SwithBotプラグで玄関アップグレード | のんびりカナダ生活 ~日本で家を建てる~

のんびりカナダ生活 ~日本で家を建てる~

カナダから日本に帰国し、2年が経ちました。
亡くなった夫SGと決めた”日本で家を建てる”目標が実現しました。猫のParkerと犬のLoganと住む家、もっと快適にしたいです。

こんばんは。
 
仕事でイライラストレスがマックスです。
人に当たらないように気を付けてはいるものの、言葉がキツクなってしまう気がします。
十分大人なのに、大人げないな私・・・と反省しながら、「人にやさしく、自分に厳しく」と何度も言い聞かせてます。
 
 
そんなイライラマックスの私ですが、ParkerとLoganはどんな私にも優しいネコわんわん
2人のお陰で、平常心を保ててる気がします。
 
 
 
 
 

猫の開き状態
 
 
 
 
 
この格好で私の方をじ~っと見つめててくれたParker。
マミー、イライラしてるニャ、落ち着くんだニャって言ってくれてる気がします。
 
 
近づいたらびよーんっと伸びてくれました
 
 
顎が真っ白なParker、可愛いラブラブ
今日も2人に癒されて、助けられてます。
 
 
ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ
 
 
この間の楽天お買い物マラソンでは、ほんの2,3点買っただけなんですが、今日その1つが届きました。
 
 
 
 
SwitchBot プラグ
 
 
 
 
ランプをタイマーでON、OFFしたくて色々探しました。
以前使ったことあるのは、大きくてごっつい感じのコンセントタイマーでした。
 
 
こういうの(写真は勝手に拝借)
 
 
 
 
ただこういうの、コンセントに挿して出っ張るので、あまり狭い場所には設置できないタイプです。
どうしようかなーっと探していたら、SwitchBotのコンセントを見つけました。
 
 
 
 
 
 
 
デザインもスッキリ
 
 
 
取説を見て、ささっと設定できました。
しかもこれ、Google Homeと繋げることが出来るんです。
 
元々ベッドルームで使ってるSwitchBotもあるので、アプリは既に入れてたので設定簡単でした。
もちろん、GoogleプラグONにして、OFFにしてって声かければ全部やってくれますし、アプリでタイマー設定したので、時間になれば勝手にONとOFFしてくれて便利です。
 
 
 
 
 
 
 
設置後はこんな感じ
 
 
 
 
 
 
そしてコレを設置したのは、、、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
玄関のシューボックスの上です
 
 
 
 
 
 
ここに大好きなミルクガラスのランプを置きました。
今までパソコン用のデスクに置いてたんですが、家で仕事するようになって、このランプではちょっと暗いなぁと思ってたんです。
まだデスクライトは買ってないんですが、お気に入りのこの子には玄関に行ってもらいました。
 
 
玄関のライト(ダウンライト)は、人感になっていて数分で消えるように設定してます。
夜遅くなった時とか、外から見て玄関内が真っ暗なのがちょっと気になってたんです。タイマーで一定の時間になるとONになって、またOFFになってくれれば、防犯にも良いかなと思います。
 
 
 
 
 
シューボックスの上も雰囲気良くなった気がします
 
 
 
 
お気に入りのランプの定位置が出来ました。
以前から便利で活用していたコンセントタイマーのカッコいいバージョンが手に入って、ささっと設置もできて大満足です。
これから必要以上に、GoogleプラグONにして!とか言っちゃいそうですチュー