BCP-ALL 息子中心の色々人生記録
  • 12Aug
    • はたらく細胞ー赤芽球と骨髄球ー

      息子は、<はたらく細胞>が大好き。親が興味津々でみているからかもしれないが、息子もみたがる。これのおかげもあり、息子は野菜をムシャムシャたべます。本当に入院前に比べたら成長しました。息子いわく、白血球たちにいいごはんをあげるためだそうです。すごくいいアニメですね。次はグロくなるのかもしれませんが、白血病の起こるメカニズムや、ほかのがん細胞の発症メカニズム、抗がん剤投与時のこと、中枢神経のこと、維持療法中の白血球のこととか、そして骨髄移植、移植後の体のこととかアニメ化してもらえたらいいのに、とか思いますが・・・。しかも、いいイメージが先行するように(笑)。患者に踏ん張る気持ちにさせられるようなアニメ化がされたらいいのにな。(注文おおすぎ)特に今回の第6回 赤芽球と骨髄球の回については、骨髄の中、いい細胞になるまえの細胞の赤ちゃんたちの姿もでてきます。息子には、この骨髄はここにあるの、と髄注などしたあとのある場所を教えました。あなたはここの骨髄の中の赤ちゃんたちがきちんと大人にならなくなった、だから何回もここか注射して先生が中身をみていたんだよと伝えました。(髄注の話はまた今度かなむずかしいから)息子のなかでは色々自分の体験とつながるよう。とてもいいアニメですね。

      14
      テーマ:
  • 11Aug
    • 木下ほうかさん

      すみません、息子のこととかいろいろ書きたいことは多々あるのですが、整理できず今はどうしてもこれをかきたい。爆報フライデーという先日の番組で、俳優の木下ほうかさんが骨髄ドナーとなったときの話が特集されていました。本田美奈子.さんのこと、移植後今元気にされておられる吉井怜さんのコメントなども拝見しました。ほうかさん、嫌味課長のキャラの裏でこんなことをされてたとは、本当に驚きました。献血回数も30何回だとか。私はまだ1回です。私も息子が白血病告知をされたときに、ドナー登録を考え資料はまだ手元にありますが、私は万が一、息子と型があったら、という気持ちがあり、ドナー登録をまだしていません。息子がいつか必要となったら。。。なので本当は今、すでに型が一致しているのか知りたいのですが。型が一致していないことが今からわかれば、登録しようと思うのですが。提供は生涯2回までしかできないと伺いました。そして全身麻酔で太い針で100回はさされ、1リットルも骨髄をとるのだそうです。提供者はそれ以外にもたくさん制限もあるそうですし他人の命をもあずかっている状態だと思います。本当に提供される方、尊敬の一言です。(オチみたいなことをいってもいいでしょうか・・・。こんないい話のあとに・・・。私、渡辺謙さんて本当に白血病になった方の光だと思うのです。再発までしておそらく移植もされてるのではないかと思います。たぶん治療も昔の治療でいまほどいい治療ではなかったはず。そして仕事も順調?、次に2次がんでなのか、早期の胃がんになられましたが私生活っていうか女性関係けっこういいかんじですよね。もうすぐ60歳ですし、孫も生まれ、、、白血病になっても再発しても、あんな生き方できるのってすごい・・・って思うし同じ病気の方の光になるのかなって、ちょっと思いました。あれ?違うかな?笑)

      6
      テーマ:
  • 10Aug
    • 8/10 咳で緊急外来→8/12 発熱性好中球減少症にて入院

      8/9、寝る前に嫌な予感はしていたが的中。明け方から咳をしはじめた。なので8/10は私が会社を休み、(もうやすみすぎでしょ)剥けた爪のこともあるからちょうどいいから病院へ連絡し外来にいく。(娘は普通に保育園登園)ということで病院のお祭りはいけず。(娘だけだったらいけたが・・・笑)すごく残念だったが、きっとなにかいくと不具合があとからあるため神様がいけないようにしたのだな、と勝手に解釈。(でも、あとから考えるとそうゆう出来事が結構ある気がする)息子は、案外残念そうで。しかも2年前の寛解導入時の最後の髄注でボロボロだったのにお祭りの雰囲気をみた瞬間いきかえったかのように、すいかわりをし、食べ、皆で花火をした。寛解導入のときは、鬱状態でもあったきがする。もう気力もないというか。ボロボロ。本人、どこまで覚えてるのかわからないが、すいかが嫌いだったはずなのに、病院のお祭りにいけなかった日に突然たべた。しかも、<すいか前病院でたべた。病室じゃない。みんながごはんたべるところで。>といいながら、ばくばく。おばあちゃんちでも保育園でもないらしい。病院で、と。しかも病室じゃないと。(まあ、生ものでてこないしね)・・・・え!あのときのこと、覚えてるの?!いったいどこまで本人は覚えてるのかな。寛解導入は私が思い出すのも辛いから思い出したくない。しかし、そうかと思ったら脱毛したときのことは忘れてるようだし記憶があいまいなんだな。(なので、入院中の自分の写真を以前みて、本人からみれば【もうすぐ3歳になった・なる前なのに、いつまでも髪の毛がはえずまるっこい顔で、幼いように見える自分】をみて不思議がっていた。治療中の記憶はあいまいのままがいいな、と思っていたがどうなのだろう。で、外来にいき、爪はカビか体調不良によるものか、手足口病のあとのどれか。自然治癒すればいいし、しなかったら皮膚科受診し、カビの検査をし治療をしたほうがよいと。採血とレントゲン。レントゲンは異常なし。採血結果白血球1100。またさがりすぎ、今咳もあるから2週間休薬しようということに。たぶんこないだ7月は手足口病で白血球が一時的に5000になっただけなのではないか、と主人とは話していますが。メソ増量しなくてよかったんじゃないかな・・・。(発熱のタイミング、発疹のタイミングもあうし)次の時はなしてみようと思います。8/10の夜。結局38.5の発熱。ただ本人はかなり元気で、8/11は早起きだったしハイで朝早くからごはんも食べた。なぜか?旦那いわく、以前も休薬にはいり抗がん剤をのまない翌日は元気いっぱいだったし、きっとロイケリンがなく体がラクなのではないかと。そして発熱も、抗がん剤からの抑制がなくなり菌と闘っているからでは?と。ぐったりしたりなにか変化があったら、病院にいこう、ということに。しかし、1日中娘と遊びまわり家にはこもっていられないくらいのはしゃぎようだった。お昼寝は2回させましたが。そうして8/12。熱は下がらない。本人も元気だが、病院を緊急外来にて受診。なにかを感じ取ったのか娘が息子が病院にいくときにかなりぐずったため、車2台で別べつに病院に家族4人でいく。ずっと離れたくない、ずっとそばにいたい、ずっと4人一緒。娘のそんな気持ちがすごくわかりました。そしてまたレントゲンに採血。もっと早くに病院にきてほしかったな、というようなことを医者からいわれた。化学療法中の発熱は怖いものだからと。私が息子が発熱しても1日あけて病院へ行った理由としては・前回の肺炎球菌も入院入院といわれレントゲンをとりまくったが結局自力回復できた・毎回レントゲンをとり今からこんなに被ばくすることにより晩期障害につながらないか心配だった(毎回レントゲンは異常がなかったから)・維持療法がもうすぐおわるという気の緩み(また今回も大丈夫だろう)という理由でした。が、私は判断をあやまっていました。なんと、菌と闘い白血球が増加してくれてると思っていたのに、12日の採血では白血球600、好中球240でした。入院中のときのような数字。そして血小板は増えていたしヘモグロビンも平行線だったのでまず再発の心配はなさそう。ただ、このままでは敗血症など合併しかねなかった。今回は本人がたべのみしとても元気だからウイルスが体内にはいったか体の中にまだ残っている抗がん剤がききすぎてるかで異常に免疫がない、発熱と咳があるので入院し抗生剤投与となりました。今回の入院計画書の病名は、<発熱性好中球減少症>でした。1週間くらいの入院よていとのこと。御盆は主人がおやすみだったので、主人と私がわのおばあちゃんに付き添いを頼み、娘は事情を話し保育園に頼み、私は仕事へいきました。そして8/13朝にはすぐ熱は下がったそう。あとは咳がひどく吸入中とのこと。抗生剤がきいてるのかな。毎回、きったなくてすみません・・・。かわいい息子。早く戻ってきてまたプールにはいろうね。こんなときでしたが、息子も娘も花火大会を楽しみにしてましたのでただでさえ息子が入院となりおちてる娘だけでも連れて行きたく、2人で電車にのって花火大会をみにいきました。2人きりのおでかけってあまりなかったから、新鮮でした。

      テーマ:
  • 09Aug
    • 爪の経過

      足の爪も同じようになってきていますが、付け根からピンク色のツヤツヤ?の爪が生えてきていました。(手も)今日は保育園のO看護師と帰りにお話し。O看護師いわく、今このマンモス保育園で手足口病をきいていないのと、確かに手足口病のあとにこういった爪の剥がれ方をする場合もあるがこれはおそらく違うのではないかという見解でした。爪が剥がれるくらいの感染をした子はもっと派手に発熱・湿疹もでるし剥がれ方も皮膚ももっと炎症があると。ただ、確実にはわからないとのこと。今日は私はランチタイムに会社のママたちに息子の爪の写真と経過をはなしたところ、自分の子(年長さん)も、こないだ同じようになったことがあるといってたいして驚いていませんでした。(その子も手足口病でしたがちょっと湿疹と発熱で終わったそう)しかし、この話はO看護師にはしませんでした。そして、明日は病院小児科病棟の夏祭り。だからそこで聞いてみてもいいかな、(診察になったら申し訳ないかな、とも思いながら・・・)とも思っていました。このブログをかく前に、はなさんから抗がん剤の副作用で同じようになったことがあるという返信をいただきました。外来治療のときだそう。ちょうど同じくらいたったころかな?我が家も外来になり1年ちょっと。画像を拝見させていただいたところ、まったく同じでした。メソトレキサートの副作用かなあ。とも思いました。(はなさんの次男かずきくんも当時メソを使っていたそうで今息子が使っている薬剤と重なるし、この間はじめて増量したので)で、我が家も以前息子が耳をきったときに病院からいただいた<マイクロボアテープ>を爪にまいてみました。これ、なかなかはがれないし防水だし、耳をぬってずっと2ケ月くらいはっていましたがとれませんでした。(この耳のケガは白血病とはまったく関係なしです)明日はひさしぶりに会える看護師さんやお医者さんたちとたくさん写真をとろう。楽しくすごそう。病院はきっとずうっとお世話になる場所になるので、本来の、旦那側のおばあちゃんの教育方針??は小児がんをすでに患ってしまった息子にはあてはまらない。教育方針は、もと農家の家ならでは。<病気になりたくなければ野菜をたくさんたべろ><病院に頼らない。薬は体によくない。自然治癒が一番>という方針。(旦那一族は、皆長生き・健康でそれが自慢らしい。高齢でも出産できるし((義姉45歳自然妊娠自然分娩です))、高齢でも社長として動ける((義父80歳))病院には世話にならないし病院嫌い、薬嫌い)でも、息子には、病院は安心できる場所、なんでも相談できる場所、居心地のいい場所、頼れる場所。そんな風に思ってもらえたらと、勝手ながら思います。息子は、病院との信頼関係がなければ今後生きていくときに苦労するであろう。だからよばれるイベントや、よばれなくてもたまにイベントコンサートもおこなっていたりするしそうゆうのも極力参加し、ずっと今後も病院といい関係を保っていくことが、目標です。(病気や薬にあこがれをもつ娘の教育の仕方に今頭を悩ませています。病院や薬を悪い言い方をしたくないし。)ほっといたら、2人でねちゃった。かわい~~~息子が娘に寄り添うように寝ていました。(娘、蚊にもちょうちょにもなんにでも好かれ、蚊にも毎年刺されまくっています。息子はさされないから、やはり血流がよく代謝のいい娘の血のほうがおいしいのかな??)お互い、大好きなんだよね。いつも一緒がいいんだよね。いつも一緒。それが家族。それがオハナ。(ハワイ語。)息子は意味が分かってからはオハナという言葉もスティッチの歌もよく歌います。明日は普通に夏祭りにいって、日曜日は花火をレストランからみる予定なんだけれど、楽しめたらいいね~。

