FC.VIDAレディース いつかはVIDAで日本一

FC.VIDAレディース いつかはVIDAで日本一

『VIDA』とは『命・人生・生活』という意味です。
女子サッカーの成長を願い誠実に・正直に・正々堂々と綴ろう!
・VIDA U-12(少女)
・ユースU-15(中学生)
・Feliz(O-30)
・トップ(強化チーム)
・村田学園サッカー部の活動の記録です。

クローバー『責任と思いやり』クローバー『厳しさと優雅さ』

エンブレムFC.VIDAレディース
2019シーズーンサポータークラブ会員募集
目標年間1000会員  

■お問合せ FC.VIDA TOPチーム事務局  kfvida@yahoo.co.jp

ご支援ありがとうござます。
2019年 サポーターズクラブ入会メンバー
成瀬健三様・大槻修一様・田中藤雄様・高月圭子様

2018年 サポーターズクラブ入会メンバー
井上様 植村様 岸野様 川名様 角田(典)様 角田(恭)様 高橋(雄)様 高橋(さ)様 高月様 平川様 岡田様 田中様

NEW !
テーマ:

春分の日(3.21)

成立学園と不定期に定期戦をやっています。

そもそも東京都清瀬市で1992年に始まった清瀬あすなろSSジュニアユース(現VIDA立川)の最初のメンバーの一人が成立学園に進学しサッカー部に入りました。後にキャプテンを務めますが、その時の監督がN先生でした。先生が女子サッカー部の監督になられて、僕が村田女子高校のお手伝いをするようになり東京の会場や交流会で知り合うようになり、今に至ります。国体などでご一緒しながらサッカーの話を深めてきました。学校の部活では、それぞれに方針が違いますから、純粋にサッカーだけで勝負するのは、困難なことがたくさんあります。それでもぶれずにサッカーを追求している数少ない監督の一人だと思っています。勝てるかと問われれば、勝てないかもしれません。しかし、卒業生には、味のあるサッカーをよく理解している選手が育ちます。

この不定期戦は勝ち負けではなく、お互いの益になることが前提にあります。新年度に向けて、相手に遠慮することなくチームの調整をしながら、相手の状況も観察し合える場になることが目的です。

VIDAトップチームはあかね(前橋へ進学)の送別試合とします。

茨木県神栖市矢田部 神栖サッカー場Cコート

11時キックオフ

 

 

   

 


テーマ:

試合のない日曜日の午後。その日はユースも栄養講習会。高校も遠征で午後からグラウンドは空いていました。

午前の練習開始前にマイさんが「今日グラウンドは、午後空いていますか」と聞いてきました。

「今日は皆さん出払っていてあいてるよ」

 

質問の意図は、なおとコーチと、そこそこサッカー談義をして門を出るときにわかりました。閑散としたグラウンドに残っていたのは30代の二人だけでした。

ハードに追い込む必要はありません。ストイックに詰めて技術アップをすることもないでしょう。

しかし、そこにボールがあって、ピッチがあって、こんないいお天気だったらグラウンドにいたくなりますよね。なぜならサッカー選手だから!

 

中学生のころ、よみうりランドのグラウンドでは、今ある面積のすべてが天然芝のグラウンドでした。まさに1969年!それまでは河川敷や公園を探しては練習していたので、読売サッカークラブができてその最初のスクールに入ってそのグラウンドを使えることがうれしくてしょうがありませんでした。

 

  30代も後半になると自分のアイデンティティを強く考えると思います。

マイはサッカー中心の生活をずっと送ってきた中で、30代の中盤にさしかかる時に今の一部上場の会社の正社員になりました。それでもそこを辞めてサッカーに打ち込むという相談をしてきました。さすがにそれは止めました。残業続きの仕事で練習に来れない時間があることを気にしています。それでも自分はサッカー選手であるという自覚がある以上、怪我を直し復帰を目指し、チームの勝利に貢献しょうとしています。

ヨシエはマイの一つ下の選手でした。女子高から経営短大とずっとマイと共にサッカーをしてきました。次のキャリアを積むために一度引退しましたが、勤務先を西船にして、昨年グラウンドに戻ってきました。ブランクを埋めるために、そこにピッチがあり時間があるなら帰るわけにはいかないでしょう。僕もその日やむを得ない約束がなければグラウンドに残ったと思います。選手の体のケアーのためにいつも最後までプレハブにいてくれます。

   実績を上げた多くの先輩たちもいます。今もなお、第一線で活躍してるOGの方々もいます。それぞれにそれなりにサッカーと向き合い葛藤しながらもサッカーを優先し生きているのだと思います。あの人はどうだったこの人どうだったという話は過去の話なので、今の選手にはピンとこないのでしょう。でも今、目の目の前にVIDAの魂をもったモデルがいます。それを継承し追い越していく選手は、誰なのでしょう!今年こそは!

   あなたは今何をしているのですか?と問われて、迷わず「サッカーです!」と応えられる選手こそが、サッカー選手なのです。

 

 


テーマ:
   殆どの選手を中学生の頃から知っています。スクールから来ている選手は5、6年生の頃からこのグラウンドに来ているわけで、上手くなったなぁとふと感じる場面があります。しかし、ここ数年高校で経験を積んだ割にはサッカーが上手くなっていないと感じる選手もいます。

   前回のオープン戦から、5回目の練習になりますが、プレーの質を改善したり、上げてきている選手もいます。同時に一向に変化のない選手もいます。回りが上がれば現状維持は後退と同じになります。昨年と同じことをしていれば、昨年以下の結果となります。

素直な心と熱い思いをもってトレーニングすれば、この一週間で、大きく成長出来る可能性があります。チャンスです。

昨日今年のリーグ戦の詳細が決まりました。年々難しいリーグになってきています。
 2019年クラブは法人化へ向けて歩み始めました。選手も強い気持ちで勝ち上がらなければなりません。

  1日ブレイクして、来週は火曜日水曜日のトレーニングを挟み木曜日のオープン戦でおおよそ見極めます。1つ1つのプレーが選手の答になります。
  コンセプトに目を通しピッチで表現してください❗️

テーマ:
本日 元ボンバーズの二人の恩師が来場❗️2時間のトレーニングを視察してくださいました❗️今後とも是非是非VIDAを宜しくお願いいたします🙇
昼食をともにして女子サッカーの情報を交換しました。

  夜は千葉県一般リーグの年度最後の部会がありました。レミチャンが副部会長になりました。
  お隣は暁星のH先生でした。サッカー談義をしていたら、いろいろな共通の繋がりが出できて、話が弾みました。それもまた楽しい🕺

テーマ:
  今週は自主練習の時間を取るようにしています。自主練習を見ることでその選手の意識がわかります。

   私達に与えられた時間はアフター5~ナイター消灯の22時までの時間です。その間グラウンドを使用できるのは、女子高が部活で使用する18時からになります。ユースもこの時間に始まります。トップは20時から正味90分間のトレーニングをします。高校サッカーなどで練習量神話を刷り込まれた選手はこの練習時間の短さに不安を覚えます。
「サッカーはサッカーをすることで上手くなる」という言葉に有るように、全体練習は、よりピッチ上に現れる現象を取り出して練習することが大切です。パス&コントロールにしてもポゼッションにしてもシュート練習にしてもボールオンもオフも全力で取り組んだら、サッカーに必要なフィジカルも、考える力も、精神力もアップします。毎回の90分を100%200%で取り組んだら、アフターで走る🏃必要はありません。
    リハビリや体力回復の必要の有る選手が調整するために走る🏃ことは、止めません。むしろ必要かもしれません。しかし、トレーニングに全力で取り組んだら選手が更にアフターで15分間走るのは、心理的な自己満足にしかならないとも思います。
   
