1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月15日

今からラジオ出演

テーマ:準備編

これまでの総歩行距離】約21,400km(海外12,000km、国内9,400km)

【あゆみと歩いた距離】5,960km(西日本+台湾)

【現在地】日本徳島県阿南市 旅休止&準備中
【次の旅】北米大陸(カナダ+キューバ)夫婦徒歩二人旅(2017年2月より)


 
 
今からラジオに出る。
今大慌てで更新
{B441A086-987D-4FA8-AFE2-EBA09CE1F6F9}



12月15日午後9時からB-FM(FMびざん)の田岡批呂子さんの番組「大人の上質
→→
コニサークラブ
 
B-FMはサイマルラジオってので全国どこでも聞ける。
B-FM791のページの左上のサイマルラジオでB-FM791を選んで「放送を聞く」をクリック
すると聞けるよ

雪降ってきた

{EE9FA143-5709-4964-828E-66731E42A7A3}


そして今日は結婚3周年だった


こちらがホームページ→→→Fumi's trek around the world on foot  歩き人ふみの徒歩世界旅行

 ***************************************************************************

歩き人ふみが自費出版した本は半分売れて、投入した資金の半分が戻ってきました。

本が注文できるのは私が出国するまでかもしれません。

購入していただけたら、次の北米徒歩横断二人旅の資金とさせていただきます!

歩き人の本の内容、注文の仕方はこちらに⇒⇒⇒目次とプロローグ

いただいた感想はこちら⇒⇒⇒感想  皆さんからのご意見、ご感想をお待ちしてます!
本はこちらにメールいただければすぐにでも送るよ~~。それが一番ありがたいです。
希望者には歩き人の下手なサイン付きで。欲しくない方は「要らない」と書いてね
→→→ arukibitofumi@yahoo.co.jp

2017年1月中くらいまでは徳島県内だと平惣(ひらそう)、紀伊國屋、小山助学舘、キダブン等各書店で売ってるし、

アマゾンでも注文できるよ。↓↓↓

歩き人ふみの徒歩世界旅行2 ニュージーランド オーストラリア編
児玉文暁
アニバ出版 (2015-11-27)
売り上げランキング: 365,504
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「準備編」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年03月24日

山伏と酒を飲む

テーマ:準備編

これまでの総歩行距離】約21,400km(海外12,000km、国内9,400km)
【あゆみと歩いた距離】5,960km
【前回の徒歩旅】
 日本列島縦断9,400km(2005年8月~2013年12月)
 台湾縦断700km(2014年5月~7月)
【現在地】日本徳島県阿南市  旅休止&準備中
【次の旅】北米大陸徒歩横断二人旅

 

 

先週末は、思いがけず暦通りの三連休になった。 
 忙しすぎた日々にも終りが来ようとしている。
 
まあ連休にはならないだろうと思っていたから何の予定も入れずにいたが、友人のまりこさんから
「日曜日の春分の日に、淡路島に行きませんか?」
というお誘いが前日にあった。
 
話をちらっと聞くと、何となく面白そうだったので行ってみることにした。
徳島市から車に乗り合わせて淡路島へ
 

image

天気は良い。徳島県から出るのも秋以来だな

 

今回の目的は淡路島の南部、諭鶴羽(ゆずりは)神社で行われる

「採燈(さいとう)大護摩供法要」

 

諭鶴羽山の修験道の歴史は古く、平安時代には熊野と並んで、隆盛を誇っていたそうだが、

戦国時代の度重なる焼き討ちと、明治時代の神仏分離令によりほぼ消滅していたのを、

熊野の修験者(しゅげんじゃ)が五百年ぶりに復活させたのだそうだ。

 

山伏(やまぶし)とも呼ばれる修験者とは、山へ籠もって厳しい修行を行う行者のことだ。

 

image

熊野や全国から修験者が集まってきているそうで、まりこさんはこの法要を取り仕切っている

修験者、立石光正さん(写真中央)と親しく、他にも何人も知り合いが来ているようだ

 
 
image
 修験者自体、普段目にすることもないから、こんなにたくさんの行者さんが一堂に会しているのは壮観だ
 
 
 
 
image
十数個の法螺貝(ほらがい)の音が響き渡る
山伏と言えば、法螺貝が付き物だが、光正さんは法螺貝の第一人者でもあるらしい。
 
 
image
これが修験者の持つ法螺貝
 

 

image

書の奉納や舞い、音楽の演奏、修験者同士の問答など様々な儀式がある

 

