今回ブログを担当させてもらいます。
2年、高縁 海です。
よろしくお願いします。


「「29番〇〇」「30番〇〇」以上が関東リーグの後期のメンバーだから忘れずにユニ持ってって。」発表されたメンバーの中に自分はいなかった。その時、調子がそこそこ良かったっていうのもあって自分の名前が呼ばれなかった時には頭が真っ白になった。

新人戦で明治、法政相手に勝つことが出来たし自信にも繋がった。
これからって時になんだよって正直思った。
でも次の日の練習の時にキャプテンの淳貴くんと同期の海がどんなことがあっても今を頑張るしかないみたいなことを言ってくれた。
それで自分は、「今までメンバーに入ってても出たこと無いんだから変わんないじゃん。それなら追加登録でもなんでもいいから試合に出て見返そう」って思えた。本当にこの2人には感謝している。

それから少し経って自分は追加登録されて初めて関東リーグに出れた。
少しだったけど嬉しかった。
試合当日のミーティングでは、緊張をほぐすためか分からないけど、いきなり監督が高縁なんでいるの?って言ってきたのはさすがにびっくりした。あれは死ぬまで忘れないと思う。
自分は、その次の試合からまた試合に絡むことはできなかったけど、今年は関東リーグに出て点を取るというのが目標だから絶対に諦めない。そして来年はスタートから出て関東学院を勝利に導けるような選手になる。

自分は小さい頃からプロサッカー選手になるという夢を持ちながらサッカーを続けてきた。
でも、小さい頃はそういう夢を持っているとはいえどうすればなれるとかそんなの考えたことがなかった。
中学生の頃から少しずつ考えていたけどプロについてしっかり考え始めたのは高校生の頃からだ。

同じチームにプロになった人がいたことが大きいと思う。彼は常に「プロになる」ということを口に出していて、誰よりも自主練でシュートをしていた。自分はこういうやつがプロになるんだなと感じた。自分もあいつに追いつきたい。そして追い越して誰にも負けない選手になる。
また、いまこうしてサッカー出来ていることを本当に幸せに思う。
でもそれは、家族やいままで携わってきた人のおかげだ。
そういう人たちに恩返しをするためにも絶対にプロサッカー選手になる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

高縁 海 (2年:富山第一高校)