      8
      4
      テーマ:
  • 08Aug
    • 【閲覧注意】息子の手足の爪が根元から剥がれてきた

      昨日ふと息子に指摘され気づいたこの爪。1週間に1回はつめきりしているから少なくとも先週はこんなではなかった。本人は痛くなさそうだが、病院にいき診てもらいたいという。妹にも、僕は明日病院にいくから、とはりきる。いいことなんだけれど。。。お母さんもお父さんも今そうすぐ会社休めない。色々しらべ、手足口病のあと1ケ月後くらいにつめがこうしてむけてくることがあるとネットで拝見。新しい爪がはえてきてるので、写真だけとり保育園に事情を話しあずかってもらった。きっと息子は病院でみてほしかっただろうにごめんね、外来は来週だから・・・。今日も帰った後観察すると、足の指にもおなじようなものがあった。痛くはないらしい。主人と話していて。そういえば、6月末あたりに、息子にだけ手足に湿疹でなかったっけ?と。足の裏にもだたかも。でもなんか本人元気だしあまりきにしていなかったけど、あれ手足口病だったのかしら。そして、7月外来時白血球が5500もあってお医者さんは首をひねりながらメソ増量。その翌日だけ、38.5の発熱があった。あれ副作用じゃなくって手足口病だったのかも。。。といまさら。というか治療中なのに軽く済んだところがすごい。。。手足口などまだ園では流行っていないけれど。

      12
      2
      テーマ:
  • 06Aug
    • いまから ここから

      今日はお恥ずかしながら私は仕事をやすんでしまいました。(子供たちは保育園にいかせて・・・)理由は女子のツキのもの2日目、日々の夏バテや色々家事仕事やらで(あそびも?)やられてしまい、おきた瞬間、もう今日はダメだなと思いました。(めまいと下腹部痛)ツキのものなんかでやすむなんて中学生みたい、って自分を責める気持ちをおさえ、今日はいいじゃないか、私の体よ今日はたくさんやすもうよ、毎日お疲れ様。と自分にいいきかせダラダラ。思ったのは、時間があればあるほど(たくさんやることはあったが一切できずずっと寝ていました。ヤル気すらおきなかった)マイナス思考になるということ。よけいなことをかんがえるものなんだなとも思いました。あとはなにもやらないとこんなに時間がすぎることがながくかんじるのだなということ。ふと、あいだみつをさんの言葉がさっき頭にでてきました。大好きだったことば。<しあわせはいつもじぶんのこころがきめる>ちょっと1日ゴロゴロしたくらいできもちがふさがってしまったがこのことばによりなんだか気持ちが動いた。ずっと副作用にたえ、病院のベットにずっといなければいけない方のことも考えた。そして、<いまから ここから>この言葉もみつをさんのことば。いまから、ここから。さあ、動きましょう。私。

      8
      テーマ:
  • 02Aug
    • あつーい

      暑苦しい夏。とくに去年より暑い今年の夏。寝るときに今家族全員の布団にはアウトラストをつけてます。枕にも。そして、クーラーが当たりすぎて風邪をひかないよう、私と息子はタオル地のバンドを手足首にはめてねてます。首とつくところは冷やしたらいけない。私は首にも気を付けてます。が、先日ひどい風邪をひきましたが息子にも誰にもうつらず奇跡、、、布団はおばあちゃんが誕生日にくれたエアウエーブ!これ、メッチャいい、普通の布団に寝られなくなるくらい。保育園の今の飾りつけ。癒される~保育園のアクアリウムも水族館気分でみていて飽きない。毎週の我が家でのプールから、思いきって今月大きなプールにいこうと思います。息子は本当に楽しかったようだから。こんなことができるようになるなんて、2年前からは考えられないね。

      7
      テーマ:
  • 01Aug
    • 維持療法60週目/プール遠足

      早いものでもう8月。息子は白血病発病前の3年前に大きなプールに姪といって以来、保育園の遠足で大きなプールにまたいけました。スライダーも先生とできたそう。ここまでこられて本当に良かった。あともうちょっとだ。ずっとこの幸せが続きますように・・・。☆追記息子はメソをのむ日は、夕ご飯の20分前にナウゼリンという吐き気止めをのんでいます。この薬は胃腸炎のときにも処方されるものらしく、これをのんでいると激しく胃腸炎の症状はでないとお医者さんがいっていました。(週1しかのんでませんが)6月、7月と週末に朝ちょっとグッタリしてることがあったのでゼリーとナウゼリンをのませ涼しい部屋で休ませるとすぐ元気になりました。あと息子はなぜか白血病発症後のほうが風邪をひかない。8~10時間、マンモス保育園にいてマスクなしプールも大勢とはいってますが平気です。勝手に、毎日飲むR1ヨーグルトと、毎食のおばあちゃんちの新鮮な野菜料理のおかげだろうと思っています。もう春だしインフルエンザも終息したしいいかな、とR1をやめてみたらなぜか2人とも風邪っぽくなり、休薬までしませんでしたがやっぱりR1続けようとまた頑張っています。(毎朝1本2人にのませています)あとなによりこどものこころの元気は大事ですね。幼少期はさまざまな大人子供とさまざまな場所でふれあうことで非認知能力をつけていくのだそう。この、非認知能力をのばせる子育てが最近の目標ですが・・・できませんね。あとは最近未知の世界、小学生について調べだしました。保育園時代とはちがいすぎる。考えることもたくさん・・・。おばあちゃんが、今からランドセルや勉強机買うとおおはりきり。その前にいっちょまえな男になってくれよ~。

      6
      テーマ:
  • 25Jul
    • 最近、

      私の気持ちや気の持ち方が、非常に窮屈でした。今もちょっとまだそこでもがいてますが、私はもう母親だし、子供たちは親の背中、きちんとみてます。だから、自分の中の殻を破ってみることにしました。何でもいい方に捉えてみることできないではなくできるようにするにはどうしたらよいか考えてみるできないことではなくできることに目を向けてみる第一印象で勝手にきめないこと人はたくさん話してみないとわからないし苦手分野も避けては通れない自分のために苦手分野に免疫をつけようまずはやってみよう最近ふと思ったことでした。息子、娘、風邪引かず保育園で工作やプール楽しんでるようです。息子のクラスは、スイミングの練習もしてるらしく体にもいいから、維持がおわったらスイミング通わせるかなあ。娘はダンスがいいというし、そんなに送迎できんなあ。ちゃんちゃん

      11
      テーマ:
  • 18Jul
    • 維持療法56.58週目 外来

      毎回みずらくてすみません。前回1ケ月ぶりの外来で白血球がまたあがってきたのでメソを初増量しました。飲んだ次の日に発熱し、(関係あるかわからないですが)喉が赤いといわれ、3日間休薬。その後問題なく飲み続けて、本日また外来。一気に白血球がさがりました。メソのおかげかな。次は3日間(8/8,15,22)予約をいれてくれて、そこのどこでもいいので外来きてとのこと。看護師さんがかいてくれました、トトロ!!病院の小児科で行う夏祭りのお誘いをうけました。てっきり外来になったら参加できないと思っていたけど参加していいみたい。2年前は寛解導入でぐったり、髄注のあとに夏祭りの飾りなどをみたら一気に正気をとりもどした息子。花火もしました。ひさしぶりにいく小児科病棟、息子もいきたいといっているしいきたいけれど、やなこと思い出さないか心配。一番心配は娘。私が旦那と交代でロビーから消えていき、息子の病室へいったからいやな思いでしかないだろうし思い出してしまわないだろうか。ドア越しに息子とあったこともあった。娘はいまだにゆびしゃぶりがやめられず、あのときのことがあるのかなと思うし息子はほかの小児がん治療をしている子とあい、どう感じるか。今、息子は非常にうたれよわくまだ事実をうけとめ前をむける状態ではない気がする。そうじゃなくても、なんだか子育ては難しく、子供の意図が読み取れなかったり会社でも思い出してああいってやればよかったなと後悔したりしている母親の私。あ、話がそれちゃった・・・・・。ちゃんちゃん。