    監督コーチはいかにチームや個人が成長できるかを考えながらトレーニングの質をあげなくてはいけません。また、選手はそれこそ頭を使い、心を燃やし、身体を全力で動かしながらこの90分から120分を動く事です。
  しかし、同時にキックの制度やファーストタッチの質など技術的なクオリティを上げることは必要不可欠です。即ち個人のための練習は、全体練習外にするしかありません。消灯迄の僅かな時間にキックの精度新しいフェイント、ファーストタッチの質、ヘディングやその他のボールコントロールを楽しみながら、真剣にやり続けるサッカー娘が幸せなサッカー人生を過ごすのです。🙋🍀

テーマ:
ボールを奪う✨(何時何処でどのように)は、ケースバイケースですが、曖昧にしておくと、主導権を取ることができなくなります。年間を通してその質を上げていくテーマです。
しかし、先週の試合でもそうでしたが、幾つかの良い崩しがあってもゴールが奪えないのでは、勝つことができません。
ゴールを奪う
ビルドアップがうまくいき、サイドチェンジがあり、アタッキングゾーンでの巧みなショートパス、意表を突くスルーパス、飛び出しetc.がかしこに見られたわりにはフィニッシュが決まらない😢😅
   昨日の練習でもフリーで外すシュートの場面が多くありました。シュートそのものの制度もさることながら、そこに至るリズムやタイミングにも微妙なズレが有るのでしょう❗️今夜もその辺の改善やアイデアの共有を意識してトレーニングを進めていきたいと思います。

テーマ:
  資本主義の世の中で、0資本で会社を設立したり、事を興すことは、無謀な事です。しかし、近年夢を描きJクラブを目指しそのステージにたどり着いたクラブがあります。しかし、同時に資金繰りに追い込まれ力ここに及ばず消えていったクラブや、企業の撤退で涙を飲んだ有能な選手やクラブもありました。更には、今も命を注ぎださながら、J1のステージを、目指して奮闘しているクラブもあります。
 奇しくも昨日は東日本大震災から8年目の3月11日でした。昨日の報道は、様々葛藤を抱ながら、相当な覚悟をもってこの8年間を歩んでこられた方々のドキュメントばかりでした。改めましてその厳しさや過酷さを目の当たりにしながらそれでも前へ進む人々の歩みに勇気を頂きました。
   何としても頑張ってサッカーを通して勇気を分かち合えるクラブになりたい❗️と思いました。
   

テーマ:
   これまでVIDAレディースは、村田学園と共に強化を進めてまいりました。今後もその関係は変わりませんが、同時にトップチームのステージアップのためには、法人化が必要になります。そのためには事務所が必要になります。すなわち様々学園にお世話になっておりましたクラブが、自立して新たに学園のサッカー部と共に強化していくことになります。
    昨日は午後から事務局長と、西船橋に事務所を契約に出向きました。
   

  4月から西船橋に事務所を置くことになります。山口病院様のすぐそばになります。
先ずはここから一歩づつ!
To Be Continued❗️

テーマ:
FC.VIDAレディース2019年新加入選手のご紹介(3月1日現在)
◆田中 麻琴(たなか まこと)No14

【出身地】千葉県
【ポジション】MF 
【サッカー歴】VIDAユース→村田女子高校
【本人のコメント】 チームに貢献し、結果を出せるよう頑張ります。
宜しくお願いします。

◆土屋 栞夏(つちや かんな)No15

【出身地】千葉県
【ポジション】MF
【サッカー歴】VIDAユース→村田女子高校
【本人のコメント】 少しでもチームの戦力になれるように頑張ります。
宜しくお願いします。

◆榎田 里帆(えのきだ りほ)No20

【出身地】千葉県
【ポジション】MF
【サッカー歴】修徳学園中学・高校
【本人のコメント】 今年からVIDAでプレーすることになりました。責任を持って一生懸命頑張りますので、宜しくお願いします。

◆内山 希(うちやま のぞみ)No21

【出身地】埼玉県
【ポジション】DF
【サッカー歴】戸木南ボンバーズ→村田女子高校→日本体育大学
【本人のコメント】 サッカーを楽しみ、このチームと共に、私も強くなっていけるように一生懸命やっていきます。
これまでお世話になった方への感謝の気持ちを忘れずに、恩返しができるよう、私らしく全力で戦います。
よろしくお願いします。


Ameba人気のブログ