覚を観察することにより、


目に見えない様々のものが見え始めます。


普段気づいている感覚なのに、気づこうとしないから分からない。


気づこうとすれば沢山の気づきが得られます!!



では、明日も皆さんにとって素敵な「気づき」が

得られて、「元氣」な1日でありますように^^


-------------------

THEM 前島豊

オフィシャルサイト

http://qi-them.com

them@hkg.odn.ne.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日学生時代の友人のお母さんが亡くなったとの事で


告別式に参列してきました。


高齢と言うこともあり、苦しむことなく大往生だったとの事です。


友人とは10年ぶり位の再会でした。



告別式なので、親族が集まっていたのですが、その親族の中に


臨月を向かえる妊婦さんが2人いらっしゃいました。


その内の1人が


「お腹が尋常ではないくらいに張って苦しくて仕方ない」


とのことで、氣を送って欲しいと頼まれました。


診てみると、確かにお腹周り、腰周りに氣の滞りと張りがあったので


氣の調整をし、尋常ではない状態をリーディングしてみたところ


お腹の赤ちゃんから


「お母さんはボクを生む為に過剰な心配をしすぎている、

そんなに心配しなくてもボクは元気に生まれるから大丈夫だよ」

(「ボク」と言っていたので男の子だと思い、本人に伺ったところ

病院の検査で男の子だと分かっていたそうでした)


とのメッセージが聞こえて来ました。


出産のために過剰に気を使い、逆にそれがストレスとなって

強いお腹の張りになってたんだな、と分かりました。


友人にお腹の赤ちゃんのメッセージを伝えたところ


「彼女は一度流産をしていて、今回は異常なほどカラダに気を使っていた」


との事でした。


数分程氣を送り、緩めたところ


「さっきまでの張りはなんだったの?」


と言うくらいすっかり楽になったそうです。



後日友人から「元気な男の子が生まれた」との報告がありました^^



妊娠に限らず健康の為に気を使いすぎるのも逆にストレスになるんで

何に対しても


「いい加減が良い加減!」


ほどほどに、マッタリとして行きたいですね^^


では、明日も皆さんにとって「いい加減に元氣」でありますように!(^o^)!



初心者の私でもプロ並みのヒーリング、リーディングが出来た!

ヒーラー養成講座のページは

http://www.qi-them.com/healertraining-course.html


-------------------------

THEM 前島豊
オフィシャルサイト
http://qi-them.com



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。