BSB 2018始動!【CHINU男】 | CHINUO STYLE

CHINUO STYLE

CHINUO STYLE


テーマ:
キタァーーっ!!
2018!
BSBがまた熱すぎる~


グゥフフフ(笑)
これまで
『何色にも染まらないマットブラック』
を始めに


数々のロッドをデザインしながら
カスタマイズしてきたぁ~~!














今回は自分がカスタマイズロッドを
どう考えて作り上げてるかを
最近良く聞かれるので書いてみた。



まずは自分的にはロッドは色々使ってみて、軽さ、重さ、様々ですが
比重はグリップ寄りが重い方が好き。

軽るすぎると穂先がブルブル(笑)
フォームにより違うと思うけど
寒くなると特に疲れます!

後、ブランクスは合わせた時に
捻れるのは問題…

※ブランクスは竿の棒の部分の事

わかりずらいかもしれないけど
すぱーーっとイカない…
柔らかいブランクスにありがち…

135などの短いのは比較的に
魚をかけてからしか色々感じないけど


最近は165、158をよく使う事が多いので、ちょっと自分のは長め…170で

まずは新作って事もあり
BSBさんと年末と正月に逢って
パーツを全てチェックして

※パーツって竿のガイドや握るとこグリップ、リールシート、名前いれる
タグ、グリップの下や際に入れてる
ヴェゼルなどの部品全部


初BSBロッドを作る、無難にキメキメでスポーティーなスカッと
誰もがカッコイイって思う逸品を。


カスタマイズは自分のスタイルに
合ったロッドを作れるからウェアの色や
タックルの色に合わせたり逆に目立たせたり...

今回はスポーティーでスピード感ある
ジャパニーズ感ゼロをありありでデザインを。

まずは色組み。
赤レッドを柱にパーツを選んだ!

新作のパーツを見て選んだのが…

これっ!


世界的に有名な…アルプスの新作リールシートに。
グリップはウィンのレッド。
これはBSBでは実績あるグリップを使って、ブランクスはM5で調子のちょっとバットは硬い。

張って早い釣りするなら
こんな感じで…




自分のは今まで
シンプルにスカッと作ったけど…
今回は外しそうで外さない。

ちょっと先を無難は選ばないけど
スポーティーで見てるとジワジワとあり
新型ベンツ見た時みたいな街を走り出すと…あり?

みたいなイメージで。

やっぱりアルプスのリールシートにC1で
BSBコンポジットモデルのブランクスを使い、MHXとウィンのコラボグリップを使い、ウィンのエンドグリップをコラボらせてパーツを選んでみた。

ブランクスは今回は先からガイド一番目から
二番までがちょい曲がる程度で基本的に強い、ブランクスを選んだ。

これなら長くてもねじれない。


こっから色、ガイド、スレッドを
組みながら決めていく。

今回はリールシートから
一番目のガイドまでの色を変えてみる。

ってのが全部カラー替えもできるけど
やっぱ黒は残したい
しかし…
そのまま組んでも無難やから

このパーツなら無難にシルバーで塗装

自分のは、
シャンパンゴールドで塗ってもらい



とりあえず選んだパーツを組んで貰って…


やっぱり(泣)
スカッといい

自分のは...
うーん...
川田くんのラインでは…

『私的には色がバラバラなった気がしてますが』
ウォーーぃ(笑)

はい!
タイラバ?
アジング?
安っぽい…

ダサい…
もう色んな角度から写メ送って貰い

ヴェゼルやエンドのシールまで当てて貰い…
グゥフフフ(笑)
なごなりますから次回に続く。

CHINUO STYLEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります