出会いときっかけ | クラフト好きな女性のための カルトナージュ教室:東京稲城

テーマ:

atelier Keym diary


我が家は小学校の目の前なので、朝は賑やかなこども達の声が聞こえてきます。

今朝は、正門の前で1年生の女の子がお母さんから離れられず泣いていました。


なんだか昔の自分を思い出しました。

今の私からは想像もつかないと思いますが、とても大人しく人見知りだったので。

・・・

ホントです。


私は小さい頃から外で遊ぶよりもお部屋で絵を描いたり粘土をしたり、外に出ても砂場でひたすらおだんごを作っているような女の子でした。
(それも、何日もかけて投げても割れないような砂だんごを作ってました 笑)

小学校に上がる時の健康診断でも突然不安になって泣き出し、先生を困らせた記憶があります。


新しい環境になって少したった今頃も、ちょうど不安になる時期なんですよね。




私が小学生になりちょうど今頃「物語を作ろう」という授業がありました。

主人公も、ストーリーも全部自分で考え、本にするんです。

私はキツネの女の子が旅をするという内容で本を作ったんですが、5ミリ×5ミリ位の大きさにちぎった折り紙で絵を描き、全10ページを完成させました。


私からしてみると日常の遊びの延長だったんですが、当時の先生がびっくりしてみんなの前で大きく取り上げてくださったんです。

それをきっかけにしてあっという間に周りの子と仲良くなれました。

私の物作りの原点は、間違いなくあのちぎり絵の本です。

そしてそれだけではなく、人見知りだった自分をあの時変えることが出来たんだと思います。




あの正門の前泣いていた女の子にも、素敵な出会いときっかけがありますように。



カルトナージュ教室 アトリエキーム:萩谷麻衣子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント