GPz900R エンジンオーバーホール その1 | 八尾カワサキ藤井寺店スタッフブログ「八尾カワら版」
2017年11月08日

GPz900R エンジンオーバーホール その1

テーマ:メンテナンス系

サービスの古澤です。

GPz900Rのエンジンオーバーホールについてです。

80.000KM程走行のエンジンです。

ミッションの入りが今一つしっくりこないので、気になっていたのですが、

ミッションギヤの部品に欠品が出てきたので、”今やっとかないと”

と思いオーバーホールをすることになりました。

 

分解を始める前に圧縮圧力を測定しておきます。

 

これはビックリびっくりびっくり

これだけの距離を走行してカムシャフトやロッカーアームに

キズや虫食いがほとんどありませんびっくり

いいオイルとメンテナンス、エンジンへの気遣いがもたらした結果だと思います。

これはホントにビックリですびっくり

 

エンジンの暖機運転はしないより、したほうが良いです。

でも、仕方を間違うと逆にエンジンには良くない結果となります。

このエンジンに関して言えばアイドリング状態で放置は良くないです。

アイドリング状態では油圧が低いので、高い位置にある

カムシャフトやロッカーアームにはオイルが行きにくく

油膜が切れやすく傷付きや虫食いの原因となります。

お勧めの方法はエンジンを始動したら走行を開始し

エンジンが暖まるまでは3000RPM~4000RPMに抑えて走ります。

そうすれば、カムシャフトやロッカーアームにオイルが行き届くので

油膜切れも起こさないので傷付きや虫食いも起きにくくなりますニコニコ

 

次回はシリンダー、シリンダーヘッド、ピストンです。

 

 

下矢印YouTube八尾カワチャンネル

 

八尾カワサキLINE@ 友だち追加お願いします!

 友だち追加 ←こちらをポチッとお願いしますニコニコ

 

 

八尾カワサキ 藤井寺店
〒583-0014 大阪府藤井寺市野中4丁目9-20

TEL&FAX 072-938-2221

e-mail k.fujiidera@yaokawasaki.com

URL http://www.yaokawasaki.com

定休日 毎週水曜日・第三火曜日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケロ之丞さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス