1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007年10月31日

上越の人達

テーマ:関東甲信越編

一昨日の夜はたびのそら屋さんで持ち寄りで宴会、いろんな人達と会って話をした。

昨日はそこで出会ったおだ君にブナ林の美人林、松之山温泉や、そばとジャズの店「滝見屋」に

連れて行ってもらった。ブナ林も素晴らしかったし、温泉もなかなか良かった。

ジャズの流れる滝見屋のご主人には古民家の隠れ家にも連れて行っていただいたのだが

様々なこだわりがわかる楽しい隠れ家であった。


旅を続けていると、音楽をやる人や物づくりをやる人、有機農業をやる人や古民家に住む人、

一風変わった人に出会うことが不思議に多いのはなぜなんだろう。


今日は上越市高田のキャンプ場に移る。明日からあまり天気が良くないようだから良くなってから

日本海の糸魚川方面に向かおうと思っている。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「関東甲信越編」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007年10月29日

上越にて

テーマ:関東甲信越編

お世話になった人の快気祝いに出席するためちょっと遠出していた。

かなり危ない状態だったらしいが元気になっていて安心した。

そして今日また上越に帰ってきた。

今夜はこちらの友人宅でお世話になる。

友人に紹介してもらった「cafe たびのそら屋」 さんのさ和さんは元旅人であり、

季節の素材を使ったアジア料理や和風の料理を出している。

さ和さんを通じて上越の面白い人達と出会えそうで楽しみだ。


上越に何日か滞在した後、日本海沿いを糸魚川まで歩き、大町、松本、諏訪を通って

太平洋側に向かうつもりである。

寒くなってきたな。雪が降る前に太平洋側に出られるだろうか。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年10月27日

も一度行きたい佐渡島

テーマ:関東甲信越編

佐渡島ではデカメロン の居る佐和田のスマイルを出た後もいろいろと面白い人たちに出会えた。

佐渡の山の中の古民家で暮らすしげ君
シゲ君

佐渡の食べ物がおいしくて佐渡に移り住んできてやはり山の中で住み

インターネットで料理や書評の仕事などをしている土屋さん (たまたま道で出会った) 、

小木港でオアシスというレストランをやっているアメリカ出身のマーカスさん など。

みんなともっとじっくり話をしたかったな。

面白い人がまだまだ居るみたいだし。残念だ。

ちょっと用事があって本州に戻らなければならなかったものだから。

佐渡島、結構面白い。もう一度ゆっくり来たい島である。
とある家  小木港にある看板 看板2



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年10月24日

イカ釣りと大貧民

テーマ:関東甲信越編

佐渡島をほぼ縦断し、またスマイルの事務所に戻ってきてる。

デカメロン邸前で

左からデカメロンのりゅうぞうナイトさん、飯山の坪根さんが紹介してくれたスマイルの

飯田さん、私、デカメロンのソンナひろしさん

佐渡島北端より

写真は佐渡北端出発時。

スマイルってのは「佐渡島をIT立島へ」故郷に産業創造を!故郷に子供達の笑い声を!

というスローガンで「佐渡、お笑い島計画」 を推進している会社だ。

その3代目親善大使としてデカメロンの二人が半年間佐渡島でいろいろと活動している。

今日はデカメロンとスマイルのスタッフ達と海岸にイカ釣りに行ってイカとアジを少々(ほんとに少々)

釣り上げて

釣り上げたイカ


夕食で食べ、
イカ料理

先ほどまでなぜか大貧民をやっていた。なかなか楽しかったが眠い。

明日は佐渡の山の中で自給自足生活をやっているというシゲさんという人の家まで

歩いていって泊めてもらうことになった。その後は佐渡が気に入って住み着いたマーカスと

いうアメリカ人のやってるパン屋さんも行ってみようかと思ってる。


佐渡島、なかなか面白い島だ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年10月22日

佐渡ヶ島上陸

テーマ:関東甲信越編

一昨日上越市の直江津港からフェリーで佐渡ヶ島に着いた。

悪天でフェリーはよく揺れ、一つ後の便は欠航になってたくらいだ。

写真は海を渡るベビージョガー(フェリー内)
海を渡るベビージョガー
昨日はいつもより歩いて小木港から畑野温泉まで30kmほど歩いた。

飯山の坪根さんからの紹介が縁で、昨夜は(先ほどだけど)お笑い芸人のデカメロンの

やってる「佐渡お笑い島計画 」ってのにゲスト出演した。
デカメロンと

デカメロンのブログ にも登場させてもらった。

今夜はその事務所で寝かせてもらう。いつものことながら縁て不思議だな。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年10月22日

いろんな出会い

テーマ:関東甲信越編

ここしばらくのいろんな出会いを書いてみよう。

渋峠を下りてきた渋温泉のある山ノ内町で、山形県のキャンプ場で出会った

健さんと再会した。健さんはバイクで旅していて柏崎でボランティアしたり各地でいろんな

イベントに参加したりしながら旅をしている。最近編み物をしているそうで手編みの帽子と

ネックウォーマーをいただいた。
健さんと

野沢温泉を出発した日、函館のも~さんと再会。

関田峠を越えた光ヶ丘公園で一緒にキャンプした。も~さんは車だったけど。
光ヶ丘公園
この後、強風でテントのポールが折れて慌てる。


関根峠から下った上越市の板橋で話しかけてきた中野さん達。

東京から月に4~5日はこちらにきてこちらで購入した古い家を改修中。

ここでも一泊させていただき、折れたテントのポールも修理してもらった。
中野さん達と

相変わらず強運な歩き人。いろんな人の助けや差し入れで生きていってる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年10月17日

野沢で温泉ときのこ三昧

テーマ:関東甲信越編

まだ野沢温泉でのんびりしてたりする。

飯山の丸山さんに紹介していただいた野沢温泉の民宿「どぶろくの宿 山ぼうし 」で

居候してるのだ。

そしてなんと民宿の部屋で寝泊りさせていただき食事もごちそうになっている。

泊まらせてもらっているのは完全にご主人のご好意である。ほんと感謝の仕様も無い。

脱穀や薪運びの仕事を少しばかり手伝わせてはもらっているが。

この宿では毎年どぶろくを造りお客さんに出しているし、春には山菜採り、

夏には竹の子採りや、川でのカジカ突き、秋にはきのこ狩り、などお客さんと一緒に

楽しめるサービスも行ってる。今はきのこのシーズンできのこを使った料理を食べさせて

もらっているが10種類以上のきのこをふんだんに使った鍋はなんとも言えない味を

かもしだしている。とにかくうまい!


野沢温泉には13の外湯があり無料で入れるようになっている。

ここへ来て4日目、もう12ヶ所は入って、残りあと1ヶ所だけだ。

外湯の建物はどこもなかなか味があってのんびりできる。

渋峠越で少し酷使した脚も良くなったようで痛みも取れた。

明日出発し谷を挟んだ向こう側の関田峠を越え新潟に入るともうその先には日本海が

待っている。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年10月14日

野沢温泉へ

テーマ:関東甲信越編

今朝は弁当作りを手伝っていた。

ここ飯山の味宝来(あじほうらい) も旅人がよく訪ねて泊まっていく所らしい。

お米をいただいた。ちょうど切れかかってたとこだ。やれ、うれしや、ありがたや。

坪根さんが作ったお漬物も多数、それに今日のお昼に仕出しと同じお弁当までいただいた。

味宝来の弁当

このお弁当の中身はほとんど坪根さんや近所の畑など飯山で取れた物で作った本当の

郷土食だ。坪根さん自体「飯山のおかあさん」と呼ばれているのだから。

お昼が楽しみ!

今日はこれから15~16km歩いて野沢温泉へ。

そこで何日か温泉に浸かってまったりと...できたらいいな。

そもそも温泉地でキャンプできる所なんかあるのかな?

でもまあ何とかなるだろう。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年10月13日

飯山にて

テーマ:関東甲信越編

飯山の坪根さんのやっている郷土食の仕出し弁当屋さんで洗い物を手伝って

今夜はそちらで泊らせていただくことになった。

野沢温泉は明日だな。

今夜も屋根の下で眠れる。幸せ!

坪根さんの作る物はみんなうまいし。


水カンリンバ
これが昨日、丸山さん宅で作った水カンリンバ。

はるこさんの書「水の輪、人の輪 ありがとう」と書かれたのが張られている。

なかなかいい音がする。


しばらく前にさかのぼって写真をアップしてみたから見てみてね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年10月13日

水カンリンバ

テーマ:関東甲信越編

昨日は飯山市に住む旅する音楽家 丸山祐一郎 さんの家で泊めていただいた。

丸山さんとは昨年札幌のフェアトレード雑貨&レストラン みんたる でお会いして

ちょこっとだけ話しただけなんだけど、近くを通りかかったので連絡してみたのだ。

丸山さんはブラジルの一弦の楽器、ビリンバウの奏者として有名であるが

全国に広がりつつある水カンリンバ という楽器を考案した人でもある。

昨夜は丸山さんに作り方を教えてもらいながらその水カンリンバを一つ作った。

空き缶を4つ筒状につなげて作るのだが、端の小さなけん盤をはじいた時に

傾けると中に入った水がレインスティックのように流れ響いて何ともいい音に

なるのだ。
丸山さんと

私が手に持ってるのがそう。丸山さんのサインとはるこさんの書 付き。

これからこの水カンリンバもまた旅の友となるのだ。

丸山さんが持ってるのは甑島でもらった汽笛だそうだ。

今朝はこれで出立を見送っていただいたのだ。


そして今は昨夜丸山さん宅でお会いした坪根さんの所でパソコンを使わせていただいている。


これから野沢温泉に向かうが丸山さんに紹介していただいた人にゆっくりキャンプできる

場所を教えてもらって何日かゆっくりするつもりだ。

やはり渋峠越えは少しきつかったみたいで珍しく脚が少し痛い。

温泉入っての~んびりしよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。