屋根裏に侵入している動物は5種類 | アスワット大阪支社のきまぐれ日記

アスワット大阪支社のきまぐれ日記

関西で活動しているイタチ・アライグマ等害獣防除専門業者アスワットの大阪支社のブログです。害獣防除の日常業務などを綴っております!

こんばんは!

 

秋晴れの良い天気ですわ~! こんな日は早起きして京都へ~

 

 

残念ながら観光ではなく・・・お仕事ですわ~

 

京都・滋賀営業所の施工応援へ行ってきました!

 

今回の現場は歴史ある日本家屋での害獣防除施工。とても広く害獣

 

の侵入口も多数ありますのでかなり苦戦中。

 

侵入している動物はなんと5種類!

 

イタチ・テン・ハクビシン・アライグマ・ネズミ 

 

これらは仲良く共存はしませんが、入れ替わり侵入してきます。

 

屋根裏で弱肉強食の世界が繰り広げられていますよ!

 

大型のアライグマやハクビシンは屋根の重なる箇所などから侵入して

 

ます。

 

屋根裏からはガッツリ外が見えるほどの大きさの侵入口です。

 

アライグマやハクビシンは侵入口もそれなりに大きいので見つけるの

 

は簡単です。イタチやネズミは侵入口も小さくそう簡単には発見で

 

きない場合もあり、完全防除するには全ての侵入口を封鎖する必要

 

があります。今回は危険な屋根上での封鎖作業が続きます。

 

金属屋根にはハクビシンの足跡がクッキリ!頻繁に行き来している

 

証拠で、動物の足跡は侵入口の発見に繋がります。

 

ハクビシンの足跡に少しだけネコとネズミの足跡も混じっています。

 

大屋根には動物に食べられたであろう柿がポロポロとありました。

 

屋根上に残る獲物の残骸などは,侵入経路の特定へのヒントとなり

 

ます。

 

しかしこちらの柿はカラスが運んできては食べているという事が判明。

 

残念ながら侵入動物とは無関係でした。

 

そんなこんなで完工まではまだまだ日数がかかる現場です。

 

害獣防除専門業者アスワットのサイトです!
イメージ 1