昨日の佐藤拓実と安藤教祐の試合結果&短評 | KG大和ボクシングジム会長ブログ
2018-10-19 13:23:00

昨日の佐藤拓実と安藤教祐の試合結果&短評

テーマ:ブログ
まず、いきなりですが仁王立ちで勝ち名乗りを受ける拓実です。
(ちょっとウルウルしてましたがね...)


佐藤拓実。

彼はなかなか頑張る男ですが、アマチュア時代から公式戦での勝ちが無かったと記憶しています。

それでもひたむきに練習を重ねてプロテストに合格。

そこからまたさらに努力を重ねたデビュー戦は惜しくもドロー。

そして、迎えた2戦目の今回がアマチュア&プロの公式戦初勝利だった訳です、はいピースジロリピース


そして試合開始から追いますと...

決して器用とは言いがたいタクミは1R目からガードを上げて前に出ますが、相手の渡部想選手(ワタナベ)はセンス良くジャブからカウンターの右までビシビシ当てて来ます。

う~ん強い❕❕

しかし、2R目からは打撃戦に持ち込みタクミのボディやアッパーがヒットするタフネス比べに持って行き...

ポイントはやや劣勢だったであろう4R目にこの強烈な左フックが炸裂!!
右のガードも上がっていて100点のパンチですね、はいニヤリ

そしてこんな感じで感無量。(二度目ですが...)


最後はトレーナーの奥平さんとツーショット。


よっしゃ~です力こぶ(右)ジロリ力こぶ(左)


続いて、一体いつになったら世界に行ってくれるのかが全く分からない『世界のコースケ』こと安藤教祐。

相手は深見旺彦選手(ワタナベ)です。

ケガで1年以上のブランクを作ってしまい、同期から1年遅れで来年の新人王を狙うコースケ。

待ちわびたこの試合に向けてしっかりとトレーニングして来ました。

そして、試合開始からそのセンス&パンチングパワーを見せつけます。

しかし相手の深見選手も強力な左右のフックで応戦。

しかし、2R目にスピード&距離を掴んだコースケの右が炸裂してダウンを奪うと...

3R目に勝負をかけてきた深見選手を捌ききり、4Rのラスト20秒辺りで再び右を一閃❕❕


圧巻のTKO勝ちとなりましたピースジロリピース



これで来年の新人王に向けて良いリスタートが出来たと思います。

という訳で昨日は気持ちの良い二人揃ってのKO勝ちでした。

そして、気持ち良く飲み過ぎましたとさ...(^_-)

以上。

やったったで~(^_^)/

ごんた会長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス