※この記事の内容は2019年12月のものです。

 

1日目①(金沢駅前観察)
1日目②(バスを乗り継いで能登半島最先端へ)
1日目③(能登半島最先端の海沿いぶらぶら)
2日目①(のと鉄道飯田駅跡観察)

2日目②(珠洲市の中心地をぶらぶら)

2日目③(のと鉄道蛸島駅跡観察)
2日目④(のと鉄道珠洲駅跡観察)
2日目⑤(再び珠洲市の中心地をぶらぶら)
2日目⑥(能登町の中心地をぶらぶら)
2日目⑦(能登町の海沿いぶらぶら)
2日目⑧(能登町の海沿いぶらぶら→のと鉄道能登線藤波駅跡観察)
2日目⑨(穴水駅前観察)
2日目⑩(和倉温泉駅前観察→歩いて和倉温泉街へ)
2日目⑪(氷見市の中心地観察)
3日目①(氷見駅前観察)
3日目②(越中国分駅前観察)
3日目③(越中国分駅→雨晴駅撮り歩き①)

3日目④(越中国分駅→雨晴駅撮り歩き②)

3日目⑤(道の駅「雨晴」で撮り鉄)
3日目⑥(雨晴駅前観察)

3日目⑦(雨晴海岸へ)

3日目⑧(高岡で列車撮影)
3日目⑨(城端駅前観察)
3日目⑩(高岡駅前観察)
3日目⑪(富山市の繁華街をぶらぶら①)
3日目⑫(富山市の繁華街をぶらぶら②)

3日目⑬(富山駅で少しだけ撮り鉄)
最終日①(富山駅の南側を少しぶらぶら、新富町電停前観察)
最終日②(富山駅電停を出入りする電車を観察)
最終日③(富山駅南口観察)
最終日④(富山駅電停観察)
最終日⑤(富山駅北口観察)
最終日⑥(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き① 地鉄西滑川駅前観察)

最終日⑦(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き② 地鉄中滑川駅前観察)

最終日⑧(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き③ 地鉄、あい鉄滑川駅前観察)

最終日⑨(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き④ 滑川→浜加積)

最終日⑩(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き⑤ 地鉄浜加積駅前観察)

最終日⑪(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き⑥ 地鉄早月加積駅前観察)

最終日⑫(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き⑦ あい鉄東滑川駅前観察)

最終日⑬(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き⑧ 地鉄越中中村駅前観察)

最終日⑭(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き⑨ 越中中村駅→西魚津駅)

最終日⑮(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き⑩ 西魚津駅前観察)

最終日⑯(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き⑪ 西魚津駅→電鉄魚津駅)

 

高架になった地鉄、あい鉄(あいの風とやま鉄道)の線路沿いを進んで電鉄魚津駅に到着。

前の西魚津駅からの距離は約1.3㎞でした。

 

電鉄魚津駅はだいたい南北方向に伸びる駅です。駅があるのは地鉄のみで並走するあい鉄には駅はありません。

 

電鉄富山駅は地鉄唯一の高架駅で、1967年に高架化されました。富山県はもとより日本海側で初の高架駅です。そして2014年の北陸新幹線開業まで富山県内唯一の高架駅でもありました。

 

↓駅西側を北に望む。以前は4階建ての駅ビルが併設された駅でしたが、中心市街地の衰退や駅ビルの老朽化のため駅ビルは解体され新駅舎と駅前広場が整備されました。写真中央やや左の縦長の建物が現在の駅舎でエレベーターも完備されています。

 

↓上写真から左(西)を向く。西に伸びる道路沿いには商店が並び歩道にはアーケードがかかっていますがシャッター通りと化しています。

 

↓上写真から背後(東)を向く。こちら側は商店は目立たないものの建物が密集して市街地となっています。

 

↓駅東側を北(上写真の少し先から左方向)に望む。高架線路沿いにまっすぐと道が伸び、住宅が並んでいます。

 

↓駅西側を(写真駅舎脇付近から)南に望む。駅ビル跡に小さなロータリーが整備されています。ロータリーには魚津市コミュニティバス5路線の他に地鉄バスが2路線乗り入れます。

 

↓ロータリーから駅舎を挟んだ反対側に小さなバス待機場がありました。地鉄バスの車両が2台待機していますが地鉄バス路線の本数は1日10本以下です。

↑地鉄バス2路線もコミュニティバスと同じ均一運賃になっていて、1日乗車券は使えないもののコミュニティバス回数券も使えるということで実態はコミュニティバスのような扱いのようです。

 

↓駅構内はシンプルな片面ホームの棒線駅です。高架になっても相変わらず隣をぴったりとあい鉄が並走しています。

 

↓ホーム北端から宇奈月温泉方向(北)を望む。建物が密集する中を3線の高架線が伸び、大都市近郊路線に見えなくもありません(じっくり見なけりゃねw

 

↓ホームから駅前(西)を望むと、こちら側も建物が密集する様がうかがえます。約500m先の日本海までびっしりと建物が密集しています。

 

↓宇奈月温泉行きが到着しました。乗降は数人のみ。

↑車両は14720形で1962年登場の地鉄オリジナル車両です。この編成はこの日から1週間も経たずに廃車となり形式消滅となったそうです。57年間お疲れ様でした。

 

↓まっすぐ伸びる高架線を軽快に去っていきました。しかしリズミカルに鳴るジョイント音にローカル感を感じます。

 

↑左下の道を進みます。

 

つづく

最終日⑱(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き⑬ 電鉄魚津駅→新魚津(魚津)駅)

最終日⑲(地鉄、あい鉄並走区間撮り歩き⑭ 新魚津(魚津)駅前観察)

最終日⑳(新黒部、黒部宇奈月温泉駅前観察、そして帰京)

 

↓この記事に関連してそうな記事への誘導リンクw

全都道府県制覇の旅(沖縄は除く?)第三弾「2014年10月富山・石川の旅」一日目

全都道府県制覇の旅(沖縄は除く?)第三弾「2014年10月富山・石川の旅」二日目①
全都道府県制覇の旅(沖縄は除く?)第三弾「2014年10月富山・石川の旅」二日目②
全都道府県制覇の旅(沖縄は除く?)第三弾「2014年10月富山・石川の旅」三日目①
全都道府県制覇の旅(沖縄は除く?)第三弾「2014年10月富山・石川の旅」三日目②
全都道府県制覇の旅(沖縄は除く?)第三弾「2014年10月富山・石川の旅」最終日