1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2013年10月31日

沖縄の島歩き旅データまとめ

テーマ:沖縄編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,879km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,400km
【現在地】鹿児島県 さつま町
【到達地】沖縄県 与那国島
【旅の途中で入った温泉】272湯





歩きのデータをまとめておこう
今日はそれだけ


●沖縄● 歩き旅データ 

入った地点 :沖縄県本部町 2013年7月13日 (鹿児島県与論島よりフェリーで) 

最終到達地点:沖縄県竹富町(波照間島) 2013年10月15日 島一周

歩いた島  : 水納島(みんなじま)、沖縄島、渡名喜島(となきじま)、久米島、
西表島(いりおもてじま)、竹富島、石垣島、与那国島(よなぐにじま)、波照間島(はてるまじま)

総歩行距離:277km 
総滞在日数:約81日
うち実際に歩いた日数:約22日 
1日平均歩行距離  :約12.6km





より大きな地図で 沖縄徒歩旅ルート図 を表示





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
いつもクリックありがとう



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」>
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年10月30日

沖縄から九州へ

テーマ:九州編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,879km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,400km
【現在地】鹿児島県 さつま町
【到達地】沖縄県 与那国島
【旅の途中で入った温泉】272湯






沖縄からのフェリーは本部港から乗ると鹿児島港まで約23時間。ほぼ一昼夜の船旅だ

与論島、沖永良部島、徳之島、奄美大島と、鹿児島県の奄美の島々に寄港しながら北上する
どの島にも思い出があり、船上から島影を眺めながその島のことを思い出す

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-フェリー内
本部を出た時はガラガラだったが、島に寄る度に乗船客が増えてきた



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-食事
長距離フェリーの旅はのんびり過ごせて好きだ
木村家でおにぎりとゆで卵を作り、いただいたイクラやシラス、カップ麺、お菓子等で船内では
何も買わずとも食事は充実している





船は臨時便だったので通常とは違う早朝6:20に鹿児島新港に到着した

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-橋の上
港近くの橋の上

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-桜島
噴煙を上げ続ける桜島を見ると「九州に戻ってきたんだなあ」という気になる



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-公園
市内のとある公園


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-膝小僧
ベンチの陰に何か見えている


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ベンチで寝る
ベンチで眠るあゆみの膝小僧だった

船の中でたくさん時間があったのにかかわらずブログやらシャワーやらで、寝不足だったんだけど
昼寝できる場所が見つからず火山灰でざらざらのベンチで寝たのだ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-奥さん達と
こうして迎えてもらうのも4度目くらいになる。
さつま町あびーる館の奥さんとY弟がわざわざ迎えにきてくれて、帰りはちょっと高級な回転寿司屋に連れていってくれた

木村家と同じくほっとする、もう1つの故郷に戻ってきたのだ





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
いつもクリックありがとう



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」>
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013年10月29日

さようなら木村家、さようなら沖縄

テーマ:沖縄編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,879km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,400km
【現在地】鹿児島県 鹿児島市
【到達地】沖縄県 与那国島
【旅の途中で入った温泉】272湯




名護の木村家での楽しい日々の記憶

キムパパは料理や音楽や歌などいろんなことが上手いが、それはセンスがある上に凝り性だからなのだろう

最近はコーヒー豆を煎るのに凝っているようだ


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-豆選別
キムパパが北海道から戻ってきた日、疲れているだろうにコーヒー豆を煎ることにしたようだ。
まずは生豆の選別



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ヒートガン
そして外に出てヒートガンを使って豆を煎る



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-焙煎1
このヒートガンを使う方法、鍋で煎るより速く、均一に煎ることにができると、今世界に広まりつつあるのだそうだ




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-焙煎2
みるみる色が変わっていく



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-焙煎3
10分ほどで黒くなった



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-台風下の焙煎
薄皮が剥がれて飛び散るので屋内でやる訳にはいかない
実はこの時台風がきていたのだが、強風が吹き荒れる中、みんなで豆の色が変わっていくのを見守っていた





歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-冷却
そして熱を冷ます。こんな時強風は好都合だ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-完成
完成
でも淹れるのは翌日以降
二日目くらいが一番旨いらしい


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-膨らむ
翌朝キムパパが淹れてくれる
気持ちいいくらいに膨らむ

