先日、読売新聞の夕刊に

 

*********************

 

出産後、子どもとずっと2人きり。

経済的に不自由はしていないけれど、

夫は朝早く家を出て、帰宅は夜の22時。

子どもはかわいいけれど、1日中家にいて会話も夫とだけという生活がしんどい。

 

子どもが6か月になったら、働きに出たいと夫に相談したら、「息抜きのために子どもを犠牲にするのか」と言われた。

 

「働きたい」は、わがまままでしょうか。

 

*********************

 

というトピックが掲載されていました。

 

子どもは可愛いけれど、子どもと2人きりの毎日の中で生じる閉塞感、焦燥感。

出産後、同じような状況におかれた人は、みんな、「うんうん、わかる」って思うのではないでしょうか。

 

経済的な理由などで、どうしても仕事をしなければならないという方でなければ、仕事じゃなくてもよくて、何か自分を満たしてくれるもの、自分も何か前に進んでいる実感を持てると、随分と心持が変わってきます。

 

ウーマンクロスロードにコラムとして書きました↓

子どもが小さいうちに、こっそりキレイ♡

 

 

【関連サイト】

~あなたの”決断”が、誰かの”勇気”になる~

女の分かれ道ウェブマガジン ウーマンクロスロード

http://womancrossroad.com/

 

~未来への扉を開く“鍵”を手にいれる~

女性のためのオンライン講座 クレ・ド・キャリエール

http://www.cle-de-carriere.com