息子の使い捨てコンタクトは、いつもネットで購入している我が家。


昨日の夜、「また、注文をお願いできる?」と息子から言われ、夜中に購入。
 

今朝、起きてきた彼に「注文しておいたからね」と伝えると、

「ありがとう。お母さんに注文してもらうの、これが最後だね

なんて言う(;;)

来る春に大学院を卒業し、4月の第2週には、就職先の会社の研究所があるところに引っ越す息子。

ただでさえ、毎日、朝食、お夕飯を準備しながらとか、毎朝、学校に持っていくお茶を水筒に入れながらとか、「息子のために、こんなことをするのもあと少しだな~」なんてしんみりしているのに、

「これが最後」なんて、いきなり直球が来たものだから、思わずウルっときてしまったえーん

「家を出ていく前に、もう1回注文してあげるから~(笑)」

なんてゴマカシたけど、あぁ、さみしい。

 

というわけで、気が付いたときには、子どもは大きくなっていて巣立っていきます。

 

平成元年に娘を出産し、平成が終わる年に息子が社会人に。

 

トータル30年まるまる子育てをしていた計算になりますが、「その時」は、意外に早くやってくるという感じです。

 

だんだんリミットがはずれて、これからは、NO EXCUSE。

 

先送りにしてきた「自分との約束」も、もうそろそろカタをつけないとね(^_-)

 

母も、次のステージへ♡

 

 

【関連サイト】

■女性向けオンライン講座 クレ・ド・キャリエール

http://cle-de-carriere.com

 

■女性向けオンライン講座 元旦もコラムを更新!

~あなたの”決断”が、誰かの”勇気”になる~

女の分かれ道ウェブマガジン ウーマンクロスロード

http://womancrossroad.com/