今回ブログを担当します、3年の佐藤幹太です。
よろしくお願いします。

僕は全国的には無名の高校から、関東学院大学サッカー部に入った。自分がどれだけやれるのか、そして上手い人たちの中でやって成長しようそういう気持ちで来た。
1年の頃はなにをしても上手くいかないし、自分のプレーを見失うほどだった。高校の頃できていたことが通用しない、正直練習に行くのも嫌なくらい自信を無くしていた。ある日ふと、親から入学祝いにもらったプレゼントと一緒に入っていた"チャレンジ"と一言だけ書かれた紙を見て、「自分はもともとチャレンジしにきたんだ、壁にぶち当たって当然。もっと頑張ろう」そう初心を思い出させてくれた。それからはどんなに上手くいかなくても、必死に練習に食らいついた。
その成果が少し出た。2年になると練習もAでやるようになり、後期には関東リーグのメンバーに入れてもらえた。すごく自信になったし、やってることは間違ってなかったと思えた。しかし、関東リーグに出場することはおろか、ベンチにすら入れなかった。
そして今年こそはと挑んだ3年。前期はメンバーに入れてもらえたが3月にアキレス腱炎になってしまい、前期はほぼ怪我でサッカーができなかった。3カ月もサッカー人生で初めて休んだ。復帰してからは体が全く動かないし、練習の序盤で1日分の体力を消費したんじゃないかっていうくらいきつかった。復帰する前にある程度走ったりしたけど、想像以上だった。それからはコンディションも上がらないし、当然パフォーマンスも全然ダメ。2年の頃につけた自信がまた無くなってしまってる。でもこのブログを機に自分がどう乗り越えたのか振り返ることができたし、また初心を思い出せた。
これから就活も始まって、サッカーとの両立をしなければいけない。それは今までの4年生を見て、どれだけ大変なことか想像できる。それも大学4年生で部活をやっている人にしか経験することが出来ないし、それを乗り越えた先にまたひと回り成長した自分が待っていると思う。大学サッカーもラスト1年。関東リーグに出場するために、引退の日まで"チャレンジ"していく。

最後まで読んでいただきありがどうございました。


佐藤 幹太 (3年:札幌創成高校)