50も過ぎてバレエ再開してからしばらく経ったあるとき、暑いから、昔のようにキャミ1枚になってみたら、鏡に映った自分の醜さにドン引きして、以来キャミは捨てました。

 

ところが~・・・!

来る夏の発表会。なんと白いレオタード、しかも袖ないやつを着ることっていうご指定をいただきました。

え~!!

 

脇の辺りのぷにぷにとか、猫背気味の背中とか、あまり目立たないデザインで、しかもお手頃値段のやつはないかなぁと、しばらく悩んだ末、3日前、ついに決断、注文しました。

 

そして今日、届いた~!

 

着てみたら、思ったよりは悪くない、ぷにぷにも、背中も、ドン引きした以前に比べれば、いくらかましかも(がんばれば)。

 

・・・で、考えました。

 

この際、思い切って普段からキャミでいくか?

醜い部分はほんとのところ、修正しなくてはいけないところです。隠して見ないふりはだめでしょ!

 

ぷにぷにしないように、猫背にならないように、背中や腕、もっと伸ばすんだ~!

 

・・・と、えらそうに決意表明しましたが、ほんとのところは暑くてがまんできなくなってきたので、「見て見ねふり」の方向性を変えようかな?っていうことです(鏡の中の自分を見ない!)

 

☆    ★    ☆    ★

 

今日は3日連続オープンクラスの2日目。

 

昨日は「クリアになった」と思いましたが、今日はさらに「深まった」気がしました。

 

何かが「わかった」とか「できた」とか思うってことは、今まで本当はわかっていなかったってことだし、わかってない自分だってことすらもわかっていなかったということですよね。

 

だから今日「わかった」「できた」と思っても、その先の「わかった」「できた」はまだまだある(あたりまえかぁ)

 

気づくためには日々是精進ですね~!