 

image

そして、いよいよ薪に火が点けられ護摩法要が始まった。
モクモクと上がる煙、そして炎。
柄の長い柄杓で水をかけつつ、火を燃やし続ける
 
 
 その後、修験者さんの後に付いて、諭鶴羽山の山頂まで登る。
 
image
道中も法螺貝や笛の音が響く。
山道を歩きながらも吹けるんだな
 
 
image
新しいお社の建立
 
諭鶴羽山は標高608mでありながら淡路島の最高峰。
淡路島がどれだけなだらかだかよくわかる。
 
眺めは素晴らしく、東に広がる紀伊水道の向こうには和歌山や大阪、北には神戸方面
西には瀬戸内海、そして南には朝出てきた徳島が見えている。
 
image
山頂で、京都から来たドイツ出身のウベさんと話す。
護摩法要でも歌や楽器の演奏をしていて、映画「バルトの楽園」にも出演していたそうだ。
⇒⇒⇒UWE WALTER
 
 
image
その後、修験者さん達が法要後の打ち上げのようなことをしていた所に顔を出す。

先ほどまで白装束を着て法螺貝を吹いていた山伏の集まりにそう易々と入っていっていいのかな。

全く臆することもなく入っていくまりこさんの後に続く。

何のてらいもなく、自然に入ってゆける、その辺がまりこさんの強みだな。

 

光正さんに紹介していただき、私達も酒の席に参加させていただくことになった。

諭鶴羽神社の宮司さんや、他のいろんな修験者の人達とお酒をいただきながら話をする。
なかなか修験者の人達とお酒を飲める機会もあるまい。
修験者と言ってもいつも山の中で修行している訳ではなく、普段は普通に会社に通っている人もいるそうだ。
 
ここで、私があゆみと日本徒歩縦断の途中に熊野で出会った人と再会し、他にも噂では
聞いていたが初めて出会う、人力車を引っ張って日本一周していた人と話ができた。
 

また、ネパール、インド2,000kmを徒歩で旅して本も出している人もいた。

私がいつか歩いてみたいところだ

 

さすが、一風変わった人が多いな

 

image

前列中央左が立石光正さん、右が宮司さん
 
 光正さんはおそらく「破天荒」と称されているだろう、型にはまらない人のようだ。
話してみると、初めて出会ったはずなのに、昔どこかで出会っているような懐かしい感じがした。
人を惹きつけるものを持っている。
昔は世界を旅していたらしく、かなりハードな経験もしているようだ。
 
こういう人は嫌いじゃない。
「おう、飲め飲め」
「弁当食え」
「泊まっていけ」
 
そのうち光正さんも酔っぱらってしまっていた。
 
良い夜だった。
まりこさん、ありがとう
 
 
image
翌朝、諭鶴羽山より下りる途中。
目の前には、沼島(ぬしま)、その奥には徳島の伊島が見えている。

ということは右に見えているのは阿南の蒲生田岬(がもうだみさき)だ。

 

なにか素晴らしく景色の良いところだ。

淡路島は徳島のすぐそばなのに、あまり縁のないところだったが興味が湧いてきた。

 

今度、諭鶴羽古道も歩いてみたい

 

 


歩き人の本の売れ行きは、次に考えている北米徒歩横断二人旅の資金調達に直結してます!
ぜひぜひご購入のご検討を! 

歩き人の本の目次・プロローグはこちらに⇒⇒⇒目次とプロローグ
いただいた感想はこちら⇒⇒⇒年の終わりと本の感想まとめ

アマゾンで2件目のカスタマーレビューいただきました。

どうもありがと~~~!!!⇒⇒⇒アマゾンのカスタマーレビュー


でも最近売れ行きは停滞中。忙しさにかまけて、な~んもしてないからねえ

本はこちらにメールいただければすぐにでも送るよ~~。それが一番ありがたいし。
希望者には歩き人の下手なサイン付きで。欲しくない方は「要らない」と書いてね
→→→ 
arukibitofumi@yahoo.co.jp
徳島県内で現在本を置いてくれてる店
平惣書店 徳島店・羽ノ浦店・阿南センター店・石井店BOOK館・小松島店BOOK館・田宮店・タクト店・川内店
紀伊國屋書店 そごう徳島店・ゆめタウン徳島店 小山助学館 本店・福島店
キダブン(小松島) 喜久屋商店(阿南市橘町) 焼肉・ホルモン も(阿南市桑野町)
もしこれらの店で本が見つけられなかった場合は歩き人まで連絡下さいな。すぐに補充したいから。
残念ながら、徳島県外の書店店頭には並んでない。どこか置いてくれる場所を募集中!!!
もちろん、もよりの書店の店頭で注文していただくこともできるし、ネット販売のアマゾンでも販売中!
書店店頭の場合、ISBNコード「ISBN978-4-907107-05-5」さえ示せば注文できるはず。図書館にリクエストを出すという手もあるよ!
もし、アマゾンで買う際は、こちらから入って購入していただけると、ありがたし↓↓↓ 

 

 

歩き人ふみの徒歩世界旅行2 ニュージーランド オーストラリア編
児玉文暁
アニバ出版 (2015-11-27)
売り上げランキング: 718,456
 

 にほんブログ村
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
いつもどうもありがとう。でもまだしばらく旅に出られないのに、ここのランキングにいるのは

どうなんだろうという疑問を感じつつ。

一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒
「ただ歩いてゆく旅」
3年前のベトナムの記事途中で更新ストップ。長期ブログ冬眠状態に入ったまんまだ。再び目を覚ますのは次の旅に出る時かな?

あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ
タスマニア10,000人プロジェクトの撮影も終了。展示会が楽しみ
⇒⇒「タスマニアで生きる人たち

でもこちらもずっと更新されてないなあ、兄妹揃って・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年03月08日

まるこハウスのまるこさん

テーマ:準備編

これまでの総歩行距離】約21,400km(海外12,000km、国内9,400km)
【あゆみと歩いた距離】5,960km
【前回の徒歩旅】
 日本列島縦断9,400km(2005年8月~2013年12月)
 台湾縦断700km(2014年5月~7月)
【現在地】日本徳島県阿南市  旅休止&準備中
【次の旅】北米大陸徒歩横断二人旅

 

 

今日もまた、シダと格闘していた。

どうも仕事の話ばかりで申し訳ないけど、最近他になにもやってないので書くことがない。

 

image
こういう生い茂っているシダの中を進むのはとても骨が折れる。

 

昨日、今日と二日間、深い谷の中でもその一番奥が調査対象だった。

会社から車で2時間と、そこから歩いて1時間、計片道3時間の場所。

往復で6時間にもなって、仕事してる時間と行き帰りの時間が同じくらいだ。

 

image
昼休みは歩き疲れて、皆その辺の岩の上や地面の上で昼寝する。
限られた日の当たる場所を探して寝るが、日向はすぐに移動してしまう。

 

どこででも寝るのは慣れているとはいえ・・・寝づらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は全く変わるが、昨年から私のブログにもちょくちょく顔を出してる、徳島県で唯一残る村、

佐那河内村(さなごうちそん)にあるゲストハウス「まるこハウス」のまるこさんへのインタビューが、

NHK徳島のニュースに出るらしい。

 

変更がなければ、3月9日(水)の18:10頃から。

ちょっと見るのは無理な時間帯だな

 

image

写真は既出だけど、昨年のお茶会の様子

今年はまだ全然顔出せてないけど、いろんなイベントやってるみたいだ。

徳島の方、どんなのだか、ぜひ見てみてね。

(なんで出て何の話するのか、実は何にも知らなかったりする)

 

 

 


さて、歩き人が自費出版した本の売れ行きは、次に考えている「ふみとあゆみの北米徒歩

横断二人旅」の資金調達に直結してます!