      14
      テーマ:
  • 14Jul
    • 最近のこと

      *はじめに*色々、今、気持ち的なことはかきたいことはたくさんありますが、うまく表現できなく、でもこれだけはいえます。みなさんのブログに、みなさんに本当に助けられてるし励みになっているしカツをいれてもらっています。本当にありがとうございます。*息子の様子*外来にいきましたがそのときのことはまたまとめて更新しますがどうやら最後まで白血球の値が安定しない様子。今は維持療法57週目です。1日だけ発熱しすぐ解熱したので3日間休薬しました。元気に登園しプールに皆とはいり楽しそうです。*西日本の大雨の災害について*おはずかしながら、私はくわしくニュースをみていなくどこの地域でどれほどの被害がでているか存じなく、先日ヤフーニュースでくわしくしりました。この地域でもがん治療、維持療法をおこなわれてる方いらっしゃいますよね。避難所での感染症拡大の懸念があるとのこと。いまだと食中毒、胃腸炎などでしょうか。今日もとてつもなく暑かったでしょう。どうかこれ以上被害が増えないことを祈るばかりです・・・。*保育園の現在の園内*保護者の参加はないですが、もうすぐ保育園内でのサマーフェスタのため、園内はお祭りムードでいつも保育園の装飾に癒されています。*今日*プール開きをしました。楽しく今年もすごせますように。明日は献血のあるショッピングモールへいきますが・・・果たして混雑や私の体調も含めできるのでしょうか・・・。鉄道カフェは1年ぶりだし娘をつれていったことがないので楽しみです。

      12
      テーマ:
  • 10Jul
    • ひいばあちゃんに、みせる

      息子がよく旦那側のおばあちゃんちの仏壇にお線香をあげます。さみしかったらここでお線香をあげる。話しかける。ここは、おばあちゃんの教育のよう。この仏壇には、息子のひいばあちゃん、ずいぶん前になくなったひじいちゃん、そして息子の双子の兄の幸くんの位牌があります。息子はひいおばあちゃんのことをよく覚えているようです。今でもよく話します。旦那側のおばあちゃんはうれしくも、切なくも、そんな表情をします。(おばあちゃんの実の母親)今日もおえかきをすると、仏壇にみせにいきました。ひいばあちゃん、よくかけてる?ときいていました。ひいばあちゃんはどこにいるの?お空ってどこ?さっきもきかれ返答に困りました。息子、ひいばあちゃんと夢であえたらいいね。

      12
      テーマ:
  • 08Jul
    • 会社復帰し1年

      みなさん、雨は大丈夫でしょうか。私は会社復帰し約1年たちます。旦那さんの会社の従業員が白血病になったり(白血病は珍しい病気ではないと思う)ほかの従業員も身内に不幸があるなか旦那さんの会社は仕事繁忙期とかさなり、おばあちゃんたちも忙しいのに、いつも孫をみてニコニコ。当然旦那は仕事頼まれまくりいません。あまりにいなく、また?とおばあちゃんたちの前で旦那に怒ったりしてしまったり、(実は私は旦那の会社の社長であるおじいちゃんにもイラっとしていましたけど。まだ息子は普通の体じゃないのに●&%$・・・・・・・・・・!!!!!!!!)私も疲れてて、おばあちゃんちでいうことをきかない息子に怒鳴り付けたり。それをみてもおばあちゃんたちは、笑顔で私に接してくれて優しい言葉をかけてくれました。私の会社も繁忙期、息子もまだ治療中だし色々ピンチもかさなり、でも、できません、という言葉は治療はもちろん、育児仕事家事にはないわけで。旦那がわのおばあちゃんたちをみてると弱音ははけず、私がわのおばあちゃんは理解し助けてくれたりしますが、つまり二人のおばあちゃんが助けにはいってくれる。だから私は疲れてイライラはできない。やるしかない。闘病中のかたからみたら、ちっぽけなことだろうしむしろ仕事がある、入院していない、忙しくできる、普通の日常がもどり有り難いことなのだと思う。この忙しい毎日に感謝し、楽しい毎日にしていこう。(もうすぐ40でもう私の体力が限界なだけだと思う・・・・)※はたらく細胞、アニメをみました。最後の好中球の<バイバイ菌だ>が、いいですね。血小板が小さくてかわいかったです。

