天職の見つけ方,天職探し

天職の見つけ方,天職探し

人生の第二幕、幕開きです
ココロのエネルギーに点火して
楽しく次のステージにチャレンジしてみませんか?
セカンドキャリア、セカンドライフ

Amebaでブログを始めよう!

勝ち負けにこだわるのは人間の性(さが)。

いや、動物としての本能だ。
野生動物は、生きのこるために勝ちつづけないといけない。

人間は、敗れてもそこに意味を見いだしてきた。
意味を見いだせたから、あきらめなかった。
あきらめないから、進化した。
意味を見いだし、次の行動にいかすことが人間としての姿である。

負けても意味がある

(ずいぶん堅くなってしまった)


勝って楽しいのは、本能であり、問題ない。

負けて悔しいのは、うら側に勝ちたいという本能があるから。
悔しさを感じても、つぎの成長へのバネになる。
人類が成長した理由である。

勝って悔しがる人もいる。
最前線を走る勝ち方にこだわる人だ。
さらなる高みを目指している。


さて、
おもしろいのが負けても楽しんでいる人がいることだ。



あなたのまわりにもいないだろうか。
試験勉強、会社での競争など、競争には懸命にとりくんだ。
結果は残念ながら、敗れた。


敗れた直後は悔しかったであろう。
悔しさを一人で味わいきり、
気持ちをすぐに切りかえる。
負けまでのプロセスになんらかの意味付けをした。

自分の意識を目のまえの競争から解き放つ。

長い時間軸、
例えば人生のなかでの意味に気付いた。

悔しいという感情に振りまわされず、自分でコントロールしている。

私は、スケールの大きな考え方ができる人に器の大きさを感じる。
人生もしくは人類の歴史というスケールを意識した人には、
自分がそのステージに到達しないと
「ずっと」差を感じつづけることになる。