香りもよく美味しいコーヒーで朝から幸せになる





フェリーの欠航で私達が舞い戻ってきた夜、急きょ屋上バーベキューをすることになった


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-バーナー
バーナーで炭に火をつけるあゆみ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-屋上バーベキュー
もう一人泊りに来たお客さんも一緒に参加した

そういえば初めて木村家に来た日も屋上バーベキューであぐーを食べたなぁ
実は木村家にとっても屋上バーベキューはそれ以来の4ヶ月ぶりだったんだそうだ


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-バーベキュー
沖縄黒豚あぐーの純粋種の肉や
脂身なのに脂っこくなく非常に美味
他にも数種類の肉
静岡の森田さんが送ってくれたアジの開きも味が濃くて旨い



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-屋内へ
楽しい宴の夜が更けていく




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-泡盛
場所を屋内に移しさらに続く

食べ物も飲み物も美味しい素晴らしい夜だった




様々な縁で知り合い、また縁が広がった木村家
ここを最後に沖縄を去る

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-木村夫婦2
二人乗りで買い物に出かけるキムパパとキムママ
何だかほほえましい



$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-木村一家
木村一家は家族全員がとっても仲良し

沖縄の最初と締めくくりを木村家で過ごせて本当に良かった




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-キムママ
キムママに港まで送ってもらって楽しかった木村家を去る


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-マルエーフェリー
いったい何度目のマルエーラインだろう




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-乗り込む
でもこの後はしばらく乗ることもあるまい




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-本部港
本部港
7月に与論島から同じフェリーに乗り、初めて沖縄の地を踏んだのがここだった



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-水納島
おがわ君と再会した水納島(みんなじま)の横を通り過ぎ、楽しい思い出がいっぱいの沖縄が離れていく






にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
いつもクリックありがとう



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」>
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年10月28日

おがわ一周丸くんに彼女が!!

テーマ:沖縄編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,879km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,400km
【現在地】沖縄県 名護市
【到達地】沖縄県 与那国島
【旅の途中で入った温泉】272湯






ブログにも今まで何度も登場している徒歩旅人仲間のおがわ一周丸くんと今回再会したのは那覇の国際通り



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-おがわ君と荷物
これが彼の商売道具で、中には貝殻絵画の路上販売セットが入ってる
オリジナルの貝殻絵画を思いつき描き始めて1年以上になる




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-おがわ君
いつも一人で島を旅して貝殻に絵を書いてたおがわ君が今回名護の木村家に現れた時、彼は一人ではなかった



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-フラダンス2
一緒に居たのは素晴らしいフラダンスを踊り



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ウクレレ
ウクレレの弾き語りをする女性まりさん


まりさんは夏に水納島(みんなじま)でたまたまおがわ君と出会い、彼の描く貝殻絵画に強く興味を惹かれた
そして再び関東から沖縄におがわ君に会うためにやってきたのだ



そしてそんな二人は

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ラブラブ
超ラブラブなのだ

二人は感性がぴったり合ったのだ




二人の足元にあるのは

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-貝殻
二人がゲストハウス天空(あまから)の近くの浜で拾ってきた貝殻
珍しい貝殻がいっぱいだ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-貝殻絵画
そんな貝殻に皆でそれぞれ絵を描く




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-おがわくん
おがわ君は毎日の様に描いているから手馴れたもの



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-まりさん
まりさんも描くのは好きで印象に残った風景を描いている



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-キムママ
絵は苦手だというキムママも描き始めると夢中になっていた



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-貝殻絵画2
どんどん増えていく作品




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-キムママ作品

キムママの作品は全て大好きなバリ島のもの
本当に絵の苦手な私からするとどの辺が苦手なんだって感じだ
キムママはすっかりはまってしまって、自分で貝を探しに行くと言ってる




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-あまから
おがわ君の描いたゲストハウス天空(あまから)

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-魚介類パズル
真ん中の夜光貝のフタに描かれたのはおがわ君のオリジナル魚介類パズル



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-沖縄の思い出パズル
そして沖縄の思い出パズル

ふむ、これで食ってるだけあるな



$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-水納島
これがまりさんの描いた水納島(みんなじま)の思い出

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-貝殻絵画路上販売
そして国際通り、貝殻絵画の路上販売風景

これもとても味わいのある絵だ
おがわ君と一緒に描いて並べてもいいんじゃないか




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-二人
二人が木村家から那覇に戻る日

実は前日私達が同じように二人に見送られてキムママの車に乗ってフェリー乗り場に向かったのだが
フェリー欠航で舞い戻ってきて、翌日も欠航だったで今度は私達が見送ることとなったのだ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-二人2
最後までお熱い二人
まりさんは那覇で仕事を探すそうだ

旅って本当にいったいどこで何がどうなるかわからないもんだ



また会う日まで。
今後ともお幸せにね~





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
いつもクリックありがとう



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」>
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013年10月27日

名護、木村家とゲストハウス天空(あまから)

テーマ:沖縄編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,879km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,400km
【現在地】沖縄県 名護市
【到達地】沖縄県 与那国島
【旅の途中で入った温泉】272湯






沖縄の八重山から沖縄本島に戻り、懐かしの名護の木村家を訪ねた

と言っても私達が石垣島から那覇空港に着いた時、北海道に向かうキムパパと名古屋に向かう
ひとみちゃんを送りに来ていたキムママに車で乗せて帰ってもらったのだが。



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ゲストハウス天空
久しぶりに行った木村家

前回訪れたのは今年の8月のことだった⇒⇒⇒「愉快な木村一家」



$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-天空
9月末にゲストハウス「天空(あまから)」を始めたのだ
⇒⇒⇒沖縄 名護市のゲストハウス天空okinawa(あまからおきなわ)



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-看板
今のところ看板はこれ一つ
ちょっと控えめ過ぎやしないか




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-晩餐
ここに以前徒歩で日本を一周して現在は那覇で貝殻絵画を描いているおがわ一周丸くんとその彼女のまりさんも合流
おがわ一周丸くんは前にも木村家に来ている⇒⇒⇒旅に出合い、旅に別れ
二人のことについてはまた後ほど




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-桜えび天ぷら
夏に来ていた静岡の森田さんから駿河湾の桜えびが届いていて、美味くて華やかな桜えび天ぷらの再来だ⇒⇒⇒「木村家で過ごす日々」
森田さん、ありがと~~~

ちなみにこの天ぷらは歩き人が揚げた




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-台風散歩
散歩
台風が来ていてフェリーが出ずにしばらく滞在させていただく
台風の時に何の心配もなく屋根の下で過ごせるってのは実に幸せなことなのだ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-折れたパパイヤ
木村家のある集落を歩くと風でパパイヤの木が折れてたりする






歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-タコライス
キムパパとひとみちゃんも帰ってきた
さっそくキムパパがタコライスを作ってくれる



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-タコライス2
これも旨いぞ


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-夕食
再び愉快な木村家での楽しい日々
幸せだよなあ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-カメラ台
彼女のまりさんの頭をカメラ台にして写真を撮るおがわ君
二人はラブラブなのだ




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-写真
木村家を出る前の日



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-出発前
そして出発の朝
台風が去って久しぶりに太陽が顔を出した!!

キムママに鹿児島行きのフェリー乗り場まで送ってもらう

楽しかった沖縄も今日が最後なんだな







と思ってたら、またもや、やってしまった!!!


$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-欠航
何回同じことやってんだ、電話で確認くらいするだろう
というツッコミが聞こえてきそうだ


「欠航」の文字を見たキムママの最初の言葉は
「バーベキューができる!!」
だった






さらに翌日もフェリーは欠航だった・・・・・






にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
いつもクリックありがとう



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」>
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年10月24日

旅の最終章に向けて

テーマ:沖縄編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,879km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,400km
【現在地】沖縄県 名護市
【到達地】沖縄県 与那国島
【旅の途中で入った温泉】272湯




今から8年2ヶ月前の2005年8月
北海道、知床半島の相泊(あいどまり)を一人カートを押して出発した。
この時、旅がどのくらいの期間になるのかは全くわからなかったが何となく
「まあ2~3年かなあ」
と思っていた


それが、途中に目の手術などで計約2年間の中断があったが、それを除いても6年以上の時が過ぎている。


その間、実に様々なことがあった


最大の出来事はもちろん、歩き始めて1年後に札幌でOLだったあゆみと出会い、その2年後、長野県からは二人旅となったことだ

またあちこちでいろんな人達と出会って家族同然の付き合いとなり、日本各地に第2の故郷と言える場所がたくさんできたこと

旅の途中、日本列島を南下しながら、札幌、白馬、箱根、京丹後、さつま町、と冬場に様々な土地で
それぞれ違った職種の仕事をして旅の資金を稼ぎながら旅を続けたこと

などなど
数え切れないほどの出来事があった




$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-徒歩日本縦断ルート図
北海道、本州、九州、沖縄と歩いた地図を見れば、抜けているところがあるのに気がつくはず
そう、「四国」だ
そしてブログタイトルにもある「台湾」



北海道を歩いていた頃には、鹿児島から沖縄の島々を通って台湾まで行くフェリーがあったので
沖縄から続いて台湾に渡るつもりでいた

でも旅を続けている間にその航路が廃止されてしまったことから、順序を変更して、先に四国を
歩いて日本縦断徒歩の旅を終わらせてしまってからあらためて台湾を歩くことにした


だから、ブログタイトルは「日本・台湾編」となっているが日本の後に台湾を歩く

あっと、それで特に問題はないのか
というか、考えてみるとその方が自然だな



という訳で、この後は九州の大分から四国の三崎港に渡り、歩いて横断して徳島県の東端近くにある私の実家を目指す

沖縄の島を巡っている間はまだまだ実感がなかったが、沖縄の端から戻って九州に向かい始めると
本当に旅の終わりが近づいているんだな、という気になってきた

長い長い旅の最終章にはいったいどんなことが待ち受けているんだろう





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
いつもクリックありがとう



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」>
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年10月23日

八重山から沖縄本島、そして

テーマ:沖縄編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,879km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,400km
【現在地】沖縄県 名護市
【記事内の行程】 波照間島⇒(高速船)⇒石垣島⇒(飛行機)⇒那覇
【旅の途中で入った温泉】272湯



波照間島

海はずっと荒れたままで治まる気配もない
濁っていない、きれいなニシ浜に潜りたかったなあ。それだけが心残りだ

天気が快方に向かっているなら天気が良くなるまで待つという選択もあったけど、台風も次から
次へと発生していてあまり快復は見込めそうにない




$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-波照間を去る
波照間島も結局4泊で去ることにした




通常運行に戻った高速船で石垣島に戻り、合計10日以上お世話になった「ゲストハウスこねくと」でもう一泊。
そして翌日石垣島を出る

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-石垣島
もう何度も歩いた石垣島中心の730交差点

最初に歩いたのはちょうど一ヶ月くらい前か。
西表サバイバルを含め、いろいろと盛りだくさんで長く感じたけど、意外に短かったんだな




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-石垣空港
そして石垣島を去る



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-那覇着
長い距離だけど飛行機なら本当にあっという間だ。
飛行機はいつも通りピーチ

帰りはいつになるかわからなかったので飛行機も取っていなかったがわりと簡単に取れたのでよかった

早くから取っておけばさらに安く取れるのだが、行く時に帰りの日が決まっているなんていうのは私にとっては「旅」ではない






歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-LCCターミナル
那覇空港ではピーチだけは飛行機から歩いてLCCターミナルという別のターミナルに行き(写真奥)、
その後バスで国内線ターミナルに移動する



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-荷物手渡し
荷物もターンテーブルは無くって手渡しだ





那覇に戻ってきたぞ

最西端、最南端まで行って、これでほぼ日本列島を徒歩で縦断したことになる。
と言っても二人の日本徒歩縦断の旅は終わったわけではない

でも長かった旅にもとうとう終わりが見えてきたのだ







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
いつもクリックありがとう



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」>
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013年10月22日

波照間を歩いて最南端へ

テーマ:沖縄編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,879km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,400km
【記事内の行程】 16km 波照間島一周
【旅の途中で入った温泉】272湯






波照間島は与那国島の半分位で、歩いて回るにはちょうどいい大きさだ

先日の日本最西端に続いて今度は最南端に向かう
八重山ってのは本当に日本の端の端ということだな


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-サトウキビの道
いつもと同じくおにぎり弁当を持って出発



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ニシ浜3
すぐにニシ浜。やっぱり海の透明度が違う



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-工事中
ニシ浜のすぐ横に建設中の製糖工場
もしかするとニシ浜も近いうちにそれほどきれいな浜じゃなくなってしまうのかも



よし、ずっと砂浜沿いに歩けるところまで歩いてみよう


んっ、なんだ!?
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-エイ
波打ち際に浮かんでいる白い平べったい物はいったい?



