昨日の試合結果 | KG大和ボクシングジム会長ブログ
2013-06-03 08:12:54

昨日の試合結果

テーマ:ブログ

昨日は茅ヶ崎総合体育館で『大塚勇武』と『阿部麗也』の試合がありました。


まず、1月に試合が流れ・・・その後、相手を探すもアマチュア戦績(7勝8敗)が嫌われ、なかなか試合を決められなかった阿部麗也の待ちに待ったデビュー戦です。


試合前からレイヤは絶好調!!


ウォームアップのミット等は本当に素晴らしく、『これが本当にデビュー前の選手か??』という位キレキレニヤリ


試合前から全く負ける気がしませんでした・・・


がっ!!


いざ、試合が始まってみると相手の広川選手も非常に良い選手じゃありませんか??


レイヤもデビュー戦という事もあり、慎重な立ち上がりを見せて1R目はイーブンかな?


2R目からは行きたかったのですが、広川選手の気迫&攻勢がやや上回り、クリーンヒットこそもらわないものの、やや分の悪い展開に・・・

目が良すぎる事もあり、ディフェンスの際に伸び上って避けてしまう悪癖が出て、見栄えが悪い!!


このラウンドのインターバルで

『負けてるぞ!!このラウンド取らなければ負けるよ。もう避けてないでガード上げて・・・近づいてから回転力とフィジカルの強さで勝負しよう。』

と、勝負を賭けました。


3R目、ここで火が付いたレイヤは、持ち前のパンチ力とスタミナにモノを云わせてグイグイと前進し、相手を飲み込みにかかります。


元より、実力は持っている男です。


攻撃のリズムが出て来てからは、安心して見ていられる内容で圧倒し始めます。

レイヤのラウンド。


当然、ポイントは競っていると思われたので


『このラウンド勝負だ!!』


と言って送り出すと、ようやくいつものレイヤが出てきて、圧巻の攻撃を見せます。


多彩なアングルから強打を繰り出し『倒せるか??』という所まで追い詰めますが、相手の広川選手の頑張りも凄く、決めきれないまま試合が終了。


結果は聞くまでもなく、39-38、39-37、39-37の3-0の判定で勝利を収めましたGOOD


やはりデビュー戦という事もありこちらもドキドキしていましたが、能力の一端を見せてくれました。


まずはホッとしました。


しかし、レイヤはこんなもんじゃありませんよ!?(と、言える内に行っておきますけどね・・・)


次回はもっと凄味を出して行ってもらいたいです。


とりあえず、おめでとうGOOD



そして、次は大塚勇武です。


前回の試合では初出血という憂き目を見てのストップ負けでしたが、今回は試合前からスタミナやアッパーに進境を見せていました。

そして、少しだけメンタルもアップしたかな??


相手はおあつらえ向きのファイター体型。


『こりゃ、中に入って来るな~』っていう感じでアッパー打つ気マンマンでした。


そして、1R目。

当然、中に入りたい相手の長谷川選手をボクサーファイターのイサムがショートパンチとアッパーで迎え撃つ展開。


この試合は1R目からヒートアップ!!

激しいペース争いの中で、お互いが危険な距離での攻防です。


そして、ややイサムが良い展開で迎えたラスト1分・・・狙いすました右アッパーが炸裂アイアンフィスト


ダウンを先制しました。


このダウンは結構効いていて、倒し切れるか??

とも思いましたが、ここから相手も踏ん張りラウンド終了。


2R目はポイントを取り返すべく、長谷川選手がダッシュして入ってきました。

この勢いは凄まじく、アッパーで迎撃するも、次第に相手のペースに巻き込まれてしまいます。


くっついての攻防は『筋骨隆々』の長谷川選手の土俵で、危ないパンチは無いものの、やや押された形でポイントを失います。


この様子を見て『さばき切れない!!』と感じた私は、一か八かの勝負にでました。


イサムを信じて・・・相手の消耗狙いのインファイトを指示しました。


これは失敗したら私のミス!!


という位のギャンブルで、相手選手のスタミナの使い方と、イサムの性格、更にこのままダラダラと攻め込まれると、逆転負けまである展開だと感じたからです。


その狙いが当たったかどうかは微妙でしたが・・・3R目の後半から相手選手が失速してきました。


しかし、こちらも自分のペースで進めていない分、消耗は著しくポイントは取られました。


この時点で私の採点はイーブン!!


勝負は4R目の攻防に持ち越されました。



そして、ここで『漢・勇武』は魅せました!!


両方が疲れていた場合、それまでの流れを変えるのは難しいと言うのが常識ですが、相手も疲れています。


当然、イサムも疲れていますが・・・ここは根性一発の奮起で、まとめ打ちでクリーンヒットを奪うと、ちょっと距離を取り打たせない!!


という展開に持ち込み、最後の勝負に打って出ます。


最後の最後は気力だけで打ち合い、手数とクリーンヒットのどちらを取るか、本当に評価が分かれるラウンドでした。


ほんの少しだけイサムが良かったかな??

という展開で試合は終了!!


この判定は本当に分かりませんでした。


勝っても負けても文句無し!!と云えるほどの接戦。


最終ラウンドの取り方で決まってしまう試合・・・微妙です。



そして、運命の判定の結果は・・・


38-38、38-37、38-37


『勝者、青コーナー大塚勇武!!』


とコールされるまでは本当にドキドキしました。


2-0ではありますが、強敵を退けての勝利には本当に価値があります。


本当に根性で掴み取った勝利でした。

これで、また一つ強くなってくれるでしょう。



そしてKG大和ジム自体も・・・昨日の2戦2勝で、ようやく本年度の成績を6勝6敗のイーブンに持ち込みました。


毎年、夏場から年末にかけて勝ち星を量産して行くのが特徴の我がジムなので・・・


次の6月24日の谷口将悟にも期待がかかります。


そして7月1日の天王山、日本3位のエース・田川智久の最強後楽園準決勝に向けて、良い流れになってきましたGOOD



以上、昨日は2戦2勝でした!!


やったど~力こぶ(右)ジロリ力こぶ(左)

ごんた会長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス