バレエは急に踊れない

テーマ:

今朝の朝ごはん。

 

 
ワラビとキノコとベーコン炒め、 パン、ミニトマト、 コーヒー

 

ワラビは昨日、叔母からいただいたんですが、まさかこんなふうに食べてるとは思ってないだろうな。でも意外とイケてます。

ワラビとベーコンの組み合わせは、私的には「ありよりのあり」 ニコ

 

今日はこちらでのバレエのレッスンがあります。うれしい!

 

でもレッスンは夜。

その前に、週末に備えて走っておかなくちゃ!

・・・ってことで、4キロ、速めに(自分比です)走ってきました。

 

最近、ランニングの先輩のアドバイスを取り入れて、「距離は短く頻度は多く」練習していたら、なんだかいいみたい。

もっと前からこうして練習していれば、少しは実力アップでマラソン大会に臨めたかもね。

 

練習頻度の重要性っていうのはバレエも同じな気がします。

というか、なんでもそうなのかもしれないけれど。

 

レッスンで何かがつかめた気がしたり、向上できた気がしても、3日も経つと頭も体も忘れてきちゃうので、本当は毎日レッスンあったらいいのにねぇ・・・

 

そして夜になってレッスン。バーの後は発表会のお稽古です。

 

ゴールデンウィーク中、2回休んでしまったら、振付がちょっぴり変わってました。

 

ただでさえ覚えが悪くて忘れやすいお年頃なのに、こういうこともあるから本当は極力休みたくないのですが、まぁ仕方ないですね。

 

発表会まであと3カ月。

 

今日練習しながら思ったんですけれど、バレエもマラソンと一緒で、「発表会だから」ってがんばっても、急に踊れるようにはならないものですね。

 

バレエらしい優雅さを醸し出すには、やっぱり地道な基礎が欠かせない。結局そこに行きつくのかなぁ?