サッカーは嫌いだ。つまらない。そう思い始めたのは、大学に入ってからです。そのきっかけとなったのが努力の無意味さを感じてしまったことです。
自分自身、人目につくところで自主練をすることが嫌いで、誰にも見られないところで必死に上に上がれるようにもがいていました。しかし、いつになっても上には上がれない、試合にも関われず毎週応援の日々。何しにここへきたんだろうと自分の中で疑問に思いました。
ただ、ここからが分岐点なんだと今の自分には分かります。それでもなお、努力を惜しまず、必死に自分と向き合いもがき続ける人と、努力に無意味さを感じてしまい、苦しいことから逃げてしまう人、自分は手本のような後者でした。努力してもどうせ上には上がれない、プロなんてもってのほかだ、そう思ってしまいました。最終的には、努力をする時点で自分には向いてなかったんだと思いました。努力の無意味さを感じサッカーに向いてないと思った自分は、サッカーなんてつまらない、嫌いだと思うようになりました。しかし、実際は違いました。練習でいいプレーをすれば喜び、試合で負けたり、少しでもキックがズレれば悔しがる自分は紛れもなくサッカーが好きでした。練習では手を抜かず全力でやっているのも事実です。あの分岐点でもし、自分にベクトルをむけ必死にしがみついていたらもしかしたら上に上がれてたのかもしれません。そうでなかったとしても、周りからはあいつは頑張っている、必死にやってると思われていたと思います。
将来の夢は「夢を与えられ、目標とされるプロサッカー選手」になること。そんなことを言ってた自分をいま恥ずかしく思います。小さい頃から応援してくれてた人たちや、家族に申し訳ない気持ちでいっぱいです。どんな形であれ、必ず恩返ししたいです。
残されたサッカー人生は泣いても笑っても残り1年です。自分にできることはサッカーを全力ですることだと思います。そして、最高学年として、こんな自分ですがなにか残せたらいいなと思います。下級生には自分のようになってほしくないし、少しでも早く、多く上に上がってほしいです。そのためなら周りを蹴落としてでも這い上がってほしいです。

最後に、サッカーで悩んだ時、もうだめだと思った時、何も考えずただひたすらにサッカーを楽しんでください。ミスも他の人の文句も気にせずにひたすらボールを蹴って楽しんでください。きっとサッカーを始めた頃の自分を思い出すと思います。始めたての頃、誰かに評価を求めることも、上手くなろうともしてなかったと思います。ただ純粋にサッカーを楽しんでた気持ちを忘れないでください。

田中 亜祈 (3年:ヴァンフォーレ甲府U-18)