障がいは社会が作り出している | NPO法人鎌倉ファイナンシャル・プランナーズ

NPO法人鎌倉ファイナンシャル・プランナーズ

【神奈川県鎌倉市のNPO法人 鎌倉ファイナンシャル・プランナー】
FP相談(保険の見直し、資産運用、相続・遺言、住宅・ローン、家計診断、年金・老後)・セミナー・FP3級講座・講師派遣を行っております。

パラリンピック

 

パラリンピックが始まりましたね。

 

 

保育園では障がいのある子も一緒のクラスだけれど、

小学校、中学校ではクラスが分かれ、

高校は一緒の校舎で学ぶこともできなくなる。

 

障がいのある人との接点が大人になればなるほど、

失われているように感じていて。

 

ずっと近くにいたら、それが特別じゃなく、

当たり前のことにならないのかな~と。

 

一緒に学ぶことって難しいのかな~

例えば、

ろう学校ではチャイムが聞こえないから光で知らせるけれど、

これが健聴者の教室にあっても困ることはない。

 

自分の子どもが、「耳が聞こえない」というだけで、

遠くの学校に通わなくてはならなくなるのは、

何だか違う気がするんだよね・・・

 

という話を夫と話していた数日後、

テレビで競泳の一ノ瀬メイ選手を見ました。

 

彼女は生まれつき片腕が短い「障がい」を持っています。

でも彼女はそれを「障がい」だと思ったことはないと言います。

 

1歳半で水泳を始めましたが、

9歳の時に希望したスイミングスクールへの入会を断られました。

 

その時に初めて「障がい者」であると認識させられたと。

 

その後住むことになったイギリスでは、

スイミングスクールへの入会もできましたし、

健常者と障がい者が同じ大会に出られる環境だったそうです。

 

彼女が高校生の時に参加したスピーチコンテストで、

「障がいは社会が作り出している」

と言っています。

 

また、

「社会が障害者を作るなら、

 その社会が障害者をなくすこともできるはず」

とも。

 

 

横浜の県立高校に通う子は、両腕がありません。

 

彼の後ろの席の子は番組のインタビューに、

「最初はどう接していいか分からなかった。

 いろいろ手伝わなきゃならないから面倒だと思っていた」

と話していました。

 

後ろの席の子は生物が苦手。

そんな彼に腕のない子がアドバイスをしてくれたそうです。

 

助けるのは自分だけじゃない

自分も助けられる方なんだ

 

と思ってからは、

彼のサポートも自然にできるようになったそうです。

 

私があったら良いのにと思っていたのはこんな学校!!

 

どうすれば良いか、

それは一緒に過ごさないと分からないと思うのです。

 

パラリンピックがきっかけの一つとなって、

社会が作り出している障害をなくしていけたらと思います。

 

初めて見る競技もあって楽しみです!

またまたテレビから目が話せない日々が続きそうです。