扉の向こうにある可能性を信じて、その壁の向こう側を見たくて、精一杯自分らしく生きていきたくて、広島県三原市から綴る。

広島県三原市から運営するシェアハウスの事、三原市沖に浮かぶ離島 佐木島で運営している完全予約制休憩所 島時間『鷺邸』の事、人が繋がる、繋がる場づくり「ミハラボ』メンバー。地域活動の事、私の想いなどをリアル発信中。

■ミハラボ 授業開催予定■

☆ラボ5 8月19日(土) 8:35~13:30
    ~小佐木島ライフ~ 小佐木島を楽しむ。

   *不便な中に充実した生活がある。その秘密とは~



一昨年プレで開催した、みはらプラットホーム。
 
横のつながりを広く持ち、
みんなで皆を応援する、みんなでつくり上げる、みんなで支え合う、
一人ひとりの力が結集され出来なかった事を可能にする、
そんな夢のようで夢じゃない仲間作りの場になれば・・・
と願い、開催します。

『ミハラボ』は、三原のヒト・モノ・コトを掘り起こし、
楽しみながら市の魅力を学び、市民同士のつながりを目指した、
市民主役のまちづくりの場です。

『ミハラボ』とは「みはら」と
「実験室(ラボラトリー)」「協働(コラボレーション)」
を合わせた造語です。


テーマ:
近づいても起きない
さすが
観光慣れしてる
尾道猫。

可愛い
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とある夕暮れ

滋賀から来た女子と

三原ぶらぶら

IMG_20170821_052514731.jpg

彼女は20以上歳が離れてるけど

会話の中から

学ぶべきポイントがいくつかあり

感心してしまった。

 

IMG_20170821_052514936.jpgIMG_20170821_052515117.jpg

沖縄料理

あしびな~でご飯。

 

自分に欠けているモノを自分で見つけ

どうしたらその欠けを補えるかを模索し

結果

欠けが埋まり満たされ

現在

一番居心地がいいという。

 

 

そっかぁ・・・・。

 

自分が満たされたら

求めないんだな・・・。

 

改めて理解した。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

20日の天気は最高。

 

佐木島では

トライアスロンが開催されました。

 

鷺邸は

佐木島産無農薬レモンを使用した

ジェラートヲ初めて販売させて頂きました。

FB_IMG_1503261497710.jpg

エントリーしたのが遅くて

場所が奥まったところでしたが

途中から前に出て

しっかり売り込みました。

 

IMG_20170821_064929742.jpg

沢山の方の笑顔に触れる事が出来

良い日になりました。

 

今年の反省を活かし

来年は

佐木島産の新たな産物でジェラート作り

販売できたらと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ミハラボ ラボ5

 

暑い中の開催でしたが

無事終了しました。

 

FB_IMG_1503235799433.jpg

 

小佐木島に縁のある方

島に興味のある方

島同士の連携を考えている方

など

島という共通ワードで出会い、繋がり、広がっていく。

 

そこに輪ができ

話が弾み

今後に繋がる。

 

素晴らしい時間でした。

 

IMG_20170821_052723414.jpg

クリーン作戦もみなさん頑張ってくださり

 

IMG_20170821_052635508.jpg

もう最後であろうすいかを

島の方が用意してくださって

喉をうるおし

IMG_20170821_052635845.jpg

 

IMG_20170821_052635865.jpg

夏野菜も最後の力を振り絞ってくれて

 

IMG_20170821_052428237.jpg

この島の現在過去未来をはなし

盛り上がり

心を一になす。

 

ご縁の不思議さ。

良い時間過ごさせてもらいました。

 

参加者の皆様

ありがとうございました。

 

島のみなさん

いつもありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【明日19日開催 ラボ5】

 

満席

お申込みありがとうございます。

 

 


お待たせ致しました!


ラボ5は
『小佐木島ライフ』
~不便な離島で充実生活・その秘密とは~

IMG_20170722_220620700.jpg

小佐木島は、三原市沖に浮かぶ周囲3.2キロの小さな離島。
住人は現在7名。高齢化率100%


店もない、高速艇は日に3便、遊び場もない、
ないないずくしの島で悩みはあれど、充実した生活を送られてる島民の方達。

 

物に溢れ、何かないと時間を持てあまし、
何かに頼らないと充実させる事が難しいと考える現代において、

何もないけど、その何もないところに価値があり、

楽しく生活できる術を持ち合わせておられる島民の方達。

 

短い時間ではありますが、離島・小佐木島を体感してみませんか。

 

IMG_20170722_220620760.jpg

(砂浜の様子 7月22日現在)

当日はクリーン作戦(清掃活動)を行いながら、
プチ観光を織り混ぜ島内を一周し、

(都合が合えば、島内の美術ギャラリー見学)

区長さんや島の方から、いつも通り着飾らず、ざっくばらんな雰囲気の中で
✳️小佐木島今昔物語
✳️小佐木島の魅力
✳️島の問題点、悩み事
✳️島の楽しみ方
✳️島の未来
など、
をお聞きしたり、質問したりして
皆さんで共有し、島について理解を深め
より楽しく小佐木島を楽しんで頂けるきっかけになればと考えています。

 

「島のマルシェ開催」
お盆を過ぎると、野菜も果物もほぼ無くなってしまうのですが、

その時にあるものをその時に頂く、旬を楽しむという観点でマルシェを開催します。

IMG_20170722_220640851.jpg
島のお野菜はもちろん、島民の方が作られたもの!とっても美味しいんですよ。


開催日辺りは種類こそ少ないですが
是非とも島野菜を味わってみて下さいね。

 

【募集内容】
日時  8/19 (土曜)
    行き 三原港発 8:35の高速艇
    帰り 小佐木港 13:13の高速艇

 

場所  小佐木島(三原市鷺浦町)

 

参加費  無料
    (船代は実費 片道380円)

 

定員  20名 (先着順)

 

持参品  帽子 タオル 軍手 飲み物
    ✳動きやすい服装、履き物だご参加下さい

 

 

【申込方法】
参加をご希望の方は、
お名前・年代・ご連絡先(メールアドレスまたはお電話番号)を、
電話、FAXまたはEメールにてお申込ください。

 

 集合場所や駐車場等の詳細は
 申込のあった方へ別途お知らせいたします。

 

【申し込み・問い合せ先】
        株式会社 エブリプラン(担当:又吉) 
          TEL:082-942-1320
          FAX:082-942-1310
        Eメール:s-matayoshi@everyplan.co.jp

 

●主催
       三原市 総務企画部 地域調整課(担当:本郷)
          TEL:0848-67-6184
          FAX:0848-64-7101
        Eメール:chiikichosei@city.mihara.hiroshima.jp

 

IMG_20170722_220620631.jpg

(ミハラボ スタッフのYU。今回下見が初の小佐木島。)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。