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-エイ引っ張る
シッポを掴んで引っ張ってみよう
シッポはまるでトゲトゲの付いたムチのよう


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-エイ持つ
やっぱりエイだー!

高波で打ち寄せられたのだろうか
思いもよらないものが見られるなあ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-昼食
砂浜で早くも昼食
きれいな海を眺めながら食べるおにぎりは格別だ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ベー浜
さらに歩くと砂浜は島の西側のべー浜につながっている
この浜も美しい

ただ海流が早いのか遊泳禁止になっている




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-海見る
しかし良いところだ

だ~れもいないし




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-浜
島の南側にあるベムチ浜
ここも潮流が速く遊泳禁止
引き潮がまるで波のように外洋に向かって流れていくのが見えた



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-波照間の碑
波照間の碑
非常に波が高く、時より打ち寄せる波が宙高くまで飛び散る





歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-最南端の碑
ついに到着、最南端!!
とうとうここまで来たんだなあ



天気はよかったけど波と風は強かった



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ヤギ
あずまやで休んでいるとヤギが近寄ってくる
島のヤギはなぜか首輪がホースだ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-道端のヤギ
波照間にはとにかくヤギが多い



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-日影のヤギ
日影でのんびりしてるヤギ達
沖縄はどこもヤギが多いんだけどこの島は特によく見た



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-夕暮れ
夕方雲間からさす日の光りが見事だった



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-夕食
ゲストハウスに戻って夕食
島ではあまり食材が手に入らない上に高いので、食材は買い込んできている
船は悪天で欠航して漁の船も出てないが、私達の食卓は結構豪華だ

しかもここのゲストハウスはご飯が食べ放題なのだ!



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-屋根裏
夜、庇の下にはたくさんのヤモリが集まってくる



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ヤモリ
小さな虫を食べるかわいい奴らだ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-部屋に何かいる
部屋でつくろいでいると
「あれっ、何かいるぞ?」



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-なんだ?
このカーテンに引っ付いている小さな生き物は?



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-さそり
なんとサソリだった!

まだまだ日本は広いなあ





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
いつもクリックありがとう



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」>
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2013年10月21日

続いて最南端へ!

テーマ:沖縄編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,863km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,400km
【記事内の行程】 0km 石垣島⇒(フェリー)⇒波照間島
【旅の途中で入った温泉】272湯







よく揺れる「フェリーよなくに」で石垣島に戻ると港に見知った顔を見つけてびっくり

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-KEIKOさん達と
数年前に北海道の道東で知り合ったkeikoさんだ!(写真中)
西表島の手前にある小浜島でアルバイトしていたそうだ
彼女の友達にゲストハウスまで車で送ってもらった。ありがとう

その後keikoさんは北海道に戻り、道東で雪に迎えられたそうだ。
日本ってホント広いなあ




こねくとに一泊だけして翌日今度は沖縄最南端の島、波照間(はてるま)島に渡るつもりだったが船が欠航。
台風はずっと遠い所にあったから予想外の状況に戸惑う。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ゲストハウス
こねくとは満室だったので急きょ別のゲストハウスを探して移動
離島の旅は欠航のことも考慮しておかないといけなかったんだなあ



波照間島行きの高速船は一日に3便あって、朝の1便目は波が少々高くてもわりと出るんだけど、2便、3便は欠航になることが多いらしい。
貨客船フェリーもあるが週3便のみだ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-高速船
翌朝は1便に間に合うように港に行く
出航すると聞いて一安心
(それから3日間高速船は全便欠航だった・・・)


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-離島ターミナル
石垣港離島ターミナルを出航

これから向かう波照間島は沖縄県の最南端の島であり、無人島を含まない日本の最南端であり、
民間人の到達可能な最南端でもある。

実際の日本最南端は小笠原の遥か東の「沖ノ鳥島」とされているのだが、これはほとんど太平洋
の波間に浮かぶ絶海の小岩みたいな物で、一般人には行くこともできない

だから波照間島がほとんど日本最南端と言ってもよかろう





歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-波照間へ
この航路も外洋に出るためやっぱりよく揺れる
でも四時間半かかる与那国島と違って一時間ちょっとで着くので寝てればあっという間だ





