自分にとってサッカーとは

自分にとって、サッカーは何ですか?
という質問をプロサッカー選手のインタビューで耳にすることがある。
元日本代表キャプテンの長谷部誠選手は「仕事。愉しい仕事」と答えていた。
24時間のすべての判断のベースがサッカーであり、それを全く苦と思わず、サッカーに情熱を持ち取り組んでいる。
自分もこの言葉を聞いた時、長谷部誠さんのような生活がしたいと改めて思った。

自分は四歳の頃にサッカーをはじめ、四歳で夢を持ち、それから夢に向かってサッカー中心の日々が毎日のように続いている。サッカーのおかげでの出会いも多い。指導者の方々にも出会え、友人はサッカーで繋がることのできた友人が大半だ。

今現在、自分にとってサッカーとは何だろうと考えてみると、「生活。楽しいもの。1番に考えていること。つらいこと」といったものが正しい答えだと思う。

大学に入ってから何も結果を出すことができず、納得のいくサッカー生活が送れていない。少し前に心の底からサッカーを楽しめないと始めて持つ感情を味わっていた。サッカーが嫌になったまではいかないが、楽しんでいないと明らかに自分の中でわかった。サッカーを楽しまなければ、絶対にプレーはうまく行くことはないと思った。
自分はよく妄想ドリブルを一人でしている。誰もいないピッチで相手を想像し、ドリブルする。妄想ドリブルをし、頭の中にイメージ、試合を決めるためのイメージを作っている。大事な試合で俺が決めるんだと常に良いイメージを持つために妄想ドリブルは大事にしている。最近は壁にボールを蹴って1日を振り返ったりする。練習のことだったり、サッカー以外の様々のことも振り返る。壁にボールを蹴っているとすごく落ち着いた気分になれる。そうやって1日の反省をし、今日の反省を明日の活力としている。毎日が勝負だと自分に言い聞かせる。だから自分は1日を振り返ることを大切にしている。

自分が今までサッカーを続け、夢を追い続けることができているのは、自分一人の力では絶対にない。家族、周りの人のおかげだ。夢を叶えることは自分のためだけではない。家族のため。応援してくれている人のため。夢を叶え、家族、応援してくれている人の喜ぶ顔が見たい。関東学院大学サッカー部のためにプレーし、一回一回の練習を大切に100%の力をだし関東リーグ、プロの舞台でプレーできるように自分はやる。

将来の自分にとってサッカーとは「仕事。楽しい仕事」となるように。強い覚悟で、自分に強く。

この写真はヴァンフォーレユース5人が並んでいます!


#宮川瑞希
#佐野金
#ホルモン青木🐲

宮川 瑞希 (3年:ヴァンフォーレ甲府U-18)