今回ブログを担当させていただきます、関東学院大学サッカー部1年の丸山拓郎です。よろしくお願いします。

ポジションはGKで、高校時代は桐光学園サッカー部でプレーをさせていただいていました。今回この場を借りて、自分のサッカー人生を振り返りながら、今後なにしてくかをここに書き留めていきたいと思っています。

私は高校時代、1年生からメンバーに絡ませていただき、2年生の時にはスタメンとしてプレーをさせてもらっていました。ですが私はそこで満足してしまったのかもしれません。3年生になってから、私は怪我のため4.5ヶ月ほどチームから離脱をしました。復帰してからも自分のプレーをすることができず、結局終わってみると、3年時に出れた公式戦はたったの4試合。あの時ほどサッカーを辞めたいと思った事はありません。何回も泣き、何回も自分を責めました。あれほど苦しい1年間はこれから先、なかなかないと思います。でも私は逆にその1年間、誰よりも努力をしてきた自信があります。決して、努力をしたからといって結果が出るわけではないと私は思っています。でも、可能性を広げることはできると思っています。現にこの場でサッカーを続けられていることにより、夢を叶えるチャンスを得ることができています。10年以上に渡って送ってきたサッカー人生において、たくさんの選択というものをしてきました。それがすべて正しかったのか、はたまたすべて正しく無かったのかは私自身にはわかりません。ですが、今回、努力をするという選択をしてきたことで、今、関東学院大学サッカー部という素晴らしい環境の中でサッカーをすることができているとのだとおもっています。なので私は最後に笑っていられるように、そして、大好きなサッカーをこれからもやり続けられるように努力し続け、チーム全員で頑張っていきたいと思います。

まとまっていない文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。これからも関東学院大学サッカー部の応援をよろしくお願いします。

丸山拓郎 (1年:桐光学園高校)