歩き出す・・・2 | Adulterous-Love(不倫の恋)10年の記録

Adulterous-Love(不倫の恋)10年の記録

22歳から始まり、10年以上も続いた不倫の恋。

見えない未来への不安から別れと別の恋愛と復縁を繰り返し続けた軌跡。

更に重く圧し掛かかった家庭の問題。

誰にも本音で話せない苦しみ。

その全てを語る・・・。


テーマ:


「家」 に携わる仕事がしたい・・・。


学生の頃に抱いた、私の小さな夢。


1人でも生きていける仕事がしたい・・・。


20代の頃の、私の目標。


学生の頃の小さな夢と、20代の頃の目標が1つの明確な目標となり、


勉強を始め、資格を得た。


もっともっと多くのことを学んでいく予定だった・・・。


頑張って得た1つの資格は、「スタートライン」 に立つためのようなもの。


そこから多くの知識と資格を得ていく予定だった・・・。


「スタートライン」 に立ったと同時に諦めた目標・・・。


その目標に向かって、もう一度、歩き出そう・・・と決めた。


考えることも迷うこともなく、それしか答えがないかのように。



原点に戻る。


過ぎ去った時間を取り戻すことは出来ないけれど


気持ちを原点に戻すことは、決して難しいことではない。


全てにおいて原点に戻ろう・・・と、強く思った。


逃げ出そうとする気持ちを捨て、依存したくなる気持ちも捨てて。



「家」 に携わる仕事をしていく上で、得ていきたい資格が幾つかある。


けれど、年齢のことを考えると、あの頃のように徹底的に勉強をしてから働く・・・というような


時間の余裕は、ない。


慣れない仕事と、勉強を両立していくしかない。


かなりキツイだろうけど、目標を見つけると頑張れるのが、私の性格。


きっと乗り越えられるだろう。


それに、忙しい毎日の方がいい。


忙しく過ごしていれば、誰かに依存しようとする時間もないし、寂しさを感じるヒマもないだろう。


時間に余裕が出来たとき、それは自分が成長したことを意味する。



考え方1つで、目の前の明るさが変わる・・・。


ネガティブに物事を考えれば、不安だけが増長してしまうけど


ちょっと考え方を変えるだけで、未来も気持ちも明るくなる。


心理学と交流分析で学んだ、物事の捉え方。


学んだことを仕事として活かそうとする気はなくなってしまったけど


こうやって自分自身に役立っていることが、とても嬉しい。


その嬉しさが、新たなパワーを生み出した。



今後のことを考え、せめて貯金だけはしておこう・・・と思ったが


同時に、貯金なんてない方がいい・・・とも思った。


「お金」 が全てを狂わせた。


「お金」 があるから に依存され、突き放そうと思っても突き放せないでいた。


突き放せないから依存がエスカレートしていく・・・。


「ある」 のに突き放そうとするから、心が痛む。


心が痛むから、手を差し伸べてしまう。


だったら 「ない」 方がいい。


本当に 「ない」 のだから、心を痛めることもない。


手を差し伸べたくても、差し伸べることが出来ないのだから。


自分のためにも、母のためにも、それが一番いい・・・と思い、貯金をしようとする考えを捨てた。



全ての経験に、ムダなことなんて1つもないんだな・・・と思えた。


一度は諦めた目標も、少しの知識があるから足りないものを補っていけばいいだけだし、


心理学と交流分析で物事の考え方と捉え方を学んだおかげで


色々な考え方が出来るようになっている。


「お金」 に振り回されたから、「お金」 の怖さを知れた。


逃げたり依存したりした経験があったから、その後に感じる後悔の深さを知れた。


知っているから、回避することが出来る。


「頑張れる自分」 と 「頑張れない自分」 を知っている。


それを知っているから 「頑張ってはいけないとき」 というのも分かる。


・・・私は、これからも成長していける。


成長していきたい。


に 「ダメになった」 と思われないためにも。


たとえ、二度と会えなくなるとしても、彼の記憶の中での私は 「笑顔の私」 でありたい。


「いい思い出」 として彼の記憶に残る私でありたい。


そういう私でありたい・・・と思うことが、結果的には 「自分のため」 に繋がっていくはずだから・・・。


そう信じ、歩んでいく方向性をしっかりと定め、状況が変わらないうちに行動に移した。


そして、この行動が私の環境を大きく変えた。



kewpieさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス