昨日は東日本新人王決勝戦でした!! | KG大和ボクシングジム会長ブログ
2018-11-05 13:48:36

昨日は東日本新人王決勝戦でした!!

テーマ:ブログ
昨日は東日本新人王決勝戦でした。 

KG大和ジムからはミニマム級に柴沼智樹。
スーパーフェザー級には関島優作というルーキーの二枚看板が出場。

まずはミニマム級の柴沼智樹。

相手は岡田真虎選手(JBスポーツ)

努力の男・トモキは抜群のスタミナを武器に1R目は様子を見て2R目から圧力をかける...

と思ったら普通に1R目をポイントゲット。


あれっ??

『それじゃ2R目もこの距離でいいっすか!?』
と聞かれたので『ああ、こんなもんなら良いんじゃないかい』とあっさり答えてしまいましたが...

これが裏目で出入りを上手くやられ、2R目を岡田選手にあっさり献上。

そこからは当初の予定通り、ガンガン圧力をかけて3・4R目を制圧。

ここまでポイントリードで中途半端になった5R目を取られますが『まぁ、勝ったかな~』という判定は2ー0で柴沼智樹の勝ちとなりました。

最後のラウンドが余計でしたが、26歳からボクシングを始めた叩き上げの男が東日本新人王になりました力こぶ(右)ジロリ力こぶ(左)

こういう人間が結果を出してくれると嬉しいですね 感動 感動 感動


ビミョーな試合だっただけに記者さんは少なめでしたが、取材されて嬉しそうです。


これで対サウスポーは2戦2勝(1KO)。

無傷で終われたので、12月23日(日)の全日本新人王決定戦が楽しみですニヤリ


そして、スーパーフェザー級の関島優作の登場。
トモキとは全く逆のボクシング人生を歩んでいる優作は若くて伸び盛り。

相手は鯉渕健選手(横浜光)です。

優作のここの所の安定感は群を抜いていたので期待していたのですが...

いきなり試合開始から相手の鯉渕選手(横浜光)の猛攻を受けます。

まぁ、これは予想通り。

まずはちょこちょこパンチを当てながら相手のパンチ力やちょっと独特な右の軌道を確認。

2R目からはこちらが圧力をかけてクリーンヒットを奪ってペースを掌握。

続いて3R目も的確なパンチでガッチリとポイントをピックアップ。


良し、これでいける!!


と思った4R目に...あれ?

何だ...??

と突然の失速。

(後で確認した所『ペースを完全に掴んだので、ちょっと休もうかと思ったら打たれちゃいました』だそうです)


すると当然、相手の鯉渕選手が甦り猛然とラッシュ。


あれれ~。
これってポイント競ってるんじゃないかい??

最終ラウンド前のインターバルでセコンド陣は大わらわ!!

『このラウンドは死ぬ気で取れ!!デビュー戦に戻りたいのか!?』
と発破をかけ送り出すと...

最後の力を振り絞って前に出た優作に『神』が降りてきます。

渾身の左ボディが鯉渕選手のレバーに食い込み相手の背中が丸まるとそこからは鬼の攻勢。

最終ラウンドを圧倒して見せます。

このラウンドで勝負あり。

接戦ではありましたが3ー0の判定勝ちで東日本新人王を獲得。





二人ともに痛い所はないみたいなので、ちょっと休んだら全日本新人王まで突っ走ってもらいましょうイエーイイエーイイエーイ


以上、昨日の酒は旨かったピースジロリピース


ごんた会長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス