友人の恋愛話を聞いた時、
相手への思いやりやラブラブエピソードに
思わず「なるほど」と感心したことはないでしょうか。
その「なるほど」と思うことが多ければ多いほど、
自分と恋人の間にはそれが足りていないと
落ち込むかもしれません。
しかし、逆に考えれば、
そこから二人の関係を
良い方向に持っていくことができるのです。
そう考えれば、二人の関係は
まだまだ発展途上だと
前向きに考えられるでしょう。

二人が出会いを経て、
交際に至ってからまだ浅いのであれば
多少ギクシャクするのも仕方ないことですが、
ある程度交際期間が経っているカップルなら
その状態を放置するのは問題です。
人は誰でも欠点があるものですが、
人の振りを見てそれを直す気持ちがなければ、
そこで成長も止まってしまうでしょう。
自分たちの関係に何が足りないのかを、
友人の恋愛話を聞いてわかったのであれば、
それをすぐ実践すべきです。
仲むつまじいカップルには、
やはりそうなるだけの理由や雰囲気があります。
自分たちに足りない部分は真似してみましょう。

例えば、友人が交際相手を積極的に褒めていれば、
自分も恋人を褒めるようにします。
相手を褒めることも効果的ですが、
まず相手の話を聞くのも大切です。
友人が恋愛を語る様子を見ていればわかりますが、
言葉の端々から相手への愛情を感じるでしょう。
愛情があるからこそ、
人に恋愛について話せるのです。

自分と恋人には足りないものを見極めるには、
他のカップルの恋愛話を聞くのが一番です。
人の恋愛話なんて興味がないという人も
少なくないですが、
まずは身近な友人と雑談ついでに
聞いてみるのがお勧めです。


-友人の恋愛話で学ぶこと-


人気ブログランキングへ