趣味と老後 | NPO法人鎌倉ファイナンシャル・プランナーズ
新型コロナウイルスに関する情報について

NPO法人鎌倉ファイナンシャル・プランナーズ

【神奈川県鎌倉市のNPO法人 鎌倉ファイナンシャル・プランナー】
FP相談(保険の見直し、資産運用、相続・遺言、住宅・ローン、家計診断、年金・老後)・セミナー・FP3級講座・講師派遣を行っております。

今日はこのブログに趣味のことを書くことをお許し頂きたいと思います。

昨日、鎌倉芸術館で鎌倉交響楽団(鎌響)の演奏会がありました。私はそこに参加して、ヴィオラを演奏していました。

鎌響はアマチュアの市民オーケストラで、鎌倉市と周辺に住んでいる100人強の団員がいます。神奈川県はとてもオーケストラ活動が盛んで、ほとんど駅ごとにオーケストラがあります。

私は鎌響に入って20年以上になりますが、以前は電車で練習に通っていました。引越先を大船にした理由の1つに鎌響のことがあったことは間違いありません。

高齢社会になって老後の生きがいが話題になるときに趣味を通した人とのかかわりが言われます。高齢者だけのサークルもいいですが、鎌響で一緒に演奏するのは10代から80代までの幅広い年齢層のさまざまな職業の人たちです。

私は物心つく頃から親にピアノを習わされていました。ピアノも嫌いではありませんでしたが、小学校4年か5年ごろにテレビでN響の演奏を見て、合奏のできる楽器がやりたいと親に頼み、ヴァイオリンを始めました。大学で管弦楽部に入り、勉強はあまりせずに部室に入り浸っていました。関西に住んだ時にはアマチュアで有名な芦屋交響楽団で活動し、普通だったら知り合えない社宅以外の人たちとも交流できました。ヴァイオリンを始めたときは、60年後の今までオーケストラ活動ができるとは全く考えていませんでしたが、始めてよかったと思います。

コロナ禍でオーケストラ活動もずいぶん影響を受けました。去年から今年にかけて演奏会が2回中止になりました。プロのオーケストラでいろいろな実験がされ、奏者間の距離とか、管楽器の飛沫など検討され、鎌響では隣の奏者との距離をとるために練習のときも狭い練習室ではなくホールを使うというぜいたくなことをして、練習場所を確保してやってきました。団員の中には感染を恐れて参加しない人、職場で対外活動を禁止されている人などもいますが、大多数の団員があまり話さないようにして練習してきました。

演奏会では参加者はチケットノルマがあります。今回も職場の人、旧友などいろいろな方たちに声をかけ、おおぜいの方にいらして頂きました。昔の職場の人の中には10年ぶりに会った人もいました。そんな再会の場になったことも嬉しいことでした。

いつまで続けられるかわかりませんが、もう少し楽しめたらと思っています。

 

          violist