 

アマゾンで2件目のカスタマーレビューいただきました。

どうもありがと~~~!!!⇒⇒⇒アマゾンのカスタマーレビュー

歩き人の本の目次・プロローグはこちらに⇒⇒⇒目次とプロローグ
いただいた感想はこちら⇒⇒⇒年の終わりと本の感想まとめ

最近売れ行きは停滞気味。忙しさにかまけてな~んもしてないからねえ
本はこちらにメールいただければすぐにでも送るよ~~。それが一番ありがたし。
希望者には歩き人の下手なサイン付きで。欲しくない方は「要らない」と書いてね

→→→ 
arukibitofumi@yahoo.co.jp

徳島県内で現在本を置いてくれてる店
平惣書店 徳島店・羽ノ浦店・阿南センター店・石井店BOOK館・小松島店BOOK館・田宮店・タクト店・川内店
紀伊國屋書店 そごう徳島店・ゆめタウン徳島店 小山助学館 本店・福島店
キダブン(小松島) 喜久屋商店(阿南市橘町) 焼肉・ホルモン も(阿南市桑野町)
もしこれらの店で本が見つけられなかった場合は歩き人まで連絡下さいな。
すぐに補充したいので。
残念ながら、徳島県外の書店店頭には並んでないので、置いてくれる場所を随時募集中!!!
もちろん、もよりの書店の店頭で注文していただくこともできるし、ネット販売のアマゾンでも販売中!

書店店頭の場合、ISBNコード「ISBN978-4-907107-05-5」さえ示せば注文できるはず。図書館にリクエストを出すという手もあるよ!
もし、アマゾンで買う際は、こちらから入って購入していただけると、嬉しい↓↓

歩き人ふみの徒歩世界旅行2 ニュージーランド オーストラリア編
児玉文暁
アニバ出版 (2015-11-27)
売り上げランキング: 718,456

前作 「歩き人ふみの徒歩世界旅行 ヨーロッパ・南米編」もまだ少し在庫あるけど、とうとう

残り少なくなってきたぞ。ご希望の方はお早めにご連絡を。 
ヨーロッパ・南米編 歩き人、初めての海外徒歩旅の時のお話。

やっぱり一番気になるのが読者からの感想です。皆さんからのご意見、ご感想を首を長~~くして待ってます。
もちろん、本人の許可がない限り勝手にブログに載せることはありません。酷評も甘んじて受けます・・・

 

にほんブログ村
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
いつもどうもありがとう

一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒
「ただ歩いてゆく旅」
昨年のベトナムの記事の途中から更新ストップ。いつも通り長期ブログ冬眠状態に入ったまんまだ。再び目を覚ますのは次の旅に出る時かな?


あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ
タスマニア10,000人プロジェクトの撮影も終了。展示会が楽しみ
でもこちらも最近更新されてないなあ
⇒⇒「タスマニアで生きる人たち

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年01月08日

カナダとカリブ海

テーマ:準備編
これまでの総歩行距離】約21,400km(海外12,000km、国内9,400km)
【あゆみと歩いた距離】5,960km
【前回の徒歩旅】
 日本列島縦断9,400km(2005年8月~2013年12月)
 台湾縦断700km(2014年5月~7月)
【現在地】日本徳島県阿南市
       旅休止&準備中
【次の旅】カナダ徒歩横断?



一年で一番仕事が忙しい時期がやってきた。

これから3月初旬まで怒涛の日々だ。
私のこれからの主な現場は会社から車で片道2時間、高知県との県境、宍喰(ししくい)の
山の中だ。
むむむむむ

まあ、頑張っていこ~



さて、目の前の現実とは離れて、カナダ徒歩横断の旅のことでも夢想してようっと


地図を眺めてみても、カナダはつくづく広いなあ


バンクーバーから五大湖の一番西のオンタリオ湖まで約3,000kmある。
そこからオタワまでさらに1,500km。

過去に歩いた、ニュージーランド縦断、オーストラリア縦断はともに約3,000kmで
それぞれ約9ヶ月かかっている。
それは1人の時だから、あゆみと2人だと軽く1.5倍~2倍はかかるだろう。
バンクーバーを春に出発したとして、どう考えてもオンタリオ湖にたどり着く前に冬が来るのは
間違いない。

冬のカナダなんて寒いところ、歩きたくはない!キャンプはもっと嫌だ!!

そうだな、冬の間はどこか暖かいところに避難しよう。

あゆみはカリブ海に行きたいって言ってたなあ。
じゃあ、そうしよう。

「夏カナダ、冬カリブ」

うん、いい響きだ




歩き人の本の目次・プロローグはこちらに⇒⇒⇒目次とプロローグ
いただいた感想はこちら⇒⇒⇒年の終わりと本の感想まとめ

アマゾンで購入された方!! 誰かカスタマーレビュー書いてほしいな
まだ一つもないものだから、書いてくれると、とっても嬉しい⇒⇒⇒アマゾンのカスタマーレビュー


本はこちらにメールいただければすぐにでも送るよ~~。
希望者には歩き人の下手なサイン付きで。欲しくない方は「要らない」と書いてね

→→→ 
arukibitofumi@yahoo.co.jp

徳島県内で現在本を置いてくれてる店
平惣書店 徳島店・羽ノ浦店・阿南センター店・石井店BOOK館・小松島店BOOK館・田宮店・タクト店・川内店
紀伊國屋書店 そごう徳島店・ゆめタウン徳島店 小山助学館 本店・福島店
キダブン(小松島) 喜久屋商店(阿南市橘町) 焼肉・ホルモン も(阿南市桑野町)
もしこれらの店で本が見つけられなかった場合は歩き人まで連絡下さいな。
すぐに補充したいから。
残念ながら、徳島県外の書店店頭には並んでない。どこか置いてくれる場所を募集中!!!
もちろん、もよりの書店の店頭で注文していただくこともできるし、ネット販売のアマゾンでも販売中!
書店店頭の場合、ISBNコード「ISBN978-4-907107-05-5」さえ示せば注文できるはず。図書館にリクエストを出すという手もあるよ!
もし、アマゾンで買う際は、こちらから入って購入していただけると、ありがたし↓↓↓  

 
 

にほんブログ村
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
いつもどうもありがとう

一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒
「ただ歩いてゆく旅」
昨年のベトナムの記事の途中から更新ストップ。いつも通り長期ブログ冬眠状態に入ったまんまだ。再び目を覚ますのは次の旅に出る時かな?

あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ
タスマニア10,000人プロジェクトの撮影も終了。展示会が楽しみ
でもこちらも最近更新されてないなあ
⇒⇒「タスマニアで生きる人たち

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年11月25日

本到着、そして支払いの時来たる・・・

テーマ:準備編

【これまでの総歩行距離】約21,400km(海外12,000km、国内9,400km)
【あゆみと歩いた距離】5,960km
【前回の徒歩旅】
 日本列島縦断9,400km(2005年8月~2013年12月)
 台湾縦断700km(2014年5月~7月)
【現在地】日本徳島県阿南市
       旅休止&準備中


今日、実家に本が届いた。
出版社のアマゾン発送用買取分以外の全ての本だ。


{2AE151D6-B168-40DB-957B-5C8AFC1895A4:01}
「こんなにどっさりいったいどうしよう」
というくらいだ。

とともに、ついに出版費用支払いの時がやってきた。

アニバ出版さんにはいろいろとご尽力いただき、工夫もしてくださって、費用もかなり抑えて
いただいている。
それでも私にとってはまさに大金で、これだけあれば1~2年は旅ができるな、というくらいだ。

実際のところ、広告や協賛で皆さんの協力がなければとても払いきれなかった金額である。



ご協力いただいた皆さん、本当に感謝しています。
皆さんのおかげでようやく出版にこぎ着けたようなものです。
ありがとうございました。


日頃からお世話になってる人達に、せめて本を送りたいところだけど、費用を支払うと一時的に
貯金ゼロ状態になるため、今しばらくはさすがに少々厳しい。
ごめんなさい


徳島県外で、ご注文やお問い合わせはまずこちらへお願い→→→ arukibitofumi@yahoo.co.jp

もしくは、もよりの書店の店頭で注文していただくこともできるし、ネット販売のアマゾンでも予約受付中。
書店店頭の場合、ISBNコード「ISBN978-4-907107-05-5」さえ示せば注文できるはず。

アマゾンの場合はこちらへ↓↓↓
 

にほんブログ村
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう

一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
旅が終わるといつも通り長期ブログ冬眠状態に入った。次に再び目を覚ますのはいつの日か

あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ
タスマニア10,000人プロジェクトの撮影も終了。展示会が楽しみ⇒「タスマニアで生きる人たち