      14
      テーマ:
  • 01Jul
    • 息子の病院のイメージ

      息子の、病院のイメージは<赤>だそう。トトロの七国山病院を、漢字で一緒にかいたらそのまわりを赤くぬりだしました。きっと輸血のことが鮮明に覚えているのでしょう。あと採血のときのことかな。でも、病院に悪いイメージはなく、土曜日に日本脳炎の予防接種を息子・娘両方うけにいきましたが●先生はいる?ときいてたり採血はここのとこだよ?と自分で看護師さんにいっていましたが予防接種は近所のクリニックでしました。息子は少し泣き、娘はまったくなかず。そのままおばあちゃんちで泥まみれ汗まみれであそんでいたそう。**************************保育園はもうプール開きをしました。息子も去年ははいれずさみしい悔しい思いをしたが今年は皆とプールにはいっていい写真もたくさん見られました。生き生きしています。遠足も楽しかったようで、あとは夏祭りにプール遠足など行事にむけ体調をくずさないようにしないとね。****************************雑誌をみていたらきれいな花火が!!もうちょっと大きくなったら花火のコンクールみにいったりしたいな。**************************くらくてわかりませんが、右端でバイクをいじってるのが旦那。土曜の早朝からどっかへいき7時くらいにはかえってきます。今日はとっても暑かったけど、2人をみずぎにさせ、ホースをきりにして、かけあいっこしたりプールをださなくても遊んでいました。午後は私側のおばあちゃんたちがきてくれたしさぞたのしかったことでしょう。来週にはプールだすかな~。私も入りたいし・・・。もう7月。来月息子の治療は終わるから、体感副作用がきっとかわるんだろうな。いっぱい、あそびにいこうね。

      13
      テーマ:
  • 27Jun
    • ”第22回 小児がん親の会連絡会に参加&リアルな繋がりを!” 癌を患ったが医者になった方の話

      はなさん、続けてリブログすみません。私は今会社。この記事をみて、一人休憩室にこもっています。涙も少し出ました。元気ももらいました。どこの部分が?交流会の部分も素晴らしいし私もいつか参加したい。という思いもありますが、高校生で悪性リンパ腫になりながら、というかなったことで医者になり、今は小児腫瘍を診ておられる方の話が、私には感動でした。思わず検索し調べ、旦那にラインまでしてしまいました。復学後のこの方の苦労は、今息子がしている苦労かもしれない。そう感じました。息子も、なにかあるんだろうなという荒れ方をすることがあり、ジジババや旦那、私も手を焼いていました。やっぱりちゃんと、包み込んであげなきゃと思いました。前置き長くなりましたが、、、いつか息子にもこの素敵な病院、会、こちらの先生のことをお話したいなと感じました。

