オンリーワン






こんばんは!
3回生プレーヤー兼女子リーダーの宮崎怜奈です!更新遅くなってすみません🙇

3月は芦屋レガッタ、追いコン、おでかけレクと
イベント目白押しで、忙しく充実した日々を過ごしています!3月後半も楽しんでいきたいと思います!


さて、今回のテーマは
「カヌー部の魅力/入部理由」ということですが

私の場合高校からカヌーをやっていて
スポーツ推薦で関学カヌー部に来たので
他の人とは少し入部理由のニュアンスが違うかもしれません🤔

なので主に関学カヌー部を選んでよかったと思ったカヌー部の魅力について話していきたいと思います!

1回生のころの私は高校の時とはまた違った大学カヌーという環境に最初は困惑していました。
部員数は高校の時の倍の人数!
女子もたくさんいて、水上では上回生に波乗りしてついていくのに精一杯でした。
慣れない環境と
練習のしんどさに
正直、辛い時の方が多かったと思います。
それでもなぜ頑張れたかと言われたら、

カヌー部にいる人みんなが本気で日本一を目指して本気でカヌーをしていたからです。

必死に自分がついていけたのは、上回生も必死に前を漕いでくれたから。

自主練しようと思ったのも1番速い人が1番自主練していたから。

試合で勝てば自分より喜んでくれる仲間がいて、

声が枯れるまで応援してくれる仲間がいて、

こんな幸せなことないな

関学でカヌーを続けてよかったなと思うようになりました。

もしかしたら部員の中には、1回生のときの私みたいに気持ち的にしんどくなったり、
辛いことばかりに目を向けてしまってる人がいるかもしれない。

俊が言ってくれてたことだけど
一歩下がって見てみるといつもの日常に
当たり前ではない幸せがたくさん散らばってる。

遅くまで部室でビデオを見て
部員同士で漕ぎについて喋っている時間も

練習前に芸だしをしてくれる後輩がいることも

それをみんなで笑いあえる環境も

ご飯に誘ってくれる後輩がいることも

日本一にすると言ってくれるマネージャーがいることも

OB・OGさん、監督・コーチからの応援も

どれも当たり前じゃない。

今まで当たり前にあったこの環境が
もしなくなってしまったらって考えたら
その有難さと、楽しさと、 
チームの存在、仲間の存在の大きさに気づけると思う。

それに気づけたらなんでも頑張れる!
私は今では辛いことがあっても逆に
辛いことのない人生なんてつまらない!
辛いことがあるからその先にある感動とか喜びがかけがえのないものになるんだ!
って考えてます。


途中から何を書いてるのかわからなくなりましたが、とりあえずカヌー部は
本気でカヌーにも、仲間にも関わっているところが魅力です!

私も本気で最後まで
「誇れるチームへ」「日本一」
を目指して突っ走りたいと思います!

ブログ苦手なのでうまく書けてませんが、
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次ブログを書いてくれるのは、
4月から新3回生の畠中佑樹です!!
関学の巨人!そして関学のBluetoothを牛耳っている男です!畠中ポットの懐かしい年代の曲が海体では流れており、私は艇を洗いながらいつも口ずさんでます!
見た目は初対面だと怖いかもしれませんが、
優しく、努力家で、カヌー部の縁の下の力持ち!
次ブログよろしくお願いします!

では長くなりましたが、失礼します。