ついに波照間島に到着

港近くのゲストハウスに落ち着き、まずは島の中心部に行ってみる

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-島の中心部
波照間島の集落は島の真ん中辺りに集中しているのだ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-幻の泡盛
「幻の泡盛」と呼ばれる波照間島の「泡波」の酒造所



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-注意書き1
商店入り口の注意書にもあるように島でも二合瓶さえ手に入らない状態らしい
一合のミニボトルならたくさんあったが、そんな小さい瓶に用はない




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-島の運動会
この日はちょうど小学校の運動会だった




$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-玉入れ
ちびっことおじぃやおばぁが一緒に玉入れをしてる
なんか和むな



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-リレー
主にお父さんお母さんが走るリレー。
力が入り過ぎて転んでしまうお父さんが出てくるのは運動会のお約束だ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-徒競走
徒競走。
お母さんはいくつもの競技に出なくちゃならないから大変そうだ




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-観客
見物客もおじぃおばぁが多い
木の上には子供ってのもお約束




いったんゲストハウスに戻って次は名高いニシ浜に行ってみる

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ニシ浜
噂にたがわないきれいな青だ




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ニシ浜2
さっそくシュノーケルで海に入ってみるが、波が強かったからか水は濁っていた
ここの海はぜひきれいな時に潜ってみたいな


ここは「ニシ浜」という名前なんだけど実際は島の北にある
実は沖縄では「北」を「ニシ」というのだ

ちなみに「東」「西」「南」「北」は「アガリ」「イリ」「フェー」「ニシ」というそうだ
ずいぶん違うもんだなあ
そういえば渡名喜島の浜も「東浜」で「アガリハマ」だったし、与那国島の「西崎」も「イリザキ」だし「西表島」も「イリオモテジマ」だよなあ






歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-海帰り
海からの帰り、軽くシャワーだけ浴びて歩いてゲストハウスに向かう

最南端の島も楽しむぞー







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
いつもクリックありがとう



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」>
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年10月20日

最西端からの帰還

テーマ:沖縄編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,863km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,400km
【記事内の行程】 0km 与那国島⇒(フェリー)⇒石垣島
【旅の途中で入った温泉】272湯





与那国島のおじーの家
泊まり客の半数は長期滞在で、残りの半数は同じ日に同じフェリーで着いた


$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-おじぃーの家談話室
何となく仲間意識があっていろいろと情報を交換しあう

ある夜、その同宿仲間の一人に島の家に誘われた。
港で出会った島の人がたまたまおじーの友人で、家に誘われたらしく
「他の人も呼んでいいよ」
と言ってくれたのだ

あゆみを含め他の人は夕食直後だったので行かず、でも同じく夕食直後の私だけが行くことにしたのだ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-おじーの友人宅
そこには島に住む夫婦とその知り合い、さらにその友人、そしておじーと「おじーの家」の客二人が集まった



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-島の魚料理
島のおじさんが釣ってきたさよりとイカの料理が並ぶ
料理も上手で釣れたばかりだから言うまでもなく、美味い!



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-さよりの雑炊
最後に出されたさよりの雑炊も絶品だった

こういうのは嬉しいな
ただあゆみが来られなかったのが残念だ





そして4泊した日本最西端の島、与那国を去る
いろいろ面白いものがあってもう少しゆっくりしたい島だったな

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-フェリーよなくに
再びゲロ船「フェリーよなくに」だ




あゆみの船酔い対策は今回も「食って寝る」ことに決まった

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-フェリーよなくに船上
船上で持参の弁当を食べるとあゆみはすぐにベッドに入った



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-西崎
フェリーは最西端の西崎(いりざき)を回り込む

台風の影響か波が高く、波が4mならフェリーは欠航らしいが3mだったので出航。
もし出航しなかったらこの島に何日延泊することになったやらわからない
この航路は台風の季節は一週間くらい船が出ないこともざらだという
出航できて良かった。

でもぎりぎりの出航ということはすなわち今回もよく揺れる、という意味だ



$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-洗面台
寝台のベッドの下には洗面器が置かれ、洗面所にはこんな注意書が。
リアルだな


「フェリーよなくに」船上の様子を動画に撮ってみた

船酔いしやすい人はこれだけでも気持ち悪くなるかもね





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
いつもクリックありがとう



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。