20歳の年金 | NPO法人鎌倉ファイナンシャル・プランナーズ

NPO法人鎌倉ファイナンシャル・プランナーズ

【神奈川県鎌倉市のNPO法人 鎌倉ファイナンシャル・プランナー】
FP相談(保険の見直し、資産運用、相続・遺言、住宅・ローン、家計診断、年金・老後)・セミナー・FP3級講座・講師派遣を行っております。


妹とカフェでお茶をしていた時のこと。
後ろの席で大学生のお子様について話をしていた奥様方から

こんな声が聞こえてきました。
「息子のところにほら、年金の書類が来てたんだけど、あれ、免除してくださいって出していいのよね」
「そうそう、よくわからないけどうちもそうしたわよ」


えっ、いやいやちょっと待って!そんなに安易に考えないで!
と、思わず振り向きそうになりました。

ご存じのように日本国内に住むすべての人は、

20歳になった時から国民年金の被保険者となり、

保険料の納付が義務付けられています。


しかし学生の場合「学生納付特例制度」を申請することで、

在学中の保険料の納付が猶予される制度があります。
これはあくまで「猶予」であって「免除」ではありません。


老齢基礎年金を受け取るためには、

原則として保険料の納付済み期間が10年以上必要です。
「学生納付特例制度」の承認を受けた期間は、

10年以上という老齢基礎年金を受給するのに必要な期間には含まれますが、老齢基礎年金の額の計算対象となる期間には含まれないのです。
つまり、満額の老齢基礎年金を受け取ることはできないということです。

「学生納付特例制度」を利用して老齢基礎年金を満額で受け取ろうと思うのであれば、10年以内に保険料を遡って追納することが必要になってきます。

令和3年度の国民年金保険料は16,610円。
もしアルバイト料などでこの金額を払う余裕があるのであれば、

「学生納付特例制度」を利用せず、学生のうちから国民年金保険料を払うほうがお得です。


追納のしくみはありますが、後から払う保険料は現在の保険料より高くなっても安くなることはまずありません。
もちろん追納し忘れる、という心配もなくなります。

学生さん本人が支払う余裕はなくても、保護者の方が代わりに納付すれば、全額が社会保険料控除として保護者の方の所得金額から控除することができ、節税になります。

 

さらに、もう少し経済的に余裕があるのであれば口座振替の早割制度、保険料の前納制度を利用すると、保険料がお安くなります。


例えば令和3年度、2年分を口座振替でまとめて支払うとすると、毎月納付した場合に比べて15,000円以上も保険料がお安くなるのです!

これから20歳になる皆さん、そして保護者の皆さん、

「学生納付特例制度」は確かに現在の負担を軽くする制度ではありますが、制度の内容をよく理解し、そして国民年金制度全体もよく理解して利用するかどうかを検討していただけたらと思います。


そして「学生納付特例制度」をすでに利用されている方は、ぜひ追納のことをお忘れなきように!

ちなみに我が家の大学生は、現在国民年金保険料を支払っています。

 

Luna piena