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月28日

歩きたい国

テーマ:準備編

【これまでの総歩行距離】約21,400km (海外12,000km、国内9,400km)
【あゆみと歩いた距離】5,960km
【前回の徒歩旅】
 日本列島縦断9,400km(2005年8月~2013年12月)
 台湾縦断700km(2014年5月~7月)
【現在地】日本 徳島県阿南市

       旅休止&準備中





旅ができないなら、せめて次の旅のことだけでも考えていよう

もちろん、次に二人で歩こうとする場所はまだ決まっていない。


候補地だけはたくさんある。



最初に考えていたのは、南・東ヨーロッパだ。

私の最初の徒歩旅はヨーロッパのポルトガルをスタートし、スペイン・フランス・スイスと歩き、さらに東に

向かって歩くつもりだったのだが、ひょんなことから南米に飛ぶことになり、そのままヨーロッパには

戻ってこなかった。

その続きで、イタリアやギリシャ、東ヨーロッパの国々を通ってトルコの方に歩くのもいいな、

と思っていたのだが、今はちょっと情勢がよろしくなさそうだ。


イギリス・アイルランドや北欧もいいかもしれない。でも物価が高そうだなあ。


しばらく様子を見てみよう。




それから、ネパール・インド

インドは二人で歩くには厳しすぎる所なので、いずれ歩く時は一人で行くつもりだ。

二人一緒に歩くのはネパールで、トレッキングなんかもしながら歩こうか、と考えていた所に地震が起こった。


ネットなどで見る限りは一応落ち着いているようだけど、観光客は激減していて、登山や観光を

収入の柱としている国だから、大変だろうなあ。

うん、ネパールは候補として残しておこう




最近思いついて、現在大きく関心を寄せているのがカナダ横断だ。


うーーん、しかしカナダ、でかいな!!


とりあえずの夢想



にほんブログ村
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう

一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
旅が終わるといつも通り長期ブログ冬眠状態に入った。次に再び目を覚ますのはいつの日か

あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ
タスマニア10,000人プロジェクトの撮影も終了。展示会が楽しみ⇒「タスマニアで生きる人たち
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月24日

ジン君

テーマ:準備編

【これまでの総歩行距離】約21,400km (海外12,000km、国内9,400km)
【あゆみと歩いた距離】5,960km
【前回の徒歩旅】
 日本列島縦断9,400km(2005年8月~2013年12月)
 台湾縦断700km(2014年5月~7月)
【現在地】日本 徳島県阿南市

       旅休止&準備中





一昨日から実家に泊っていたジン君を今日車で徳島駅まで送っていった。

今夜はどこかその周辺で野宿するらしい。

彼は徒歩とヒッチハイクで日本中を旅していて、基本野宿だけどテントは持たず寝袋だけ。
一日の予算は300円、なのだそうだ

{BF7285DA-E5F9-4A88-A071-7E6E6F9CA133:01}

手に持っているのはヒッチハイク用の行き先ボード。

行き先が「ふみさん」となっているのは、まあネタだろう




{2F9ACD71-41E4-4075-BC92-F646417DBEA6:01}

家に居る時に見せてもらったんだけど、下にたくさんの紙が隠れて見えると思う。

それらはこれまでヒッチハイクで行き先を書いた紙だ。

その下にはぶ厚い板のような物がある。

持ってみると、ガムテープで固められていて、金属でも入っているように、ずしりと重い。


中身は、これも今までの旅で使ってきた紙で、それをガムテープで巻いてボード代りに

使って、また紙がたまったらそれも貼り付けていって、その結果こんなに厚くて重いボードに

なったのだ。


このボードには、彼の今までの旅が詰まっているのだとも言える。




ジン君は愛媛県出身。現在、数ヶ月間、高校を休学して旅をしている。



最初に徒歩で旅をしたのが、小学校3年生の時。

夏休み期間約40日かけて徒歩のみの「歩き遍路」で一人で四国八十八か所を回っている。

その時も寝袋を持っていたが、ほぼ毎日誰かが泊めてくれたので寝袋を使う機会はほとんどなかった。

さすがにその時は家に帰ると、数日間寝込んでしまったのだそうだ。


しかもそれは、夏休みの自由研究のためだったという。



その後も、京都まで自転車で、お金も持たずに走ったこともある。

その時は、ドングリや野草を採り、さらにはカブトムシやコガネムシの幼虫、バッタ、カエル、蛇などを

捕まえて食うという生活をしていたらしい。蝶やナメクジまで食ってみたこともあるそうだ。


私もそんな生活に一種憧れるところがあるが、まあそこまで踏み切れないだろうなあ。


そんな感じだから、前にも書いたように熊に襲われて死にかけたり、他にもとても信じられないような

経験をいくつもしていて、話は大変刺激的であった。


彼は二週間ほど前に広島で、友人のタックくん、ミッチさんと出会っている。

タック君、ミッチさんは札幌で私もいろいろとお世話になった「フリースペース黒豆」、

後に「ごはんとカフェの店 PINCHOS」をやっていて、現在は三重県に住んでいる。


旅行で広島に来ていて、たまたまヒッチハイク中のジン君を拾って、話している時に私の話に

なり、たまたまジン君もどこかで私の話を聞いたことがあったらしく、ミッチさんから電話がかかり

その時初めて話をした。
たっく君のブログ➡➡➡孤高の旅人


そして数日前、非通知で電話がかかってきたので誰かと思ったら、携帯電話を(敢えて)持たない

ジン君が公衆電話からかけてきたのだった。



学業の成績は優秀で(だから休学も認められたのだろう)、大学に進学して、それからは旅先で

仕事をしてみたり、海外に旅に出るつもりでいるようだ。

書くことも大好きで、すでに書き溜めたものがかなりあるという。


うーん、彼はこれからどんな大人になっていくのだろう。


どこか旅先の海外で再会できたら楽しいだろうな~



しかし最近、私の旅心を刺激するようなことばかり起こるのはいったいなぜだ?




にほんブログ村
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう

一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
旅が終わるといつも通り長期ブログ冬眠状態に入った。次に再び目を覚ますのはいつの日か

あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ
タスマニア10,000人プロジェクトの撮影も終了。展示会が楽しみ⇒「タスマニアで生きる人たち
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月22日

新たな旅人

テーマ:準備編

【これまでの総歩行距離】約21,400km (海外12,000km、国内9,400km)
【あゆみと歩いた距離】5,960km
【前回の徒歩旅】
 日本列島縦断9,400km(2005年8月~2013年12月)
 台湾縦断700km(2014年5月~7月)
【現在地】日本 徳島県阿南市

       旅休止&準備中





徒歩日本一周中のコバ君 が経って10日。


また新たな旅人が今夜、私の家に泊まっている。

名前は仁(ジン)君。
彼は小学校三年生にして、四国を歩き遍路で回ったという強者だ。

日本中を徒歩とヒッチハイクで回って様々な経験をしている。

信州辺りで、マタギと一緒に山に入って、怒り狂ったクマに押し倒されて、走馬灯を見たこともあるという。


{914B3928-9A6F-4D58-A952-E449E32E5B08:01}
そして、驚くべきことに、彼はなんと最近18歳の誕生日を迎えたばかりなのだ。

これは夜の阿南駅。
まあ私以外は止まらないだろうなあ



詳しくはまたね






にほんブログ村
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう

一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
旅が終わるといつも通り長期ブログ冬眠状態に入った。次に再び目を覚ますのはいつの日か

あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ
タスマニア10,000人プロジェクトの撮影も終了。展示会が楽しみ⇒「タスマニアで生きる人たち




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月18日

一緒に居ること

テーマ:準備編

【これまでの総歩行距離】約21,400km (海外12,000km、国内9,400km)
【あゆみと歩いた距離】5,960km
【前回の徒歩旅】
 日本列島縦断9,400km(2005年8月~2013年12月)
 台湾縦断700km(2014年5月~7月)
【現在地】日本 徳島県阿南市

       旅休止&準備中





妻のあゆみと最後に会ったのは6月のことだ。

9月にも鹿児島で落ち合うはずだったのだが、あゆみが直前に風邪でダウンして結局会えず。


今年中はもう会える機会もないだろう。

ということは今年一年で夫婦が一緒に居たのは10日に満たないことになる。


最初に出会ってから9年以上になり、日本各地で仕事して歩き旅を続けてきたが、こんなに長く

別々に居るのは初めてのことだ。


仕事や収入の面では今の形が一番安定していて条件も良く、ありがたいことだと思う。

でも心理的にはやはりしんどい。

今までは、春になれば、数ヶ月仕事すれば、また二人で旅ができる、というのを糧に頑張ってきた。

しかし旅に出られないこともそうだが、こんなに長く会えないというのもつらい。




先日、旅仲間(と言っていいのかな?)でバイクで世界中を走り回ってた藤原かんいちさん

心筋梗塞で入院して手術をした。

あの健康そうなかんいちさんが!?