      14
      1
      テーマ:
  • 23Jun
    • 歯科検診

      これ、歯医者さんのプレイルームです。すごいかわいい。ここで、3ケ月に1回、子供2人定期検診をうけています。今日は歯医者にいこうと車に乗っていたら、小2の姪が、おばあちゃんちにおいてある息子の自転車にのって畑からやってきました。どうやら息子の補助輪なしの自転車の練習をしたかったよう。タイミング悪く、ごめんね~。息子の面倒をみたがりで、副作用でひどい外見になっててもかわいそうだと息子とたくさん遊び、お世話し、色々教えてくれた姪。本当のお姉さんみたい。いつもありがとう。検診後にはガチャガチャも無料でできます。娘は1人診察台にのり、検診を受けられました。偉い!娘はまだ指しゃぶりをしていて、それで保育園の歯科検診で前歯がすこしでてきてしまっている指摘をうけて相談にいきました。どうやって苦しむことなく指しゃぶりをやめさせていくか、ずっと苦悩しています。息子は治療台に1人でのれるがアホなので器具への手出し、うがいもしたくてしょうがなく診察台に1人でのっても進まないので私がだっこし検診。必ずといっていいほど虫歯になる歯。でもこうして検診をうけていればもしみつかってもすぐ治療がすむからね、と。だいたい前歯のすきまになるそう。そのころには永久歯とのいれかわりがはじまって、虫歯になってもその歯はぬけるかもしれない。でも虫歯菌はほかの歯にうつるとのこと。2人ともまたフッソ添付を2回と電動歯ブラシもしていただき、2回目のフッソ添付後は30分絶飲絶食でした。そして、次はまた3ケ月後の定期検診。今度からは私も旦那も一緒に検診を受けます。子供たちのために、健康に長生きするように自分たちでもできることはしていきたいなと思います。さて、来週は娘は遠足でじゃがいも掘りに、息子は工場見学にいき体験もしてきます。お弁当なににしようかな。息子のクラスの年中さんは、後半からは弁当持参ではなく、遠足に行った先で、実際レストランで注文しお金を払いうけとるという体験もスタートするようです。(ディズニーにいきそれもするらしい。すごいなあ)できるのかな~。お金触らせたことないけど。

      11
      テーマ:
  • 22Jun
    • 毎日が綱渡り

      今日は金曜日。やっと気が抜けて、ばあちゃんちでご飯後自宅に帰ってきても、風呂にもはいらず走り回っているここどもたちをほっといて私はお風呂に浸かりました。そのあともずっとごっこあそびで盛り上がる2人。もうあきらめの境地でしたが、遅くに旦那がやっとかえってきて、ようやっと寝ました。毎日が綱渡りというかんじです、その場しのぎというかなんとかしのいで次の日をむかえたというか。(仕事・育児・ジジババに対して)これでいいのか?こういってしまったな、とかいろいろ考えさせられながらも時間はどんどんたっていく。気が付いたらもう6月が終わる。仕事、保育園、おばあちゃんち、自宅、の繰り返しの平日。この間はワーママ向けのランチでコニュニケーションをとる企画のランチケーションというものに参加しました。いろいろなママがいろいろな価値観で仕事と育児を家事をしていました。なるほど~。時短で工夫し仕事を円滑に進めることもみなさん考えていたそうで。私にはこれが今なかなかできないのでなやましいところ。そして賞与面談もしました。やっぱりね賞与があるからこそ、頑張れる~~~保育園は来週からプール開き!楽しみだなあ。

      10
      テーマ:
  • 17Jun
    • 姪と

      姪と、おばあちゃんちで、おばあちゃんに買ってもらった補助輪なしの自転車の練習をしていたそう。(この写真はストライダーですが。うちではストライダー、おばあちゃんちでは普通の自転車という贅沢な生活)まっすぐなら補助輪なしで乗れるそう。そして、おばあちゃんちの庭で獲ったブルーベリーをジャムにしてもらい、やきたてパンにつけて食べたそう。幸せだね~。(娘はスピードについていけず脱落)

      9
      テーマ:
  • 16Jun
    • 前撮り写真

      七五三の前撮りができあがりましたが。娘が、とうとう息子より大きくなってきてしまいました。どうか、息子もこれから大きくなっていきますように。洋装もしました。めっちゃ泣いてた娘。洋装の写真は大泣きのものだけ。でも和装は頑張りました。私たちも和装し家族4人でも撮りました。*****************************息子は最近の休日はおばあちゃんち巡り。私側のおばあちゃんちから旦那のおばあちゃんちにいき泊まってきたりこれがきっと小学生とかになるとお友達のおうちめぐりになるんだろうな・・・。ああ、毎日眠い・・・・。でも普通に忙しい生活をおくれることはいいことだ。

      7
      テーマ:

プロフィール

ケロケロ

性別:
女性
自己紹介:
ようこそ!はじめまして。 自己紹介です。 1999年 金融業界に就職 2009年5月 結婚 2...

続きを見る >

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス