プレ就活生からの質問に答えます② | キーズファクトリー 人事ブログ

キーズファクトリー 人事ブログ

株式会社キーズファクトリーの採用担当者が、社内の様子や就活関連情報などを紹介いたします。
「いいね!」はお気軽にどうぞ。とても励みになります!


テーマ:

 

みなさん、こんにちは。

 

キーズファクトリー 採用担当の加藤です。

 

 

 

本日は5月22日(火)のブログに続いて

 

 5月7日(月)に 静岡産業大学のキャリアデザインの授業 へ参加したときに

 

2年生の皆さんからいただいた質問にお答えいたします!

 

 

 

前回と同じ質問に対し、今回はこちらの2名からコメントを寄せてもらいました。

 

開発ディレクター  Dさん / 入社2年目(2017年4月入社)

 

デザイナー     Mさん / 入社1年目(2018年2月入社)

 

 

 

 

 

 

 

Q.仕事をしていて、どのような時にやりがいや喜びを感じますか?

 

 

開発ディレクター:Dさん


自分が関わった商品が店頭に並んでいるところを見たときや、

 

SNS等で商品を手にしたお客様の反応を見たときです。

 

入社1年目で経験できたのは、商品開発の中のほんの一部分であったと今では思いますが、

 

それでも、「私が開発に関わった商品」としての実感がありました。

 

お客様の喜びの反応が見られた時はもちろんですが、

 

社会に出て間もない私にとって、自分が関わった商品が世の中に出回ったこと自体にも

 

不思議な感覚を持ち、それが喜びにもなりました。

 

これから先、自分発信のアイデアも商品化させていく思うと、

 

それがより一層大きな喜びになるだろうと思っています。

 

 

 

 

 

Q.どうしてキーズファクトリーに入社しましたか?

  (就職先を決定する際、どのようなことを重視しましたか?)

 

 

開発ディレクター:Dさん

 

社員の方々と関わる中で感じた、「居心地の良さ」が最終的な決め手でした。

 

もちろん 就活の軸としていた「人を楽しませる仕事をしたい」という思いに沿った業務内容や、

 

給与なども含めての判断でしたが、面接や試験の為に会社を訪ねる中で、

 

体感的に感じた居心地の良さや、話しやすさに、なんとなく惹かれていたのを覚えています。

 

社風や人間関係など、本来入社後に初めて分かる情報に関しては、

 

人事の方との印象や雰囲気をあてにして間違いはないと聞いたことがあり、

 

自分の感覚を信じてみよう!と決断したことが、一番の決め手だったと思っています。

 

 

 

デザイナー:Mさん

 

子供の頃からゲームに携わる仕事に就きたいと思っており、

 

また大学で学んだグラフィックデザインスキルを活かせる環境で働きたいとも考えていました。

 

自分の意思があればデジタルコンテンツ、グラフィックデザインにも関われる

 

キーズファクトリーのデザイナーの在り方が、将来 私が目指す

 

「一つに突出するのではなく一通りでき、その中で自分に自信のある分野をもっている」という

 

デザイナー像に近いと思ったことが当社に入社した決め手です。

 

日々向上できる環境で自分を高めています。

 

 

 

 

 

Q.どのような心構え・意識で仕事に取り組んでいますか?

 

 

デザイナー:Mさん

 

自分のアイデアも大切にする一方、ユーザーに受け入れられるデザイン作りを心掛けています。

 

    実際に店頭に並んだ時の見え方は?

 

    手に取ってもらうには?

 

    わかりやすいデザインになっているか?

 

といったことを考慮しています。

 

自分よがりなデザインではなく、売れるデザインか?を常に意識しています。

 

万人に受けるデザインはないと思っていますが、その中で自分の経験や知識から

 

「これだ!」という根拠を持ち、自信をもって売れるデザイン作りを意識して取り組んでいます。

 

 

 

 

 

Q.入社前と入社後のギャップについて教えてください

 

 

開発ディレクター:Dさん

 

新人としての扱いをされなくなることが、思った以上に早いと思いました。

 

むしろ入社直後でさえ、「新人だから」と思っていたのは、自分自身だけだったかもしれません。

 

その分、責任を持って仕事に向き合わなくてはなりませんが、

 

自分のやりたい事や、会社や仕事について思ったことを、

 

入社1年目から遠慮せずに発言・相談できます。

 

初めは不安やプレッシャーもありましたし、

 

入社前はそのようなスピード感を想定していなかったので

 

初めはギャップに驚いたこともありましたが、

 

相談に真摯に向き合ってくださる先輩方もいますし、

 

社会人としての成長の早い環境として良いと感じています。

 

 

 

デザイナー:Mさん

 

自分が思っていたよりも早い段階で会議に参加できている点です。

 

若手でもすぐに会議に参加が出来るので、自分のアイデアや意見をどんどん前に出していけます。

 

毎週自分のアイデアを発表できる場が設けられているので アイデアがあればすぐに展開できます。

 

また、アドバイスなどから自分が思いつかなかった考えを聞けたときには、

 

自分の中に新しい思考が生まれ、考える力が向上していると実感できます。

 

 

 

 

 

 

お忙しいところ ありがとうございました!

 

 『プレ就活生からの質問に答えます①』 に続き、私自身も興味深くコメントを拝見しました。

 

皆さんにとって、少しでも参考になったなら嬉しいです。

 

 

 

 

 

採用担当:加藤さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス