会社登記完了

テーマ:
正式に社長です。キラキラ
一人会社ですが(苦笑)

会社名は

株式会社プロモーティブ

です。

よろしくお願いします。
AD

会社の姿

テーマ:
会社について実は少しあせってる面もあります。
新しい事業についてまだ何も案がなかったので。ダウン
今朝急に思いついたことがあり、それをしばらく深堀しようかなと思ったので、今日はちょっと進捗。走る人


現在売上を上げている唯一の事業、コンサルティングをやめるというのがずっと描いていたことだけど、最近しぶとく続けてもいいかなと思い始めました。
ただ大黒柱は避けたいけど。NG
コンサルティングは何だかんだとかなりの年月やってきていて、続けてたらまた価値も出てくるんじゃないかってことが一つ。
新しい事業を自分でやり始めたら、私は人に渡せなくなるんじゃやいかってことがもう一つ。

なので私は経営とコンサルティングを続け、新規事業は誰かにやってもらうというシナリオを考え始めています。
その場合はある程度のとこで、人を雇い入れなきゃね。
一人会社からの脱却が早まる可能性ありです。
AD

今私とクライアントの間に入っているコンサルティング会社(私の最初の会社)と、クライアントとの関係も、聞いてみると「コンサルティング」というより「人材派遣」のが言いえて妙って感じですね。!?


私もコンサルティングしてるか?というとそうでもない気がするし・・・。

私の頭と体を差し出していますというのが一番正しい表現だと思うし。

私とまったく同じ人材がクライアントの社内にいれば、私と契約する必要はまったくないわけですし。ダウン


そもそもコンサルタントだからどうっていうのはないんですよね、はっきり言って。

ただ、コンサルタントは事業会社に比べれば給料がよかったり、出世が早かったりすることもあり、いい人材がゲットできる。アップ

そしてそれを事業会社に提供するってのが今の私の周りでの流れなんだと思います。


方法論とかっていうけれど、方法論は実際のところそれほど役に立たないからね^^

要はするにコンサルタントの地頭ってことになっちゃうわけです。



そうそう、前の会社を辞めるときに、「辞めるにあたって質問。コンサルティングというのがどうしてビジネスとして成り立つんですか?知識があるってことでお金が取れるとはどうしても思えないんだけど。」と質問をされたのです。

そこで、まったくコンサルティングというのを知らない方にどう説明したらいいかなと模索したところ、結局人材派遣の高級版と言ったのが一番ヒットしたんです。アップ


あと、もう1つ私が好んで使うのが、建設業のようなものというやつ。

システム構築に関わることが多いので、それをどう模すかというと、建設業が一番わかりやすいかなと思うんです。

私のやってるのは大手ゼネコンか、大手ゼネコン上がりのフリーコーディネーター(そんな職種があるのか知らないんだけど^^)ってところです。

だって作りもしなきゃ、設計もしないわけだし。現場監督すらしないからね。


人材派遣・建設業ちっくなITコーディネータはこれからどうなっていくんでしょうね?

今のままってことはないだろうなと思います。

AD
小川 浩
フィードがグーグルの世界制覇を阻止する!―ウェブからリアルへの逆流が始まった

Web2.0ってフィード も入ってるのかと思っていたのですが、そうでもないというのが著者の主張。

確かにフィードはこれからどんどん伸びていくとは思います。

私もRSSのおかげで、ネット時間が減ったと思うし、有意義になったと思う。


情報として新しいものを得られるという本ではなかったのですが、フィードに偏ってはいるものの体系的にはまとまっているので、現状を確認するのに適した本です。

また、これからの方向性についての著者の意見についても「なるほど」と思う部分があり、1つの考え方としては知っておいても損はないと思います。

コーチング

今のプロジェクトで担われている役割は、コーチングなのかなと思っています。走る人
できるだけクライアントのみなさんが自分でプロジェクトを行いたい。
でもやはり手助けが必要だからということで、雇われている。
やってあげるのは簡単だけど、それじゃあなんだよね。むかっ


クライアントの意向をくみとった資料を作り、それをあえてクライアントから発表してもらいました。キラキラ
私は名乗りもせず、ただひたすらプレゼンテータの後ろに座っていただけ。


「後ろに座っててもらうだけで、本当に心強かったです。」
と言っていただけました。

座っていただけなんですけど(苦笑)


プレゼンもよかったし、うまくいってよかったです。



クライアントに
「ketsukoさんがいてくれて心強いです。」
と言われるのは喜ばしいことです!ニコニコ
前のエントリの続き。


リスクを人に背負ってもらおうとすれば、人の言うことを聞かなゃならない。むかっ
自由にやろうとすれば、自分でリスクを取らなきゃならない。むかっ

自由が欲しくてリスクは取りたくないってのが誰だっていいんだけど、それが難しいから天秤にかけて、多くの人はリスクを取ることが大きな障害になるんだろう。
私は誰かに従うことが特別に苦手だから、そしてある程度リスクを負うことが好きだから、「思い切った決断」に見えるだけで、私にとっては選択の余地すらないのです。DASH!


なのでリスクを取る人のが偉いとか、そんな意識も持ってないです。
私にはそれしかできない訳だからさ。
ある意味とても不器用な私ですが、その姿を見て、「独立しよう」「子供を産もう」と思ってくれる人がいるのであれば、本当に本当にうれしいです。ニコニコ
不器用がいがあるってもんです(笑)
わりとよく指摘されるのですが、私はもしかしたら勇気があるのかもしれません。キラキラ
少なくとも人から見たらかなり思い切った決断をしているようです。


まず最初の会社を辞めたとき。
結構簡単に辞めたけど、失ったものもあったのは確か。
昔の同僚にも「辞めよう」と思いつつ、なかなか辞められない人がいっぱいいます。むかっ
という訳で、辞めてかつその後もしぶとく働いてる私を、「思い切った決断をした人」という目で見るらしい。


次にあやしい(笑)会社に入ったとき。
普通入らないよね、って何回も言われたし、私もそう思う。


そして、先月実行した退職。DASH!
数々の人から「自分にはその勇気はない。」と言われました。


たぶんもっと言うと、ガンガン仕事したいのに、子供を3人も持ったことだって思い切った選択なのかもしれない。



要するに私が人一倍欲張りで、我慢強くないってことなんだと思うけど。
我慢強くないというのは、自分でリスク取って実行したことなら何でも我慢できるけど、人に指示されることに関してものすごく忍耐がないということ。ダウン
そのせいか息子達も、人の言うことは本当に聞かない(苦笑)


つづく

今日同僚(というかコンサルティング会社の人々)とランチ中に、プロジェクトの状況を話し合っていて、実は同じことを考えていることが判明しました。DASH!


私もそうだけど、他のメンバーもほとんど実はクライアントから指名を受けて参画したんですが、にもかかわらずよく


お呼び出ない!?


と思う状況に陥ります。

というところがみんな一緒だったらしい。シラー


おかしいじゃん、請われて来たはずなのに、と思っていたんだけど、結論としては実は「呼ばれてなかった」のではということに・・・。

というのも、呼んでくださった人は実はプロジェクトの中にはいないのです。

関係者ではありますが、当事者ではありません。

当事者達には別に呼ばれてないってのが真実なのでは・・・ということで意見がまとまったわけです。



でもさ、「私、呼ばれてるわ」なんてほいほいいい気になって戻ってきたわれわれがアホなわけで、呼んだ人も、呼んでない人も、ちっとも悪くない。あせる

自分たちのおばかぶりにあきれてしまいました。



個人的には非常に恥ずかしい気もしますが、売上を上げなくてはならない身としては、一度雇われたからどっぷり居座るってのもありかななんて考えてもいます。

たぶんいたらいたで便利だろうから、追い出されたりはしない気がするのです。音譜

だったら、歓迎されてなくたってでーんと居座っちゃうってのもこれまた一つの手なのではと思ってしまう私。

だいぶずうずうしくなってきたものです(笑)


とはいえ、呼んでくださった方には、「どうも実は歓迎されていないようです。」と近いうちに告げなくてはならない日が来るとは思っています。

時間管理

テーマ:
今の私にとって時間は本当に有限だと感じられます。
帰る時間は決まってるし、自分の会社のこともやりたいし、クライアント先にいる間に最大の成果を出したいし。キラキラ

という訳で、昼間はずっと自分が何に時間を使ったかをできるだけ細かく記述しています。メモ
記録するだけで、無駄なことに時間を使いづらくなり、それだけでも効果あり。アップ
今は公に引き受けているタスク以外にお手伝いタスクをやっているけど、それができるのも時間管理のおかげかも。チョキ
前もって各々の作業のやる時間をスケジュールしちゃう方法もよくうたわれるけど、私にはむかないのね、あれ。
息が詰まっちゃう。ダウン
なのでやるべきことだけあげておき、ミーティングの時間だけブロックして、あとはこなしていくというやり方です。
隙間時間も上手く活用できるし、かなりお勧めです。キラキラ

もうすぐ登記

テーマ:
もろもろの事務手続きが着々と進み、もうすぐ会社の登記ができそうです。
まだ登記してなかったのかって?
信頼できる税理士さんにお願いできてよかった!

今日は私と出資者の資本金払い込みというイベントがあり、税理士さんと会って書類に印もしました。

あとは資金計画を作り、私の給料を決めたら、一段落です。