昨日の関島優作&吉村鉄也の東日本新人王準決勝戦 | KG大和ボクシングジム会長ブログ
2018-09-29 08:22:16

昨日の関島優作&吉村鉄也の東日本新人王準決勝戦

テーマ:ブログ
昨日の新人王戦は明暗がくっきりと別れる試合になってしまいました。

まずはSFe級で関島優作が登場。

相手は旧知の仲である林慶太選手(TEAM 10COUNT)です。

『調子が良い時ほど油断するなよ』と私が言ったからではないのでしょうが、立ち上がりはいつもより慎重にジャブ&左フックで距離を計ります。

そしてファーストラウンドの中盤に軽く右もヒット。

うん、調子は良さそうですニヤリ


2R目に入り距離を掴んだ優作は完全に試合をコントロールします。

多彩な左から右も上下に打ち分けクリーン・ヒットを量産!!


ラウンド終盤には右のカウンターを効かせ軽くラッシュ力こぶ(右)ジロリ力こぶ(左)

そして、3R目は更に圧力を強めて荒々しく攻め込み、今度は本当に決めにかかるラッシュアイアンフィストアイアンフィストアイアンフィスト



3R目開始から1分もたたない内にレフェリーが割って入り圧巻のTKO勝ちとなりました すげ~ すげ~ すげ~


う~ん、強くなって来ました❕❕


昨日はかなり落ち着いていたし、自分のボクシングが分かってきた感じがあります。

OK牧場GOODGOODGOOD


心なしか風格まで出て来たかな...??


次がW級の吉村鉄也です。

相手は3戦3勝の西川宏次郎選手(八王子中屋)。

強敵です。


そして試合が始まると、激闘王の鉄也の試合はいつものように初回から打ち合いです。


初回は全くの五分五分のスタートです。


しかし、2R目に入ると...


次第に西川選手の連打が鉄也を押し込んで行きます。

そのままの流れで3・4R目も要所で反撃は見せるものの西川選手のスタミナと回転力が勝りジリジリと追い詰められていき、4R目の後半は西川選手の独壇場に...



判定は聞くまでもなく3ー0で西川選手に軍配が上がりました。


う~ん、ここまで強かったか!!

打ち合いには滅法強い鉄也が完敗です。

昨日は負けました。

まぁ、こういう事もあります。

この経験を生かすかどうかは本人次第!!


次は階級を上げて6回戦で捲土重来ですな。


昨日は1勝(1KO)1敗。


これで激動の9月のプロ成績は7勝(4KO)2敗で柴沼智樹と関島優作が東日本新人王の決勝戦に駒を進めました~(^_^)/

因みに先週日曜日の和光武のアマチュアはパワフルな相手に押し込まれ3ー0のポイント負けでした~(T_T)

うちのジムのアマチュアはなかなか成績が出ません~(*_*)


以上。

ごんた会長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス