今回のブログを担当します。
1年の谷村 尚哉です。
拙い文章ですが最後まで読んで頂けると幸いです。

僕は今まで生きてきて色々な経験をしてきました。
人は経験するたびに強く、成長していくと思います。
サッカーに関する事なら
トレセン活動、海外遠征、怪我など....
理不尽なことも、楽しいことも、悔しいこともありました。

サッカーに限らず、生きていく上で必ずたくさんの経験をします。
ただ、たくさんのことを経験するだけで成長するのか?と言われれば少し違うような気もしますが...。
その経験から自分は何を学ぶのか。
何をすべきなのか。
それを考えることが大事であり、次に活かすことができれば大きな成長です。

僕は小・中学校と地元の和歌山でサッカーをしてきました。
全国大会に出たこともありませんでしたし、県外遠征すらほとんどありませんでした。
サッカーにおいて経験の差はかなり大きなものになると思います。
県内だけでは、見ている世界が狭く、上手くなるためにはまだまだ経験が少ないと感じていました。
そんな時、ユースのセレクションを受けるだけでも1つの大きな経験になるのではないか? と考え、セレクションに参加しました。
他府県の選手が多く居て、かなりの刺激になったのは間違いなかったです。その中でも自分のパフォーマンスを発揮し、結果的には合格してユースに入ることができました。
それからは今まで経験したことない出来事ばかりで、かなり戸惑いが多かったです。
全くスタメンとしてピッチに立てなかったり、大きな怪我を何度もしたり、挫折を繰り返しました。
そんな中、自分なりに考え、改善し、もっともっと上に行けるように努力したり、多くの挫折を乗り越え、
やっとの思いで高3の時にスタメンとして
プレミアリーグのピッチに立つことができ、
ようやくスタートラインに立てた気がしました。
高校3年間が今まで1番濃い経験ができた期間であり、
1人の人間として、1人のサッカー選手として
とても成長することが出来たと感じています。

それでもまだまだ自分には足りないことだらけです。
この大学4年間でより多くの経験を積み
もっともっと成長して夢を叶えたいと思います。

ダラダラとまとまりのない文章になってしまいましたが最後まで読んで頂きありがとうございました!


谷村 尚哉(1年:ヴィッセル神戸U-18)