手術はうまくいって既に退院したので安心したけど、他人事ではないと思った。

今はあゆみも私も元気だし、これからもずっと元気だと勝手にかんがえているけれど、

実際この先何がどうなるかはわからない。


あとどれだけ二人で過ごせるのかもわからない。

そう考えると、やはり長く別々に居るのは嫌だな。


今すぐにとはいかなくても、二人一緒に過ごせる道を考えていきたい






にほんブログ村
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう

一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
旅が終わるといつも通り長期ブログ冬眠状態に入った。次に再び目を覚ますのはいつの日か

あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ
タスマニア10,000人プロジェクトの撮影も終了。展示会が楽しみ⇒「タスマニアで生きる人たち
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2015年10月12日

コバ君訪ねる

テーマ:準備編

【これまでの総歩行距離】約21,400km (海外12,000km、国内9,400km)
【あゆみと歩いた距離】5,960km
【前回の徒歩旅】
 日本列島縦断9,400km(2005年8月~2013年12月)
 台湾縦断700km(2014年5月~7月)
【現在地】日本 徳島県阿南市

 旅休止&準備中





一昨日の午後に美波町田井ノ浜で徒歩日本一周中のコバ君 を見送ったんだけど、休日だったんで

昨夜彼を追って車で走った。

もう既に高知県に入って、自宅から車で1時間以上かかるところまで歩いてた。

一日半でそこまで行くか!






夜のコバ君
海岸線のカーブを越えると、道路脇の暗闇の中にあずまやがあり、小さな灯りが。
見つけた!


一緒に晩飯を食べ、酒を飲んでいろんな話をする。

ソーラーランタン、やっぱり明るいぞ



二つのテント
そして私も隣にテントを張って、久しぶりの野宿



あずまや
翌朝。二人が寝てたのはこんな場所。





片付け
出発準備中。


コバ君は5時に起きて準備を始めてた。



日の出

朝日が昇る



準備完了
準備完了!



背中
後姿はこんな感じ。

足細いね!私と同じくらいだ



今日はずっと海岸線を歩き続けることになる。

室戸岬を越えて札所を3つくらい回りたい、と言ってた
頑張るなあ

次に会えるのはいつの日か。
気をつけて無理しないで旅を楽しんでね


やっぱりこうやって見送るのって寂しいな。
ああ、早く自分が行きたい






しつこくしつこく募集中
*************************************************************
11月に出版予定の歩き人の本
歩き人ふみの徒歩世界旅行2 ニュージーランド・オーストラリア編
の巻末に、名前を残しませんか?

広告の例

これは他の本の例だけど、B4版のサイズの本の巻末、見開き1ページ分。


左側のページが広告枠で、だいたい横11cm×縦5cmくらいのスペースでデザインは自由。

現在、鹿児島県さつま町の「あび~る館」と阿南市の大企業、LEDの「日亜化学工業」が決定済みで

まだ一枠あります。


右ページは協賛で、名前に一行と、その他に一行のスペース。


******************************
○○ ○○・○○・○○
鹿児島県 奥さつまの歩き人応援隊
******************************

など、
名前だけでもいいし、地名や会社名や好きな肩書を付けても、基本的に何でもOK。連名でも構いません。


広告は1スペース(1/3ページ分)で5万円から、

協賛は個人用で、一つ当たり1万円から、の広告料。


高過ぎてごめんなさい。


連絡先はこちらへ→→→arukibitofumi@yahoo.co.jp


どうかよろしくお願いします





 ↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう

一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒
「ただ歩いてゆく旅」
旅が終わっていつも通り長期ブログ冬眠状態に入ったまま。次に再び目を覚ますのは次の旅立ちの時?

あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ
タスマニア10,000人プロジェクトの撮影も終了。展示会が楽しみ⇒「タスマニアで生きる人たち
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。