顎関節症(がくかんせつしょう)

または顎内症(がくないしょう)

などと呼びます。

 

固い物を噛んだり、大きく口を開けた際に

顎の関節を捻挫したものをこう呼びます。

一度なると繰り返すようになってしまう方も多いです。

症状は顎近辺が痛かったり、口がうまく開かない

口を開こうとすると不安な感じがしたり

ガリガリと音がなったりして不快になります。

また下記でお話しするような症状のこともあるので

知らないで悩まれている方も多いかと思います。

慢性的になりやすいのは姿勢の問題が大きいです。
ひまわり接骨院では、そこを指導改善することで

悩みから解放された方が多くいらっしゃいます。

 

では症例です。

 

いらしたのは40代の女性の患者さんです。

 

ひと月くらい前から右耳付近が痛いということで

中耳炎あるいは外耳炎と思い

最初耳鼻科に行かれたそうです。

でも特に耳に問題はないとのことで

その後も様子を見ていたとのことですが

その後も右首~右肩にかけて

時々ビリっとした感じの軽い痛みが出て

不快とのことで相談に来られました。

 

身体全体のバランスをみると

猫背の傾向があり肩回りの緊張が強く表れており

口を大きく開けてもらうとわずかな違和感が

あること、開きに歪みがみられるので

よくお話を聴くと、もともと顎関節症

があるということでしたので

これも「顎内症」ですよと言うと

ああ・・・と腑に落ちたようで納得

されていました。

 

そこで施術で首・肩回りの緊張を緩め

猫背を解消するための簡単な体操を絡めた

顎関節症を改善するための体操を

やってもらったところ

比較的軽いものだったため

痛みおよび口の開きが改善したので

1度の施術で終了しました。

 

慢性的な要素もあるため

お教えした体操を続けて頂くよう

お願いしました。

 

ちなみに今回は日常で気づかないうちに起きた

顎の捻挫のケースになりますので

保険での施術が可能でした。

このような症状で悩まれている方は

早めにご相談下さい。