『トロン:レガシー』 IMAXなら映像はそれなりにGOODだけれど、期待し過ぎない方が… | ketchup 36oz. on the table ~フードアナリストの小さな日記

ketchup 36oz. on the table ~フードアナリストの小さな日記

映画中心のブログだったのですけれど、突然トラックバック機能がなくなってしまって…。どうしたものかと思っていたのですが、とりあえずコチラはコチラで再開します。料理のこと、お酒のこと、レストランのこと…“FOOD”な話題を語っていきます。

『トロン:レガシー』


ハリーポッターが、衝撃のの3D公開断念!となったため

本作品が初IMAX鑑賞ととなりました。


ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー-トロンレガシー1

(C) Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


なにしろ、前フリがかなりなものだったから…


あのディズニーが、3D映像の極限に挑む!みたいな。


否が応でも、期待しちゃうよね。

ましては直前公開のハリーポッター最新作が、3D化断念ともなると。


『マトリックス』や『ダークナイト』、

さらには『アバター』を超える映像表現…なんてのを、期待しちゃうワケで。


で、その期待度の高さから言うと、


実際には…ちょっとがっかりだな。


いや、映像はいいんですよ。

音楽も、いい。

トロン・ブルーとも言うべき、独特の世界観を表現する映像と、

ダフト・パンクのサウンドも、絶妙にマッチしてるし。


でも、何かが足りない!?


うまく言葉で表現できないのだけれども、

いわゆる、極めてディズニー的なストーリー展開や演出が、

子供っぽいっていうか…底が浅いというべきか―。


いさぎよさ、がないのかな。

そこらへんは、新人監督を起用した功罪、でもあるのだろうけれど。


もっと、ダイナミックに、

もっと、セクシーに、

イケたはずなのに…

残念な限り―。


さらにこれ、

IMAXじゃない3Dで観たら、かなりショボくなっちゃうんじゃうんじゃないかって。


エンドロール後に、何かまだあるんじゃないかって、期待しちゃいましたよ。


クオラ役のオリヴィア・ワイルドの今後の活躍が…楽しみではありますけれど。


あ、

ジャーニーの、セパレート・ウェイズがかかるあたり最高ですね、序盤ですが…

80年代、万歳って…か?!


映画『トロン:レガシー』公式サイト


トロン:レガシー - goo 映画


トロン:レガシー@ぴあ映画生活



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村



映画、本編終わったら席立つ?エンドロールまでいる? ブログネタ:映画、本編終わったら席立つ?エンドロールまでいる? 参加中

私はエンドロールまでいる 派!


映画、本編終わったら席立つ?エンドロールまでいる??
  • 本編終わったら席立つ
  • エンドロールまでいる

気になる投票結果は!?