賢明学院の入試報告会 | KGC塾長 楢原貴士のBLOG

KGC塾長 楢原貴士のBLOG

堺市北区、河内長野市、藤井寺市に教室展開する進学塾です。

総合進学塾KGC・・・中学受験・高校受験専門集団指導塾(新金岡校)

個別指導進学塾KGC・・・小1~高3対象個別指導塾(河内長野校、藤井寺校)

実は賢明学院は私の家の裏にあります。

出勤時間が、登校時間と重なることがあり、

ここの生徒たちとすれ違うことがあるのですが、

通学路には、先生方数名が立っておられ、

生徒が道を膨らんで歩かないように

誘導してくれています。

 

この学校は共学化されてから7年が経ち、

コースも多様化してきており、

ここ数年で少しずつ偏差値が上がってきているようです。

説明会では、卒業生240名のうち、

国公立大学の合格実績が15名となり、

初めて2ケタになったと喜んでいらっしゃいました。

 

この学校に入学する生徒の平均偏差値を考えると、

入学時から卒業時まで

よく頑張った生徒がいるのがよくわかります。

 

中1の生徒の学力が良くなかったのですが、

授業のやり方を工夫してみたり、

教員間でも勉強会などを実施するなどして

一定の成果が出てきているようでした。

 

数年前からi3(アイキューブプロジェクト)という

取り組みを行っており、今年度から

高1にすらら、高2、高3にはスタディサプリを導入しています。

賢明学院に限らず、スタディサプリや

すららなどの学習コンテンツを入れている学校は

どんどん増えてきています。

 

すららに関して言えば、もともと塾の方が

導入は早かったのですが、この近所で言うと

桃山学院や清教学園なども導入しています。

 

スタディサプリは、阪南大高校等を始め、

全国700校が導入しています。

以下に参考リンクを貼っておきます。

https://newspicks.com/news/1435734/body/

 

上記リンクからもわかるように、

生徒とたちのICTに対するリテラシーの向上により

映像授業を受け入れ安くなってきています。

西大和学園は生徒のプレゼンによって

スタディサプリの導入が決定したと書いてありました。

 

今や学習コンテンツは、どの学校も

標準装備になりつつあります。

こうしたコンテンツは、

「何を導入したか?」というより、

「どのように使わせているか?」

という学校ごとの運用スキルが注目されます。

 

先生の目が生徒1人1人に行き届く規模の学校です。

以前、KGCに通ってくれていた賢明の生徒で

気になる生徒がいたので、英語の先生に聞いてみたら、

「ああ、あの〇〇部の□□さんですね!」

とすぐにわかってくださいました。

 

学習コンテンツという武器を手にした賢明学院の

今後に注目していきたいと思います。

肌触りの良いパンフレットに

文庫本を2冊頂けたと思ったら・・・

文庫本ではなく、メモ帳でした。

 

 

via 個別指導進学塾KGC
Your own website,
Ameba Ownd