そろそろ限界 | NPO法人鎌倉ファイナンシャル・プランナーズ
新型コロナウイルスに関する情報について

NPO法人鎌倉ファイナンシャル・プランナーズ

【神奈川県鎌倉市のNPO法人 鎌倉ファイナンシャル・プランナー】
FP相談(保険の見直し、資産運用、相続・遺言、住宅・ローン、家計診断、年金・老後)・セミナー・FP3級講座・講師派遣を行っております。

いつまでも解除されない緊急事態。

 

我慢もそろそろ限界という気がします。

どうやって行動したらいいのでしょうか。

私の主な仕事である年金相談に関しては、職員を自宅待機にしなければなりませんが、お客様は減るわけではないので職員ではない私たちが代わりに出るというよくわからない状況になっています。その分より忙しくなっています。

不要不急の外出は控えるようにと言っているのに、映画館はやっています。

先日、仕事が休みの日にモーニングショーで感染がたいへんだという話題を見た後、多少罪の意識を感じながら、映画に行きました。ところが、満員で入れませんでした。隣が空くように席を決めているので定員が少なくなっているとのこと、複雑な思いですごすご帰宅しました。

去年緊急事態が明けてすぐに映画に行ったときはガラガラだったのに、人はそんなに我慢できなくなっているのかもしれません。

私が趣味でやっているオーケストラの活動も去年の7月と今年の3月の演奏会は中止になりましたが、今年の10月の演奏会は開催予定で今練習をしています。去年とちがって練習場が閉まっていないこと、ワクチン接種を受けた人がかなりいることなどが活動続行の理由として挙げられています。

最近のものすごい感染拡大の状況を見ると、オーケストラの練習にリスクはほとんどないとは言っても、やっていていいのかと思う気持ちもあります。

去年は中止だった甲子園も今年はやっています。

いったい私たちのどんな行動が感染拡大防止に役立ち、本当の意味での緊急事態が早く終わるようにできるのか、明確なメッセージが欲しいです。

 

            violist